情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新しい日本流経営の創造:A New Style of Japanese Management

新しい日本流経営の創造:A New Style of Japanese Management

経済同友会のレポート:Keizai Doyukai's Report

7月23日に日本外国特派員協会のランチョン会合で、経済同友会副代表の長谷川閑史氏(武田薬品工業取締役社長)がプレゼンを行い、経済同友会が最近発表したレポート「新・日本流経営の創造」の要旨を説明した。このレポートは同友会の企業経営委員会の委員長である長谷川氏が、メンバー経営者へのアンケート調査結果に基づいて取りまとめ、主に自ら執筆したものとのことである。
このレポートは、これまでの日本流経営の長所と短所を認識した上で、現代のビジネス環境の変化に対応して生産性と競争力を高めるために、その長所を維持しながら、日本の経営を改革する方向を打ち出すことを主要な目的としている。長谷川氏と他の同友会のリーダーが見るところ、日本流経営の長所には、長期的視野、全員一致による正確な実施、情報交換による関連会社も含めたビジネスの一体化、プロセスの革新や環境優先技術の開発能力などがある。またアンケート調査の結果では、この他、品質や安全性の重視、従業員の忠誠心、教育レベルとチームワーク精神の高さなどが強みとして挙げられている。
他方、短所としては、外国人の除外、契約ではなく信頼の重視、全員一致の意思決定、外国語能力の低さなどがあり、これらの弱点は、グローバル化、技術革新、人口・環境・資源問題が深刻化するビジネス環境の変化に対応できるよう是正していかなければならない。そのためにも、日本全体および特に日本のビジネスが今後直面する課題を考慮しつつ新しい日本流経営を確立する必要がある。
同友会のレポートでは、それらの課題として、(1)アジア地域および環境分野におけるリーダーシップの発揮、(2)グローバルおよび長期的な視点からの競争力の向上、および(3)グローバルな問題解決のための国際社会への貢献が指摘されている。このような課題に応えるために、日本のビジネスは、日本流経営の強みを維持増進しながら、欧米流経営のプラス面も取り入れる柔軟性を持つべきというのが結論である。
以上のような長谷川氏のプレゼンに続き、活発な質疑応答が行われ、外国人特派員がいくつかの重要な問題を提起した。例えば、日本流経営の長所とされるグループの協調性を維持することと、アメリカ流経営の特徴である個人主義的で革新的な側面を取り入れることとの間の矛盾をどうするか、また今回の同友会の提言が近い将来日本の経営を本当に望ましい方向に変えられるのかといった質問に対して、長谷川氏からの明確な答えは聞かれなかった。
参考:Reference
日本文:「新・日本流経営の創造」:
http://www.doyukai.or.jp/policyproposals/articles/2008/080702a.html
英文(English):"Creating a New Style of Japanese Management: Executive Summary":
http://www.doyukai.or.jp/en/policyproposals/articles/pdf/080702a_english.pdf

Mr. Yasuchika Hasegawa, president of Takeda Pharmaceutical Company Ltd., gave a luncheon talk as Vice Chairman of Keizai Doyukai (Japan Association of Corporate Executives) at FCCJ on July 23. In his presentation, Mr. Hasegawa summarizes a report entitled "Creating a New Style of Japanese Management," just published by the Committee on Corporate Management of Keizai Doyukai, where the report was largely written by Mr. Hasegawa as the committee chairman, based on questionnaire responses by member executives.

The main purpose of this report, according to Mr. Hasegawa, is to identify the strengths and weaknesses of the Japanese style of management in its present form, and suggest ways to reform the management style while maintaining its strengths in order to increase business productivity and competitiveness in the current business environment. As perceived by Mr. Hasegawa and his colleagues, the strengths of Japanese management include long-term perspectives, precise implementation based on consensus, information exchange to integrate business activities including affiliated companies, abilities to create new production processes as well as environmentally friendly technologies and products, etc. Other strengths, pointed out in questionnaire responses by member executives, are special emphasis on quality and safety, strong sense of loyalty among employees, high level of education and teamwork spirit among employees, etc.

On the other hand, weaknesses include exclusion of non-Japanese nationals, reliance on trust rather than contracts, decision making based on consensus, lack of proficiency in foreign languages, etc. In view of a rapidly changing business environment such as globalization, technological innovation as well as population-environment-resource problems, those managerial weaknesses must be corrected and a new style of Japanese management should be established by taking account of current and future challenges for Japan in general and Japanese business in particular.

Those challenges are (1) leadership in Asia and also in the environment field, (2) competitiveness from the global and long-term viewpoint, and (3) contribution to the international community for solving global issues, according to the Keizai Doyukai report. To face these challenges, Japanese business should be more flexible in introducing some positive aspects of American and European style management while maintaining and enhancing the strengths of Japanese style management in the future.

After Mr. Hasegawa's presentation, an active Q&A session took place, where a number of important questions were raised by foreign correspondents. There were no clear answers given by Mr. Hasegawa to such questions as how to deal with possible contradictions in introducing the individualistic and innovative aspects of American management, while maintaining the group-oriented aspect of Japanese management, and whether Keizai Doyukai's proposal this time will be successful in changing Japanese-style management for the better in the near future.
スポンサーサイト
  1. 2008/07/23(水) 13:36:29|
  2. 情報発信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東京で岩手地震を体験:Experiencing Iwate Earthquake in Tokyo | ホーム | ミストを散布して納涼:Cool Down by Spraying Mist>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glocom.blog59.fc2.com/tb.php/756-c058fca0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。