FC2ブログ

情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「父親のジレンマ」再訪: "Fathers' Dilemma" Revisited

「父親のジレンマ」再訪:"Fathers' Dilemma" Revisited

やはり職場の問題: It Is a Workplace Problem

8月10日にこのブログに「育児休業」の問題を書いた。
「日本の父親のジレンマ」
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20060810.html
「本日の朝刊各紙に、厚生労働省が昨日発表した2004年度の育児休業の取得率に関する調査結果が掲載された。それによると、育児休業制度を利用した女性は過去最高の72%以上となったが、男性は0.5%にとどまり、前年よりも多少減少するという状況だったという。・・・・真の問題は職場の側にあり、男性が『育児』ではだめで、子供の『病気やけが』といった『説得力のある』口実を見つけないかぎり休みがとれないような企業文化(より一般的には組織の文化)に原因があるのではないだろうか。」
今週発売中の「週刊ダイヤモンド」の記事で、この見方が当てはまることが確認されている。最近のヤフーリサーチの調査によると、20~40代の男性の約半数が育児休業を半年から1年ほど取りたいと希望しているのに対して、その場合に出世や査定に悪影響があると思う人が8割もいたとのことである。また仕事は年度単位で行なわれるので、数ヶ月や半年休業することが実際上難しいという事情もある。
はやり職場の問題としてトップダウンの推進が必要であろう。

On August 10, I wrote about childrearing leaves on this blog:
"Japanese Fathers' Dilemma"
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20060810.html
"According to today's newspaper, the Ministry of Health, Labor and Welfare has just released a survey result for the 2004 fiscal year that more than 72% of the women surveyed took an official child rearing leave from work - the highest percentage ever. On the other hand, the percentage for the men surveyed was only 0.5%, a slight decrease compared to the previous year.....Probably the real problem may lie in their workplace, where corporate culture (more generally, organization culture) does not allow male employees to take a leave until they can provide 'convincing' excuses such as their children's 'illness or injuries,' but not 'childrearing.'"
This view seems to be confirmed in an article appearing in this week's edition of "Weekly Diamond." According to Yahoo Research, about half of the men in their 20s to 40s surveyed wanted to take a childrearing leave for six months or up to one year, whereas about 80% of them said that doing so would negatively affect their prospects for promotion and advancement. Also it would be difficult for them to take a leave for less than one year, because their work schedule is on a fiscal year basis, not on a monthly basis.
In any case, top-down leadership and promotion will be needed to solve this workplace problem.
スポンサーサイト
  1. 2006/09/05(火) 10:20:00|
  2. 時事解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<木下教授のインタビュー:Interview with Prof. Kinoshita | ホーム | 外国人労働者の受け入れ?:Accept More Foreign Workers?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glocom.blog59.fc2.com/tb.php/55-bda7e018
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

グローネコ

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。