FC2ブログ

情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

安倍首相のベストセラー: PM Abe's Bestseller

安倍首相のベストセラー: PM Abe's Bestseller

安倍晋三「美しい国へ」:"Toward a Beautiful Nation"
☆☆(40 points/100)
このベストセラー本は、安倍首相の政策課題を説明したものではなく、「おわりに」に明記されているように、政治リーダーとして日本を自信と誇りの持てる「美しい国」にしようとする気持ちや決意を表わしたものといえる。
しかし他方では「はじめに」で、自分の政治的目標を達成するために「闘う政治家」であることを強調しているが、この本のなかでは何のために闘い、誰と闘うのかは(拉致問題に関して北朝鮮と闘うという点以外は)明確に書かれてはいない。例えば、経済格差拡大の問題は存在そのものが疑問視されており、格差対策としては教育改革だけが簡単に触れられているだけで、それもスクールバウチャー制度だけが具体策というおそまつさ。
全体として、内容がまさにペーパーバック的な軽さで不満が残る。安倍政権そのものがこのような軽いものにならないことを希望したい。
参考サイト:
http://www.honya-town.co.jp/hst/HTdispatch?isbn_cd=4166605240

Shinzo Abe "Toward a Beautiful Nation" (2006)
This bestseller book is not intended to spell out PM Abe's policy agenda, but rather expressing his feelings and state of mind as a political leader who is trying to make Japan a "beautiful nation" with self-confidence and pride, as he explicitly states in the postscript of this book.
At the same time, he emphasizes his "fighting spirit" to achieve his political goals in the introduction, however, without clearly specifying what he is fighting for or whom he is fighting against (except North Korea regarding the abduction issue) in this book. For example, the issue of widening economic disparity is almost entirely dismissed, and educational reform is briefly mentioned as a means to mitigate possible disparity, but only a school voucher system is proposed to achieve such reform.
Overall, this is a disappointing piece with such light-weight content just as the weight of a typical paperback book. Hopefully, his administration is not going to be as light as that.
スポンサーサイト
  1. 2006/10/06(金) 23:17:59|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新著「格差社会」:New Book on "Social Disparity" | ホーム | 米国の先生方への講演:Lectures for American Teachers>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glocom.blog59.fc2.com/tb.php/87-aed16d31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

グローネコ

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。