情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本映画はそれほど優秀か?:Japanese Films, So Excellent?

日本映画はそれほど優秀か?:Japanese Films, So Excellent?

今回の二作品は例外的:The Two Oscar Fims Are Exceptional

主に日本のメディア(下のリンク参照)を中心に、今回の「おくりびと」と「つみきのいえ」のアカデミー賞受賞は、日本映画がすぐれていることの証しとして取り上げられているようにみえる。
しかし、この二つの受賞作品は、日本の映画やアニメのスタンダードからいっても例外的なもので、たまたま暴力的な世界の中で癒しをもとめる欧米の観客の今日的ニーズに合致したことが幸いだったともいえるであろう。
参考:Reference:
Asahi.com (2/24):
"2 Oscars a first for Japanese films"
http://www.asahi.com/english/Herald-asahi/TKY200902240003.html

It seems widely claimed, especially in the Japanese media (see the link above), that the Academic Awards for two Japanese films, Okuribito (Departures) and Tsumiki-no-Ie (La Maison en Petits Cubes), signified the excellence of Japanese cinema in general.
However, it should be clear that these two award-winning films are kind of exceptions even by the Japanese movie-animation standard, and happen to fit the today's needs of Western audiences who are trying to escape the restless and often violent world.
スポンサーサイト
  1. 2009/02/24(火) 11:31:03|
  2. 映画・音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日産が生産調整緩和を:Nissan to Relax Production Cuts | ホーム | 「スラムドッグ・ミリオネア」が受賞!:"Slumdog Millionaire" Won!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glocom.blog59.fc2.com/tb.php/979-4db560b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

グローネコ

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。