情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

革新のための日本の課題:Japan’s Challenges for Innovation

革新のための日本の課題:Japan’s Challenges for Innovation

情報発信セミナー3月会合:Platform Seminar March Meeting

Innovation: Silicon Valley Way or Japanese Way?
803SiliconValley.jpg

3月14日に、情報発信セミナーの新しい試みとして、少人数のグループでインフォーマルな会合を開き、イノベーションに焦点を当てて日本の将来に関するさまざまな課題を議論した。スピーカーの塚本弘氏(日欧産業協力センター事務局長)と、コメンテーターの木下俊彦教授(早稲田大学教授)に加えて、以下の方々が参加(順不同):ナタリー・カバザン氏(早大客員研究員)、レネ・ダイグナン氏(イタリア銀行)、サム・ジェイムソン氏(ジャーナリスト)、ウェストン・コニシ氏(防衛研究所客員研究員、日立フェロー)、飯沼良祐氏(オリエンタル・エコノミスト)、柏木明子氏(ニューズウィーク東京支局記者)、小林寛三氏(ITコーディネータ協会事務局)、牧野義司氏(メディアオフィス「時代刺激人」主宰)、および情報発信機構から宮尾尊弘機構長と前田幹博事務局長の計12名であった。
まず、塚本氏が最近「Economist」で特集された「JAPAiN」および「Going Hybrid」という日本に対する2つの対照的な見方に言及し、日本の強みとして、ハイテク分野(ロボット、環境技術、ウエラブルIT等)、ソフト分野(ゲーム、アニメ、マンガ等) および快適性の分野(ウォッシュレット、マッサージチェア、日本食、壁掛けTV等)を指摘するとともに、日本の弱みである財政赤字、高齢化、地域格差、サービス産業の低生産性といった問題にも触れた後に、日本の将来戦略として、中国との互恵的な関係構築を念頭に置いたアジア政策、および環境やODA(特にアフリカ向け)などのグローバルな役割を強調した。
それに続いて、木下教授は、基本的に塚本氏の議論に同意した上で、さらなるポイントとして、日本が成功しているのは特に「エクセレント・カンパニー」におけるハイブリッド経営の面であるが、成功していない点として日本における企業本社と海外の現地法人との間の関係(特に権限付与の問題)および海外での日本人マネージャーと現地採用の社員の間の関係がうまくいっていない企業が多いことを指摘(下の参考文献参照)。また日本全体として最大の問題の一つは、サービス産業の非効率性にあると結論づけた。
その後の自由討論では、日本が社会、政治、経済、経営などの面でこのところ何年も改革の歩みを止めている点が数名の参加者から厳しく指摘された(飯沼氏「マイナス面がプラス面をはるかに上回る」、ダイグナン氏「経済も政治も改革がまったく進んでいない」、ジェイムソン氏「過去何十年も日本は変わっていない」、コニシ氏「政治が日本の重要な問題を取り上げていない」)。これに対して、塚本氏と木下教授は日本が他のアジアや欧州諸国と比べれば(米国との比較はともかく)、経済や経営の面でプラスの動きが出てきていると述べ、それに呼応して小林氏も1990年代中ごろから急速に展開したIT革命が日本を大きく変えたと主張。ただし、それがあまり目立たず、日本社会に役立つような応用をもっと心がけるべきという点も付け加えた。
日本のイノベーションに関しては、カバザン氏が東京圏の産業クラスターの研究の成果について説明し、日本ではさらなる創造的な発想と非連続な革新をもたらすために社会的な交流を奨励すべきで、そのためには社会および教育(特に大学)の改革が必要不可欠と主張。それを受けて、柏木氏が日本を望ましい方向に進めるためにはどのようなステップやどのようなインプットが必要かという問いを発し、それがさらに色々な議論を呼んだ。しかし、日本の将来戦略については、政府の役割、日本のアジアでの位置づけ、環境政策や環境技術の効果などについて意見の一致は見られなかった。
実際、日本の長期的な潜在成長率についても、ジェイムソン氏が実質で3%成長を主張したのに対して、塚本氏と木下教授は日本の経済社会への制約条件を考えると1-2%成長が実現可能な限界であると述べて意見は対立した。ただし、日本がもっと海外からの経営や技術のノウハウを持った人材を導入・起用して、今後ともイノベーションを続けていけるような体制を確立すべきという点ではコンセンサスが得られたように思われる。
この自由討論は一時間半以上も続いたが、まだ議論は始まったばかりで、提起された問題について結論を得るためにはもっと時間が必要と感じられた。それは日本が改革と革新を続けていくために実に多くの困難な課題を克服しなければならないという事実を反映していると考えられよう。
参考文献:References
木下俊彦「海外における日本的経営のジレンマと課題」
http://www.glocom.org/sum_ja/past_heigh/indexj080212.html
Toshihiko Kinoshita “Japanese Management Overseas: Dilemma and Challenges”
http://www.glocom.org/opinions/essays/20080212_kinoshita_japanese/

