情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オリンピックの年の中国問題:China Problem in Olympic Year

オリンピックの年の中国問題:China Problem in Olympic Year

テンプル大とのセミナー2日目:Joint Seminar with TUJ-Day2

スピーカー:高木誠一郎教授、木下俊彦教授、サム・ジェームソン氏
Speakers: Prof. Takagi, Prof. Kinoshita and Mr. Jameson
80425k.jpg

「オリンピックの年における中国問題」
情報発信機構とテンプル大学の共催によるシンポジウム2日目には、高木誠一郎教授(青山学院大学)、木下俊彦教授(早稲田大学)およびサム・ジェームソン氏(フリーランス・ジャーナリスト)がパネリストとして参加し、日本語で、中国に関するさまざまな問題、特に日本との関係についての問題を手短に取り上げた。
まず、政治経済学者である高木教授は、予定されている胡錦濤国家主席の訪日と両国首脳による共同声明の内容について、「戦略的互恵主義」に基づいた関係を推進することが謳われるであろうが、東シナ海油田問題のような未解決の課題は触れられないであろうと予想。またオリンピック関連の問題では、日本が国内でもっと言論の自由を強調し、人権問題などについての討論を活発に行うべきと主張した。
次に、木下教授は経済と経営の専門家として、中国経済のインフレ、資産バブルおよびオリンピック後の不況の可能性といった短期的問題と、中国の経済発展パターンの構造調整という中長期的問題を取り上げ、後者の問題では、特に輸出依存の是正、資本取引の自由化、「農」の問題および環境問題を指摘。短期の問題としてはオリンピック後の経済低迷は一時的なものにとどまるであろうが、中長期的な問題の解決には大きなリスクと不確実性が伴うことを強調した。重要な点として、中国の指導者の何人かは中国経済の問題の深刻さを理解しており、何とか解決しようと努力していることを指摘し、その際に戦後日本が経験した経済発展や環境政策などから学んでもらいたいという希望を木下教授は表明した。
以上の2人のスピーカーの主張に対して、サム・ジェームソン氏は基本的な賛同の意を表した上で、ジャーナリストとして1960年代の東京オリンピックを取材した体験談を付け加え、当時は日本が戦後復興を遂げた成果を海外に示し、国際社会の援助と支援に感謝する意味をオリンピック開催に込めたことを指摘。それに対して、北京オリンピックでは、中国の台頭するパワーを誇示しようとしたが、それがチベット問題などで足元をすくわれた形と述べた。
3人のプレゼン後、活発な討論が行われたが、もっぱら質問は、前日のシンポジウムでも討論で指摘され答えが出なかった問題、つまり巨大で国家主義的な中国のような国をどうやって「責任ある」ステークホールダーとして国際社会に迎え入れることができるかという問題に集中した。結論として、できるだけ一般の中国人と広く対話の道を探り、彼らに日本や世界で起こっている客観的な事実を伝えることに努力すべきという点では、参加者全員のコンセンサスが得られた。
今回のシンポジウムは大変興味深く有益であったが、今後日中間の諸問題解決への手がかりを見つけるためにはもっと研究や議論を重ねて政策的な提言も行っていかなければならないと感じた次第である。
なお今回のシンポのパネリストの文献については以下を参照のこと。
参考:
木下俊彦「日米中のビジネス交流と相互学習」
http://www.glocom.org/sum_ja/past_heigh/indexj071211.html
「革新のための日本の課題」(本ブログ:3/14):
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20080314.html

"The China Problem in the Olympic Year"
On the second day of the joint symposium cosponsored by Global Communications Platform and Temple University Japan, three speakers, Prof. Seiichiro Takagi (Aoyama Gakuin University), Prof. Toshihiko Kinoshita (Waseda University) and Mr. Sam Jameson (Freelance Journalist) made brief presentations on various issues concerning China in relation to Japan.
In particular, Prof. Takagi, political scientist, focused on the upcoming visit of Chinese President Hu Jintao to Japan and a joint statement about Japan-China relations based on “common strategic interests” for the both countries, where such difficult problems as the East China Sea issue will not be discussed. Regarding current issues related to the Olympics, Japan should emphasize the freedom of speech and welcome open discussions on human rights, according to Prof. Takagi.
Prof. Kinoshita, economist and management specialist, explained China’s short-term economic problems such as inflation, asset bubble, and possible recession after the Olympics, and also longer-term issues such as the structural adjustment of China’s development pattern, particularly concerning export orientation, capital liberalization, agricultural problems and environmental issues. Although the economic slowdown right after the Olympics will probably be temporary, there are serious risks and uncertainties about longer-term prospects for the Chinese economy. An important point is that some of the leaders seem to understand the difficulties of China’s economic problems and try to do something about it. Hopefully, they can learn some lessons from Japan’s experience on economic development as well as environmental policies in the postwar period, according to Prof. Kinoshita.
Mr. Jameson, freelance journalist, basically agreed with what the other speakers said, and added his personal observations on the Tokyo Olympics, when Japan tried to show the accomplishment of its postwar reconstruction and express its gratitude for assistance and support of the international community to the outside world. On the other hand, the Beijing Olympics apparently tries to show off the “rising power” of China as much as possible, which seems to backfire, due to the Tibet issue.
After the presentations, a lively discussion took place and most of the questions centered around the question of how to integrate such a huge and nationalistic country as China into the international community as a “responsible” stakeholder, as raised and left unanswered in the previous symposium (Day 1). In the end, everyone agreed that we should try our best to communicate with the general public in China and inform them of objective facts about Japan and the world at large.
It was quite an interesting and stimulating symposium, although more analyses and discussions as well as policy initiatives are needed to help resolve various issues concerning Japan-China relations.
References:
Toshihiko Kinoshita “Business Interaction and Mutual Learning Among Japan, the US and China”
http://www.glocom.org/opinions/essays/20071211_kinoshita_business/
Activity Report “Japan's Challenge: Creating Future Through Innovation”
http://www.glocom.org/special_topics/activity_rep/20080317_miyao_platform/
スポンサーサイト
  1. 2008/04/25(金) 23:59:35|
  2. 情報発信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<困ったインフレ悪化傾向:Troublesome Inflation Trends | ホーム | 中国をどうみるべきか:China, Opportunity or Challenge?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glocom.blog59.fc2.com/tb.php/662-390afb35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

グローネコ

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。