情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

金融グローバル化と日本:Japan Facing Financial Globalization

金融グローバル化と日本:Japan Facing Financial Globalization

GLOCOM研究協力委員会:GLOCOM's Quarterly Seminar Series

関哲夫氏、蓑田秀策氏、および池尾和人教授(コーディネーター)
Mr. Seki and Mr. Minoda, moderated by Prof. Ikeo
80528d.jpg

5月28日(水)午前10時より、ホテルオークラで、国際大学グローコムの「研究協力委員会5月会合」が開催され、「金融グローバル化に国・産業・企業はどう対応するか」というテーマで、3人のこの分野を代表する専門家(池尾和人慶応義塾大学教授、関哲夫新日鐵常任監査役、蓑田秀策KKRジャパン社長)がプレゼンとディスカッションを行った。

まず池尾教授が、金融がグローバル化する中、金融サービスが日本の産業や経済全体に対して持つ重要性が増す一方で、日本の金融・資本市場の相対的な地位が、ニューヨークやロンドンに対するだけでなく、香港やシンガポールに比べても低下している問題を指摘。重要なのは、金融サービスが産業活動を強化して新たな価値を生むという明るい面を促進し、価値を生まないゼロサムないしマイナスサムゲームに陥りやすいという暗い面を抑制するようなルールや制度を確立することであるが、日本ではそれにより金融力を国際的に高めようというコミットメントが政府にも経済界にも欠けていると、池尾教授は批判する。

次に関氏が、鉄鋼産業の例を引いて日本の産業一般がこのところ中国や新興国からの需要の急速な伸びに直面するとともに、供給側では世界規模のM&Aを含む急激な産業の再編が起こっていることを説明。そのような状況下で、日本の産業は適切な金融サービスの機能による強力な支援なしにこれ以上競争し成長することはできない。ここで金融の適切な機能の一つは、産業が成長していくための資金やリスクマネーを十分に提供することである。特に日本の金融機関は、企業との関係も深く、家計からの貯蓄も十分に取り入れているので、日本企業がグローバルなサプライヤーよりもむしろプレヤーになることを支援できなければならない。そのために重要なのはグローバルなビジネスのネットワークを構築することで、それは多額な資金を必要とするM&Aによるケースが多くなっていると、関氏は指摘する。

さらに蓑田氏は、以上の意見に同意して、特にビジネス、産業そして経済全体の力を左右する決定的に重要な要因が、産業と金融の間のパートナーシップ、つまりウィン・ウィンの関係であると主張。そして実際に、日本ではそのような関係が戦後の成長期において企業と銀行の間で実現していたことを指摘した上で、かえってその関係がもたらした成功ゆえに、効率的な資本市場の発展が遅れ、また爆発的に拡大している新興市場をめぐる競争に勝てるようなグローバルなビジネスアプローチが取れなかったといえる。したがって、これからは国内ではなくグローバルな視点で、産業と金融のパートナーシップを再構築し、さまざまなチャンネルやアレンジや市場を通じてカネ、情報、人材などを提供するグローバルな支援体制が決定的に重要とのことであった。

以上のようなプレゼンの後の討論で、池尾教授は、「どうしたら日本の金融機関はグローバルなビジネスのネットワークを築くことができるか」、また「どうしたら日本の人材がグローバルなネットワークを広げられるように訓練され、流動化されうるか」といった疑問を提起した。これらの難しい問題に対して明確な答えは見つからず、むしろ国際的なビジネス支援では外資系金融機関が圧倒的に強いこと、また日本のビジネスマンは外国人の扱いをいまだに苦手としていることが指摘された。しかし、グローバルな視点から、日本の金融・資本市場および金融産業を強化することの必要性については、誰もが認めるところであった。
参考:References
池尾和人教授プロフィール:
http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2004/ikeo.html
GLOCOM研究協力委員会2007年12月会合(12/6):
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20071206.html
GLOCOM研究協力委員会2008年2月会合(2/8):
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20080208.html

The May meeting of GLOCOM’s Quarterly Seminar Series (Kenkyu Kyoryoku Iinkai) was held at Hotel Okura in Tokyo on May 28(W), 10:00-noon, where the topic “how Japan’s government, industries and corporations should respond to financial globalization” was discussed by three foremost specialists in this field, Prof. Kazuhito Ikeo (Keio University), Tetsuo Seki (Nippon Steel Corporation) and Mr. Syusaku Minoda (KKR & Co.) .

First, Prof. Ikeo gave a talk about the importance of financial services for Japan’s industry and economy as a whole in the age of financial globalization, where the relative position of the financial and capital markets in Tokyo seems to be declining relative to not only New York and London, but also Hong Kong and Singapore these days. One of the problems in Japan, according to Prof. Ikeo, is the lack of commitment on the part of the government and the business circle in supporting Japan’s financial power to be competitive globally and in fostering the positive side of financial services to help other industries perform better, while containing their negative side such as rent-seeking behavior by setting up proper rules and systems in the financial service industry.

Next, Mr. Seki presented an overview of the steel industry as a representative of the Japanese industry as a whole, facing a rapidly increasing demand from China and other emerging economies as well as a drastic restructuring movement on the supply side including M&As in global scale. Then he emphasized the fact that the Japanese industry could not compete and grow any further without the strong support of appropriate financial services, which should perform important functions in supplying ample funds and risk money for industrial growth in the future. In particular, Japanese financial institutions, in close contact with representative companies and thrifty households in Japan, should be able to help Japanese corporations become global “players” rather than just “suppliers” by setting up global business networks through M&As, which require a huge amount of money, according to Mr. Seki.

Finally, Mr. Minoda made the same points as the previous speakers by pointing out the crucial importance of “partnership,” or “win-win relationship” between industry and finance in determining the strength of business, industry and the economy as a whole. In fact, Japan did achieve exactly that between corporations and banks domestically in the postwar period, but failed to develop an efficient capital market as well as a global business perspective to compete over an exploding market in emerging economies. It is imperative that the partnership between industry and finance be reestablished, not domestically but globally this time, in terms of money, information, human resources, etc. through various channels, arrangements and markets.

After the presentations, Prof. Ikeo led the discussion session by asking such questions as how Japanese financial institutions can build global business networks, and how Japanese human resources can be better trained and made more fluid so that human networks may be expanded globally. There appeared to be no good answers to these difficult questions, as the dominance of foreign financial institutions to support international business is so obvious, and the reluctance of Japanese business people to directly interact with “foreigners” is so prevalent even today. However, everyone clearly agreed on the need to strengthen the financial and capital markets as well as the financial industry in Japan from the global point of view.
スポンサーサイト
  1. 2008/05/28(水) 15:09:03|
  2. 情報発信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ニュースレター6月号発行:Newsletter (June) Issued | ホーム | 昼休み時の大学キャンパス:Lunch Time@USC Campus>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2011/05/29(日) 14:51:16 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glocom.blog59.fc2.com/tb.php/695-2a6ce6e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。