情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東京を国際金融センターに:Making Tokyo an Int'l Financial Center

東京を国際金融センターに:Making Tokyo an Int'l Financial Center

伊藤隆俊教授の講演@海外特派員協会:Prof. T. Ito’s Talk@FCCJ

80417ti.jpg

4月17日に海外特派員協会において、経済財政諮問会議のメンバーである伊藤隆敏東大教授が、「東京を一流の国際金融センターに」というテーマで講演を行った。その講演では、経済財政諮問会議の金融・資本市場ワーキンググループで現在検討されており今年5月に公表予定のこのテーマに関する政策提言レポートに、どのような点が含まれ、強調されるかが示唆された。それは昨年4月にこのワーキンググループが発表したレポートに次ぐ第2弾で、最初のレポートの提言の一部は立法化され実施されつつある。

まず伊藤教授は、日本が人口の高齢化など、さまざまな問題と課題に対応して、生産性と生活水準を維持し改善していくためには、もっとオープンな国になる必要があると主張。そうすることで、例えば中国を始めとするアジアの高成長の恩恵をもっと受けられるようになる。この点で、金融サービス産業は成長をもたらす一つの原動力であり、特に日本でその役割は重要である。なぜなら、日本の家計、企業、政府がこれまでに蓄積した巨額の資産を、金融サービス産業を通じてより積極的に動因し活用するならば、経済全体を大いに刺激する効果を持つと思われるからである。

このような背景のもとに提起される問題は、いかに東京市場をロンドンのような一流の国際金融センターにするかということである。ここで伊藤教授は、よりよい「場」と「プレーヤー」と「アンパイヤー」という三つのキーワードに言及する。よりよい「場」を整備するという点では、東京証券取引所の改善が必要で、特に証券取引に商品・穀物先物取引を統合することが重要である。そのためには商品取引を規制している関係省庁の規制を見直さなければならない。またよりよい「プレーヤー」を引きつけ、特にリスクマネーをもたらす外国人投資家にプライベートなエクイティファンドなどを東京市場に持ってきてもらうためには、他の国際金融センターと同じように投資家に対して「友好的」な投資環境を提供するよう税制や規制のあり方を改革する必要があろう。もちろんこのことは、よりよい「アンパイヤー」のあり方に密接に関連しており、金融庁がもっと市場監視監督行政を透明なものにするために、原則重視のアプローチを取るといった方向が望まれる。

日本の金融・資本市場に関連する重要な問題の一つは、いかに蓄積した資産をよりよく運用するかということである。例えば家計部門には約1500兆円が、また公的年金基金には約150兆円が、さらに外貨準備として約100兆円が蓄積されているが、それらはあまりうまく運用されていないのが実情である。日本では一般に、低利にもかかわらず、「安全」な銀行預金や国債に投資する傾向が非常に強く、その一方でリタイアした高齢者がリスクのある株式投資をよく行うといった、経済学の教えに反する資産運用が行われている。外貨準備会計については、米国債の保有から上がる利子所得の一部が、現状では一般会計の赤字を埋めるために使われているが、そのような利子所得は将来の為替レート調整から生じるロスを相殺するために全額別扱いにして、よりよい運用がなされるべきである。いずれにしてもこれらの蓄積した資産の運用が改善されれば、それは東京市場だけでなく日本経済全体に大きなプラスの効果を持つであろう。

以上のような内容の伊藤教授による講演の後、外国人記者から多くの質問が出された。特に海外のファンドによる日本企業への直接投資を規制する動きと、それが東京市場の評判に対して持つ影響について質問が集中した。それに対して、伊藤教授は、個人的な意見としてそのような動きには反対であるが、ただし純粋に民間企業間のケースでは、外国人投資家による買収を受け入れるかどうかはあくまで株主の決定次第であるという点も付け加えた。
参考:
経済財政諮問委員会、金融・資本市場ワーキンググループ第一次報告
「真に競争力のある金融・資本市場の確立に向けて」(2007年4月20日)
http://www.keizai-shimon.go.jp/special/global/finance/pdf/item1.pdf

