情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

空虚に響く麻生氏の言葉:Mr. Aso's Words Sounded Hollow

空虚に響く麻生氏の言葉:Mr. Aso's Words Sounded Hollow

本当に自由貿易を支持?:Seriously Advocating Free Trade?

現在の経済危機で保護主義が台頭しやすい時に、日本が自由貿易を主張して世界でのプレゼンスを高めるよいチャンスであるといわれている。それこそ、先週末のペルーでのAPEC会議でやろうとしたことに他ならない。特に麻生氏は、今年の年末までにドーハラウンドでよい結論が出ることの重要性を強調した。
しかし、下にリンクされている記事にあるように、ドーハラウンドがまとまるような具体的な提案を日本がするのかどうか尋ねられた際、麻生首相は単に各参加国が自国の利益のために自由貿易の原則を守ることを期待すると述べただけであった。現実に日本は、環太平洋FTAを推進している米国、ペルー、チリ、豪州、シンガポールやその他の環太平洋の国の間では孤立感を深めている。それは、日本が国内政治的理由から、特に米や牛肉などの農業部門の一部を自由化することに難色を示しているからである。
実際、麻生氏は国内では農業問題に自由化への圧力をかける立場には程遠い。なぜなら近年自民党が従来の支持基盤を急速に失っている地方からのサポートを維持することに必死だからである。これが、APECの記者会見での麻生氏の言葉が空虚に響き、下のリンクされているような批判的な記事を記者に書かせる結果を導いたといえよう。
Article:
"Japan PM Brushes Off Skepticism Over Free Trade"
Guardian (11/24/2008)
http://www.guardian.co.uk/business/feedarticle/8070556

It has been said that Japan would have a window of opportunity to increase its global presence by advocating free trade in time of economic difficulties which tend to fuel protectionism. That is exactly Prime Minister Taro Aso tried to do at last weekend’s APEC meetings in Peru. In particular, Mr. Aso emphasized the importance of the Doha round of trade talks to reach a positive conclusion by the year’s end.

When he was asked if he has any concrete proposal to facilitate the Doha round free trade talks at the press conference after the APEC forum, Mr. Aso only responded that he hoped all participating countries would be willing to go along with the principle of free trade for their own sake without mentioning Japan’s protectionist measures for agriculture, as reported in Guardian article linked above. The reality is that Japan seems more and more isolated among the countries that are working to propose the conclusion of a Pacific-rim Free Trade Agreement including the US, Peru, Chile, Australia, Singapore, and other Pacific-rim countries. This is because of Japan’s reluctance to liberalize some of its agricultural markets, especially with rice and beef, for domestic political reasons.

In fact, Mr. Aso is in no position at home to putting pressure on the agricultural sector for liberalization, as he is struggling to obtain political support from rural areas, where traditional LDP constituencies are rapidly disappearing these days. This is one of the reasons why his words at the APEC press conference sounded so hollow to many participating countries, prompting some of the reporters to write critical reports like the one linked above.
スポンサーサイト
  1. 2008/11/24(月) 23:58:13|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今週注目の伊藤論文:This Week's Highlight Ito Paper | ホーム | また「失われた10年」の始まり?:"Lost Decade" Again?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glocom.blog59.fc2.com/tb.php/886-5d77d2d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

グローネコ

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。