情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

米住宅価格さらに下落:Further Declining US Housing Prices

米住宅価格さらに下落:Further Declining US Housing Prices

カリフォルニアが最悪:California Showed Worst Performance

本日付の「ロサンゼルス・タイムズ」の記事(下のリンク参照)によると、今年の10月現在で、米国の住宅価格は全国平均で前年同月比10%以上も下落し、まだ底打ちの気配を見せていない。
特にカリフォルニア州の下げが厳しく、28.3%の下落で、それにネバダ州の25.4%の下落、アリゾナ州の20.1%の下落が続く。
米国全体で住宅価格が「見るべき上昇」を示したのは、3つの州だけで、それはバージニア州の5.9%、サウス・ダコタ州の2.9%、テキサス州の2.7%。
事態は底を打つまでにまだしばらく悪化することは疑う余地がないが、はたして底打ちまでどれだけかかるのか、どれだけ悪くなるのかが問題である。
参考:Reference:
LA Times (12/28):
"California is home to 9 of the 10 areas where housing prices have fallen the most"
http://www.latimes.com/business/la-fi-realblog28-2008dec28,0,148259.story

According to today's LA Times news report (see the link above), the US housing market is not bottoming out yet, as of October this year, with more than 10% decline in home prices nationwide from a year ago.
The hardest hit state is California, down 28.3%, followed by Nevada, down 25.4%, and Arizona, down 20.1%.
There are only three states, where housing prices have shown "meaningful increases," that is, West Virginia, up 5.9%; South Dakota, up 2.9%; and Texas, up 2.7%.
There is little doubt that the situation will get worse before it gets better, but the question is how long and how deep it could get.before bottoming out.
スポンサーサイト
  1. 2008/12/28(日) 23:59:30|
  2. 時事解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<よく見えるハリウッドのサイン:Clearly Visible Hollywood Sign | ホーム | まだ残るクリスマスの飾り:Sill Remaining X'mas Decorations>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glocom.blog59.fc2.com/tb.php/920-88363783
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。