情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本のソフトパワー・イン南京:Japan's Soft Power in Nanjing

日本のソフトパワー・イン南京:Japan's Soft Power in Nanjing

ポップカルチャーを広める施設:Facility to Promote Pop Culture

下にリンクされている「Daily Yomiuri」の記事によると、日本の政府が資金面で支援している国際交流基金が、中国の南京の図書館内にマンガやファッションなどを含む日本の現代文化を紹介する施設を本日オープンするとのことである。そこには本や雑誌に加えて、約100ものCDやDVDを備えているという。
よく知られているように、南京は第2次大戦中に中国の首都として日本の占領下の置かれた際に、日本軍による虐殺などが数多くあったといわれる場所で、日中間の敵対的関係の焦点になってきたといえる。その南京虐殺に関する問題の本「レイプ・オブ・ナンキン」が1997年にアイリス・チャンによって出版されたことは、日中関係にとって実にマイナスに働いたが、それもようやくここ数年の間に政治的理由もあって日中両政府が懸命に関係改善に努めたために、多少よい方向に動き始めている。しかしながら、普通の市民の間、特に中国側の市民の間には、まだ複雑な気持ちが残っていることも確かであろう。したがって、このように南京に施設をオープンしてアニメ、マンガ、音楽、ファッションなどの日本のポップカルチャーを普通の市民に対して紹介し、特に歴史的出来事のために日本に特別な偏見をもたない若い世代に対して日本をアピールすることは非常によいアイデアである。
軍事力のない日本が他の国や国民を引き付け良い関係をもつためには、「ソフトパワー」をフルに活用する以外にない。政府の資金も、南京の文化施設開設のような方法で、海外での日本のソフトパワーを強化するために使うのがベストといえるであろう。
Article:
"Japanese Cultural Facility to Open in Nanjing Library"
Daily Yomiuri (11/30/2008)
http://www.yomiuri.co.jp/dy/national/20081130TDY02302.htm

It is reported in the Daily Yomiuri article linked above that the Japan Foundation, which is financially supported by the Japanese government, is now opening a facility to promote Japanese modern culture, including manga and fashion, in a library in Nanjing, China. In addition to books and magazines, about 100 recently released CDs and DVDs are being made available in the Nanjing Jinling Library, according to the report.

It is well known that the City of Nanjing has long been a focal point in the troublesome relationship between Japan and China, as numerous atrocities are said to have been committed by the Japanese Army during the occupation of this city, then called “Nanking,” the capital of the Republic of China, in World War II. Publication of the controversial book, “The Rape of Nanking,” about the Nanking Massacre by the late Iris Chang in 1997 was quite damaging to the Japan-China relationship, which has only recently been on the mend due to extraordinary efforts by the both governments for political reasons in the last few years. However, some hard feelings are still remaining on the part of ordinary citizens, especially on the Chinese side. It is, therefore, a good idea to open a venue in Nanjing for promoting Japanese pop culture such as animation, manga, music and fashion, appealing to ordinary citizens, particularly young generations without having any strong prejudice toward Japan, based on the unfortunate historical development.

Without military power, Japan should make full use of its “soft power” to attract other countries and citizens for better relations with them. Public money can best be spent to strengthen Japan’s soft power overseas in a way that is exemplified in the case of the cultural facility in Nanjing.
スポンサーサイト
  1. 2008/11/30(日) 19:10:21|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今週注目の石塚論文:This Week's Highlight Ishizuka Paper | ホーム | クリスマスピラミッド@六本木ヒルズ:2008 X'mas Pyramid>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glocom.blog59.fc2.com/tb.php/892-e23bf08b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。