情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本田論文とタイのクーデター:Honda Paper and Thai Coup

本田論文とタイのクーデター:Honda Paper and Thai Coup

今週の注目論文:This Week's Highlight Paper

本田敬吉氏(日本NCR特別顧問)は「日米間で包括的な経済連携協定を」という興味深い論文を「情報発信プラットフォーム」に寄稿したが、そこで本田氏は、日本としては包括的な経済連携協定をアジア諸国とではなく、米国と結ぶべきと主張している。その理由は、日本と米国とは政治・経済・社会のシステムがかなり同質的であるのに対して、日本とアジアとの間で経済連携協定を締結するにはギャップが大きすぎるからというもの。
本日勃発したタイのクーデターは、この本田氏の見方を支持しているように見える。日本がアジア諸国と包括的な経済連係協定の締結を考えるのはまだ早すぎるということであろう。

日本語サマリー:
http://www.glocom.org/indexj.html
英文のURL:
http://www.glocom.org/opinions/essays/20060919_honda_toward/

Mr. Keikichi Honda (Special Advisor, NCR Japan) has contributed a very interesting paper, "Toward an Economic Partnership Agreement for Japan and the U.S.," to our GLOCOM Platform, where he maintains that Japan should conclude a comprehensive partnership agreement with the U.S., rather than with Asian countries. This is because Japan and the U.S. share similar politico-socio-economic systems, whereas the gap between Japan and Asian countries is too wide to conclude such a comprehensive economic agreement.
Today's coup in Thailand seems to support Mr. Honda's view that it would be premature for Japan to try to conclude an economic partnership agreement with Asian countries.
スポンサーサイト
  1. 2006/09/20(水) 23:01:15|
  2. 情報発信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<運に見放される安倍首相?:PM Abe Out of Luck? | ホーム | 「失われた10 年」の終焉?:End of "Lost Decade"?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glocom.blog59.fc2.com/tb.php/71-ecc16ccf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

グローネコ

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。