As a new attempt in our Platform seminar series, we organized a small discussion group in an informal setting on March 14 to take up various issues regarding future prospects for Japan with emphasis on innovation. In addition to the speaker, Mr. Hiroshi Tsukamoto (General Manager, EU-Japan Centre for Industrial Cooperation), and the discussant, Mr. Toshihiko Kinoshita (Professor, Waseda University), there were the following participants (in the alphabetical order): Ms. Nathalie Cavasin (Visiting Waseda University, Innovation Specialist), Mr. Rene Duignan (Central Bank of Italy, Int'l Management Specialist), Mr. Yoshisuke Iinuma (Oriental Economist), Mr. Sam Jameson (Journalist, Japan Specialist), Ms. Akiko Kashiwagi (Newsweek Tokyo Correspondent), Mr. Kanzo Koyabashi (IT Coordinators Association), Mr. Weston Konishi (Council on Foreign Relations, Hitachi Fellow), Mr. Yoshiji Makino (Media Office Jidai Shigekijin) as well as Mikihiro Maeda and Takahiro Miyao (IUJ, Global Communications Platform).

First, Mr. Tsukamoto gave a brief presentation, referring to “JAPAiN” and “Going Hybrid,” which signify two opposing views on Japan recently featured by the Economist, and pointing out Japan’s strengths in the high-tech area (robots, environmental technology, wearable IT, etc.), the soft-content area (games, anime, manga, etc.), and the comfortability area (washlet, massage chairs, food, wall-hanging TV, etc) as well as Japan’s problems with regard to fiscal deficit, aging society, regional gaps, and inefficient service industries. As for future strategies, Japan should focus on its Asia policy, especially regarding China, to develop mutually beneficial relations in the future, and also play a more positive role on such global issues as environmental problems and ODA, especially for Africa, according to Mr. Tsukamoto.

Next, Prof. Kinoshita gave a brief comment and emphasized Japan’s success in going hybrid regarding management practices, especially among "excellent companies," along with many cases of failures in coordination (especially decision-making power delegation) between corporate headquarters in Japan and their subsidiaries overseas as well as problems in communication between Japanese managers and their employees in foreign countries, as seen in his recent article (in the References above). He also pointed out the low productivity of service industries as one of Japan’s major weaknesses in the global economy.

In the free discussion, severe criticisms of Japan’s lack of progress in social, political, economic and management reforms in recent years were expressed by Mr. Iinuma ("the negative factors outweigh the positive factors"), Mr. Duignan ("economic and political reforms are not moving forward"), Mr. Jameson ("no change has taken place for the last few decades") and Mr. Konishi ("Japan's politics is not addressing any of the key issues"), whereas Mr. Tsukamoto and Prof, Kinoshita tried to highlight positive prospects for Japan’s economy and business, at least relative to other countries in Asia and Europe, if not to the U.S. In that context, Mr. Kobayashi pointed out that the IT revolution since 1995 has changed Japan in many ways, although it may not be so visible and more efforts should be made to apply IT in Japanese society.

Focusing on Japan’s innovation, Ms. Cavasin explained her research findings about industrial clusters in the Tokyo region and argued that social and educational (especially, university) reforms are necessary to encourage social interaction for creative thinking and disruptive innovation in Japan. Then, Ms. Kashiwagi asked the question as to what steps and what kinds of input are needed to change Japan in the desirable direction. In response, no consensus emerged among the participants regarding future strategies, especially about the role of the government, Japan’s positioning in Asia, the effects of environmental policies and technologies, etc.

Actually, there was a disagreement over Japan's growth potential, as Mr. Jameson regarded 3% real growth as a reasonable long-term target, whereas Mr. Tsukamoto and Prof. Kinoshita maintained that only 1-2% growth would be possible in view of various constraints imposed on Japan's economy and society. However, everybody seemed to agree on the necessity of introduction and utilization of managerial and technical human resources from abroad for Japan to maintain and improve its power for innovation in the future.

Although the discussion lasted for about one and a half hours, it was just a beginning and more time was needed to reach any conclusions on the key issues raised at the meeting. This may be reflecting the fact that Japan is facing so many difficult challenges in reforming itself to continue to innovate.
スポンサーサイト
  1. 2008/03/14(金) 23:59:59|
  2. 情報発信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<近所の花屋の春の花:Spring Flowers at Neighborhood Florist | ホーム | 東京発・日本ファッションウィーク:Japan Fashon Week in Tokyo>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glocom.blog59.fc2.com/tb.php/620-8be51d7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

グローネコ

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。