Mr. Takatoshi Ito, who is a professor at the University of Tokyo and also a member of the Council on Economic and Fiscal Policy (CEFP), advising Prime Minister Fukuda, made a presentation entitled “Making Tokyo a First-Rate International Financial Center” at a professional luncheon meeting, which was held at the FCCJ on April 17. In his talk, Prof. Ito hinted what kind of points would be included and emphasized in a policy recommendation report that is currently being prepared by the CEFP’s Working Group on Financial and Capital Markets and will be made public sometime in May, 2008. This is to follow the previous report on this issue, which was announced by the CEFP in June 2007 and at least partly has been implemented through various legislative measures.

First of all, Prof. Ito argued that we need to open up Japan to deal with various problems and challenges, especially the problem of aging trends in Japan’s demography. In order to maintain and improve our productivity and living standard, we should look outward and, by doing so, would benefit from high economic growth in Asian countries like China. In this context, the financial industry could be regarded as an engine of economic growth, and especially important in Japan, because the huge amounts of accumulated wealth in Japan’s households, corporations and the government should be more actively mobilized and utilized through the financial industry to stimulate the economy.

Against this background, the question is how to make Tokyo a first-rate international financial center like London. Here, Prof. Ito referred to three key words, “better field,” “better players” and “better umpire,” by using an analogy to baseball games. As for a better field, the Tokyo Stock Exchange should be improved by including commodities and grain futures trading. For that purpose, regulations on commodity transactions by various ministries must be reconsidered. In order to attract better players with more risk money such as private equity funds, it is important to provide a “friendly” market condition for players, especially foreign investors, by making taxes and regulations comparable to other international financial centers. Needless to say, this is closely related to the quality of the “umpire” who regulates the market, where the FSA (Financial Services Agency) should be a better umpire by emphasizing “principle-based” regulations for more transparency.

One of the key issues related to the financial and capital markets in Japan, according to Prof. Ito, is how to better manage accumulated assets, especially, the total amount of approximately 1500 trillion yen accumulated in the household sector, about 150 trillion yen in the Public Pension Funds, as well as about 100 trillion yen in the Foreign Reserves Account, all of which are now being poorly managed. In Japan there seems to be a strong tendency to invest in “safe” bank deposits and government bonds despite their low interest rates, although rather risky equity investment is often made by some elderly people after retirement, contrary to what economics tells you. Regarding the Foreign Reserve Account, interest income from U.S. government bonds is at least partially being siphoned out and absorbed in the general fiscal account, but it should rather be set aside and better managed in order to offset possible losses due to foreign exchange rate adjustments in the future. If all these accumulated assets are more properly managed, that would have a significantly positive impact on the Tokyo market as well as the Japanese economy as a whole.

After the presentation, many questions were asked by foreign correspondents, especially about recent moves against direct investments by foreign funds into Japanese corporations, and their effects on the reputation of the Tokyo market. In response, Prof. Ito said personally he was against such moves, although it is up to shareholders whether foreign takeovers are to be accepted or not in purely private cases.
Reference:
Council on Economic and Fiscal Policy; The First Report of the Working Group on Financial and Capital Markets:
“Toward the Establishment of Truly Competitive Financial and Capital Markets” (April 20, 2007):
http://www.keizai-shimon.go.jp/english/publication/pdf/070723_financial_wg_02.pdf
スポンサーサイト
  1. 2008/04/17(木) 23:50:59|
  2. 情報発信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<G8で食料危機問題を議論:Food Crisis Put on G-8 Agenda | ホーム | 日米経済の見通し:Prospects for US & Japan's Economy>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glocom.blog59.fc2.com/tb.php/654-b91edd03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

グローネコ

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。