情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

北朝鮮への警告:Warning Against North Korea

北朝鮮への警告:Warning Against North Korea

日本外交の見直しも:Reprioritize Japan's Foreign Policy

下にリンクされているAFPの記事によると、高村外務大臣が日米の間を割こうとする北朝鮮の戦術に対して警告を発したとのことである。この高村大臣の声明は、北朝鮮が核開発プログラムのリストを提出し、それに対して米国が北朝鮮をテロ支援国家リストから外す決定をしたという先週の動きに反応して出されたものである。もちろん日本は拉致問題が解決しないかぎり、そのようなリストから北朝鮮を外すべきでないという立場であり、したがって今回の核問題だけに基づいた一連の動きは、日本にとってとうてい受け入れられるものでなく、北朝鮮が意図的に日米の間を割くことを画策しているという解釈になってしまう。
日本の中で拉致問題が感情的に取り扱われていることからすると、日本政府がこのような解釈によって北朝鮮に警告を与えざるを得ないことも分かるが、しかし外から見ると拉致問題のような歴史的な2国間の問題を核問題のような現在の多国間の問題と同等に並列することはある意味でおかしい発想にみえる。また北朝鮮が日米の間を割こうとしているというのもおかしい発想で、北朝鮮としては日本をあくまで米国の元に置いておいたほうが有利と考えるのが自然であろう。もちろん拉致問題はそれ自体として深刻な問題で、核問題との関係ではなく、二国間の交渉事項として取り扱うべきである。
日本政府はそろそろ外交問題のプライオリティを見直すべきで、少なくとも二国間問題と多国間問題の区別くらいはつける必要がある。いずれにしても多くの日本人は外国における客観的な計算と主観的な感情とを切り離すことには同意するのではないだろうか。
Article:
Japan Warns NKorea Trying to Divide Tokyo and Washington
AFP (6/29/2008)
http://afp.google.com/article/ALeqM5hawCXxtr2L83X9fduERae4H04yEg

It is reported in the AFP article linked above that on Sunday Japanese Foreign Minister Masahiko Komura gave a warning against North Korea's "tactics" to divide Japan and the U.S. The announcement came in response to North Korea's move to submit a list of its nuclear programs and Washington's intention to take North Korea off the terrorism list in return last week. It is well known that the Japanese government has been objecting to such delisting unless the so-called "abduction issue" is resolved. From the standpoint of the Japanese government, therefore, the recent developments based solely on the nuclear issue are not acceptable, and can be considered a deliberate effort on the part of Pyongyang to divide Tokyo and Washington.

Although it is understandable, in view of emotional reactions to the abduction issue within the country, that the Japanese government cannot help but to give such a warning against North Korea's "tactics," it certainly looks odd from outside to emphasize a historic, bilateral problem such as the abduction issue at least as equally as a current, multilateral problem such as the nuclear issue in negotiating with North Korea. It is also odd to think that North Korea would benefit by dividing Japan and the U.S., because Pyongyang should be better off by making Japan more dependent on, not independent of, the U.S., as the relationship between North Korea and the U.S. improves. Of course, the abduction issue itself remains to be a very serious problem, and Tokyo should negotiate with Pyongyang toward a resolution of this issue, but in a bilateral way and not in the context of a multinational issue like the nuclear problem.

It may be about time for the Japanese government to reprioritize foreign policy issues. At least a reasonable distinction should be made between bilateral issues and multilateral issues. At any rate, a majority of Japanese are likely to agree that objective calculations rather than subjective emotions should rule in diplomacy.
スポンサーサイト
  1. 2008/06/30(月) 15:57:08|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カナダの日を祝う:Celebrating Canada Day | ホーム | モントリオールジャズ祭:Montreal Jazz Festival>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glocom.blog59.fc2.com/tb.php/738-6b5e6540
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

グローネコ

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。