情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

グローバルな地域間競争:Global Competition among Mega-Regions

グローバルな地域間競争:Global Competition among Mega-Regions

GLOCOM研究協力委員会:GLOCOM's Quarterly Seminar Series

細川昌彦氏、古田茂美氏、および上村圭介氏(コーディネーター)
Mr. Hosokawa and Ms. Fukuta, moderated by Mr. Kamimura
80918x11.jpg

参加会員による討論:Discussion with Participants
80918z10.jpg

9月18日(木)午前10時より、東京丸の内の銀行倶楽部で、国際大学グローコムの「研究協力委員会9月会合」が開催され、「メガ・リージョンの攻防:グローバルな競争に生き抜くための国際戦略と産官学の役割」というテーマで、2人の専門家、細川昌彦中京大学経済学部教授と古田茂美香港貿易発展局日本首席代表によるプレゼンと討論が行われた。モデレーターは上村圭介国際大学GLOCOM准教授が務めた。

まず細川教授は、地域を考える視点として、国内的にではなくグローバルに見ることと、行政区画ではなく広域の経済実態で見るべきこと、営的な視点で取り組むべきことを指摘。その上で、地域間競争が激化する中、東アジアでの競争の視点が必要な地域として、首都圏、グレーター名古屋圏、京阪神圏、北部九州圏に注目する。ここで重要なのは、広域的な地域の組織や個人、特に産官学の代表が交流することで、地域の国際競争力を高める必要があること、また有能な人材を地域に引き付ける努力をグローバルに展開する必要があることである。さらに地域の競争相手として東アジアのシンガポールや中国のいくつかの沿海部地域などがあるが、これらの地域のやり方から学ぶものが大きいことも指摘された。

次に古田代表は、メガ・リージョン間の国際的な競争の「勝ち組」である香港の発展にかかわっている立場から、中国が強い中央のリーダーシップのもとで、ボトムアップの地域開発によって経済と社会を発展させてきたダイナミズムを説明し、その中で香港が重要な役割を果たしてきたこと、また今日香港が世界で国際競争力がトップになったことの大きな理由が、人やカネなどを引き付ける魅力を持っている点を指摘。日本はその点で学ぶものが多いことも示唆された。

以上のようなプレゼンの後、質疑応答がコーディネーターの上村氏によって行われたが、議論はやはり人材の重要性に集中し、それなしに国も地域も発展して革新を生み出すことはできないという点が確認された。これに関して、2人のスピーカーとも若者の教育や訓練には相当な時間を割いて努力されているとのことであった。

最後に、小林陽太氏が2人のスピーカーに謝意を表し、国際大学やGLOCOMが人材などのリソースの教育・訓練・提供の面で今後もっと貢献したい旨の希望を述べて閉会となった。
参考:References:
GLOCOM研究協力委員会2008年5月会合(5/28):
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20080528.html
GLOCOM研究協力委員会2008年2月会合(2/8):
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20080208.html
GLOCOM研究協力委員会2007年12月会合(12/6):
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20071206.html

The September meeting of GLOCOM’s Quarterly Seminar Series (Kenkyu Kyoryoku Iinkai) was held at Ginko Kyokai in Tokyo on September 18(Th), 10:00-noon, where the topic “Competition among Mega-regions: Global Strategy and Government-Business-Academia Cooperation for Survival and Prosperity” was taken up by two specialists in this field, Mr. Masahiko Hosokawa (Professor, Chukyo University) and Ms. Shigemi Fukuta (Japan Representative, Hong Kong Trade Development Council) .

First, Prof. Hosokawa pointed out that regions should be looked at from global, not national, perspectives, and from wider economic and management, not narrow administrative, viewpoints. Then he focused on Shuto-ken (Tokyo), Greater Nagoya, Keihansin (Osaka-Kobe) and Northern Kyushu (Fukuoka) as "mega-regions," which should be in severe compeition with various regions in East Asia. To survive and prosper in this global competition, it is important to have various organizations and individuals in government, business and academic sectors in the region interacting with each other face-to-face, and also to attract good and creative human resources from outside of the region, not just within the nation, but rather from other countries, following the examples of Singapore and China's coastal regions.

Next, Ms. Furuta, representing Hong Kong as a winner of competition among mega-regions, explained how China has been developing economically and socially based on bottom-up regional developments, where Hong Kong has been playing an important role in China's economic growth in recent years. One of reasons why Hong Kong is now ranked number 1 in the world in terms of international competitiveness is its attractiveness for human, monetary and other resources, and Japan can learn from Hong Kong and China in this respect, according to Ms. Furuta.

After the presentations, Mr. Kamimura, moderator, led the Q&A session, where much of the discussion centered on the importance of human resources for nations and regions to be competitive and innovative. In this regard, the two speakers are spending much time training and educationing young people in Japan for the future.

In conclusion, IUJ President Yotario Kobayashi expressed his gratitude to the speakers for their stimulating presentations and discussions, and hoped that IUJ and GLOCOM could contribute more to the education, training and supply of good human and other resources in the future.

小林国際大学理事長のコメント:Comments by IUJ President Kobayashi
80918y10.jpg
スポンサーサイト
  1. 2008/09/18(木) 00:00:01|
  2. 情報発信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<麻生氏リードの自民党総裁選:Aso Leading LDP Presidential Race | ホーム | 情報発信セミナー9月会合:Platform Seminar Sept. Meeting>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glocom.blog59.fc2.com/tb.php/817-4c727f5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

グローネコ

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。