FC2ブログ

情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

運に見放される安倍首相?:PM Abe Out of Luck?

運に見放される安倍首相?:PM Abe Out of Luck?

世界景気減速に直面:Facing World Economic Slowdown

安倍晋三氏は最悪のタイミングで次期首相になるのではないか。なぜならすでに世界経済のほとんどの指標がピークを打って下落し始めているからである。日本の景気もその中に含まれ、すでに戦後最長の「いざなぎ景気」を超えているので、間もなく下降曲面に入ることは避けられない。
さらに安倍氏は政治的にもこれから難しい地方選挙が続き、一年後には参議院選があり、小沢民主党と戦わなければならない。これらの選挙で安倍首相は自分自身の過去の成果がないためにそれを売りものにできず、また小泉改革への貢献を強調するのもリスクが大きい。なぜなら、多くの国民は小泉改革が大都市の富裕層や大企業を優遇して格差社会を作ったという批判を強めているからである。
安倍氏が社会保障改革、教育改革、財政改革、あるいは北朝鮮問題に象徴されるアジア外交といった難しい問題にどう対処していくかまだ誰も分からない。これらの問題はすべて小泉首相によって積み残されたものといえる。小泉首相は郵政改革のように自分の立場でできることを戦略的に選んで成し遂げるという賢さをもっていたが、はたして安倍首相はそのような小泉戦略から学ぶだけの賢さをもっているか、よく見極める必要があろう。

Mr. Shinzo Abe is going to be Japan's prime minister at the worst time, as most of the world economic indexes have already hit their peaks and started to decline. That includes the business cycle of the Japanese economy, which has enjoyed the longest expansion, surpassing the Izanagi boom, in the postwar period, and will inevitably decline in the near future.
Abe will also have to face a series of tough local elections against the DPJ led by Ichiro Ozawa, before the Upper House elections next summer. In those elections, Abe can not depend on his past accomplishment, because there is none, and it would be risky to refer to the Koizumi reform for his past contributions, because there is now much resentment or criticism regarding Koizumi's policies favoring rich people and big business in large cities and thus creating socio-economic disparity, as perceived by the general public.
No one knows how Abe can handle such difficult issues as social security reform, education reform and fiscal reform in addition to Asian diplomacy, especially dealing with North Korea. All these problems are left over by Junichiro Koizumi, who wisely focused on what he could handle strategically from his standpoint, most notably, postal reform. It remains to be seen if Abe is wise enough to learn from Koizumi's strategy in this respect.
スポンサーサイト
  1. 2006/09/21(木) 17:09:50|
  2. 時事解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ミシェル・ビソネ氏訪日:Mr. Michel Bissonnet's Visit to Japan | ホーム | 本田論文とタイのクーデター:Honda Paper and Thai Coup>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glocom.blog59.fc2.com/tb.php/72-6a5cd72d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

グローネコ

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。