情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日中シンポジウム@国際文化会館:Japan-China Symposium@I-House

日中シンポジウム@国際文化会館:Japan-China Symposium@I-House

日中間のエネルギー・環境危機管理
Japan-China Energy/Environment Risk Management

挨拶する後藤哲郎国際社会経済研究所社長と日本の研究者
IISE President Tetsuro Goto & Japanese Researchers
開会の辞 80125W9.jpg

中国現代国際関係研究院の楊明傑代表と中国の研究者
CICIR Representative Yang Mingjie & Chinese Researchers
Opening 80125X9.jpg

国際社会経済研究所(IISE)と中国現代国際関係研究院(CICIR)は、共催シンポジウム「日中間のエネルギー・環境危機管理」を、1月25日午後東京六本木の国際文化会館で開催した。まず、後藤哲郎IISE社長と楊明傑CICIR院長助理による主催者挨拶があり、その中で両研究所の協力関係の構築に貢献した故関本忠弘元IISE名誉会長に哀悼の意が表された。
最初のスピーカー張力氏(CICIR)は「エネルギー危機と中日のエネルギー協力」というテーマでプレゼンを行い、特に国家的見地からするとエネルギー問題は戦略的な意味を持っていること、そして世界市場におけるエネルギー消費大国として中国と日本が協力してエネルギーのリスク管理を行うことの重要性を強調した。
次のスピーカー土屋大洋氏(慶応義塾大学)は、「グローバルな環境安全保障と情報通信産業の発展」の問題について議論し、これまでの情報通信産業の急速な発展は膨大なエネルギー消費をもたらしてきたことを指摘。したがって、これからは「グリーン・ブロードバンド」や「低炭素排出型インターネット・アーキテクチャー」のような取り組みが必要で、特に急速に発展するアジア地域で日中がこの分野で協力して問題解決に当ることが重要と主張した。
3番目のスピーカーは唐嵐氏 (CICIR)で、「環境危機と中日協力」というテーマを取り上げ、中国における環境危機の現状を詳しく説明した上で、中国と日本は環境の危機的なリスクを管理する協力体制を、相互の利益のために構築する必要性を強調した。
最後に、原田泉氏(IISE)が、「日中間における環境問題の共同危機管理体制の構築」というテーマで議論を展開し、環境リスクを管理する国家的および国際的安全保障という新しい見方を提示した。特に日本と中国、それにできれば韓国も加えて、黄砂問題から感染症問題に至るまでさまざまな環境関連のリスクに取り組むために関係するすべての政府機関をトップリーダーのもとで統括するような総合的な問題解決へのアプローチを取ることを提案した。
その後、北澤進氏(IISE/NEC)の司会のもとで、活発な討論が展開されたが、特に環境問題に関する情報通信技術の利用や効力について議論が集中した。
「日中間のエネルギー・環境危機管理」というテーマのもとでは、あまりに多くの論点があり、今回のシンポジウムでは、環境というグローバルな問題に対する新しいアプローチと環境リスク管理のための日米協力が必要ということ以外に明確な結論は得られなかった。しかし、日本と中国、および世界全体が直面している最も重要な課題について、両研究所が今後協力して取り組むための第一歩にふさわしいシンポジウムであったといえよう。
参考:References
前回(2/23)の日中シンポジウム「サイバー空間における国家」
Japan-China Symposium (2/23) "Nations in Cyber Space":
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20070223.html
国際社会経済研究所(IISE):
http://www.i-ise.com/
中国現代国際関係研究院(CICIR):
http://www.cicir.ac.cn/

The Institute for International Socio-Economic Studies (IISE) and China Institutes of Contemporary International Relations (CICIR) jointly held a symposium on "Energy/Environment Risk Management Between Japan & China" at the International House of Japan in Roppongi, Tokyo, on January 25.
IISE President Tetsuro Goto and CICIR Representative Yang Mingjie delivered opening addresses, where some memorial words were given for the late Tadahiro Sekimoto, who initiated cooperation between the two institutions.
The first speaker, Mr. Zhang Li (CICIR), gave a talk on "World Energy Crisis and Energy Cooperation between China & Japan," where he emphasized the strategic nature of energy from the national viewpoint as well as the importance of joint risk management between China and Japan as major energy consumers in the world market,
The second speaker, Mr. Motohiro Tsuchiya (Keio University) , spoke about "Global Environment Risk Management and Development of ICT Industry," where he pointed out that the rapid development of ITC industry has so far resulted in too much energy consumption and that something like "green broadband" or "low CO2 emission Internet architecture" is urgentely needed in Japan and China to deal with environmental problems in the rapidly developing Asian region.
The third speaker, Ms. Tang Lan (CICIR), talked about "Environment Risk Management and Japan-China Cooperation," and explained about the current environmental crisis in China and the need for a cooperative risk management system between China and Japan to deal with emergency situations regarding the environment for mutual benefit.
Finally, Mr. Izumi Harada (IISE), presented a paper "Toward a Joint Risk Management Platform for Environmental Problems between Japan and China," which offered a new view on national and international security in managing environmental risks and proposed a comprehensive approach to handle various environment-related problems, from dust and sandstorms to infectious diseases by involving all relevant government agencies to be coordinated by top leadership in both Japan and China, and possibly South Korea as well.
After the presentations, Mr. Susumu Kitazawa (IISE/NEC) moderated a free discussion, which focused on the use and effect of ICT in connection with the environment.
It seems that there were just too many issues to take up under the heading of "energy/environment risk management in Japan and China," and no clear conclusions emerged, except the necessity of new approaches to this global issue with some kind of cooperation between the two countries in dealing with environmental risks, at this symposium. However, this was a good beginning of future collaboration between the two institutions on the crucially important problem facing Japan and China, and the rest of the world for that matter.
スポンサーサイト
  1. 2008/01/25(金) 23:59:19|
  2. 情報発信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スタグフレーションは避けられるか?:Can Stagflation Be Avoided? | ホーム | トヨタ世界販売台数は2位:Toyota Still No.2 in Global Car Sales>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glocom.blog59.fc2.com/tb.php/570-cc69640a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。