情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本企業はグローバル化したか?:Japanese Business Globalized?

日本企業はグローバル化したか?:Japanese Business Globalized?

GLOCOM研究協力委員会:GLOCOM's Quarterly Seminar Series
スピーカー生田章一氏と小林規威教授:Mr. Ikuta & Prof. Kobayashi
71206B11.jpg

モデレーター國領二郎教授:Moderated by Prof. Kokuryo
71206A12.jpg

12月6日(木)10:00-12:30に丸の内・銀行倶楽部で、国際大学グローコムの「研究協力委員会12月会合」が開催され、「日本企業の国際化は進んだが、はたして企業はグローバル化したか」というテーマについて、小林規威慶応大学名誉教授と生田章一丸紅顧問がスピーカーとしてプレゼンを行い、國領二郎慶応大学教授がモデレーターとして司会役を勤めた。

最初に、小林教授が日本の代表的な企業について国際化の程度と経営パフォーマンスの水準との関係を検討した上で、注意深く準備がなされないならば国際化は必ずしも経営パフォーマンスの改善を意味せず、したがって重要なのは経営者が刻々変化するビジネス状況にフレキシブルに対応する一方で、国際化の過程で経営パフォーマンスを改善するために十分努力すべきことを指摘。

それに続いて、生田氏は日本の代表的な商社が最近「ビジネスモデル」を根本的に転換して、従来型の「商社機能」よりは、「投資」を中心に置いた戦略をグローバルに展開し、キャッシュフローベースのビジネスを成功させたこと、そしてこのビジネスモデルの転換が最近のグローバルな経済に変化のペースにうまく適合したことを強調した。

國領教授は、アジアの市場やビジネスの急速な変化に言及した上で、最近の日本企業の行動やパフォーマンスの変化を理解するためには、日本のビジネスを取り巻くグローバルな環境の変化についての説明がもっと必要ではないかという問題提起を行った。それに続く質疑応答では、小林陽太郎国際大学理事長が口火を切って、国際化のための人的資源の問題とビジネス教育の有効性について活発な議論が展開された。

今回の研究会は非常に興味深く刺激的で、スピーカーと参加者から多くの重要な問題が提起されたが、国際化やグローバル化の過程で日本企業が実際に直面する問題に対して意味のある答えを見出すためには、さらに議論を深める必要があると感じられた。
なお、小林教授と生田氏の著書と論文については以下を参照。
参考:References
小林規威『日本の国際化企業』中央経済社(2007年5月)
http://bookwebpro.kinokuniya.co.jp/wshosea.cgi?W-NIPS=998203992X
小林規威「日本企業の国際化と経営パフォーマンス」(2007年5月14日)
http://www.glocom.org/sum_ja/past_heigh/indexj070514.html
生田章一「日本から見た中国経済の発展と課題」(2007年10月16日)
http://www.glocom.org/sum_ja/past_heigh/indexj071016.html

Prof. Noritake Kobayashi (Emeritus Professor, Keio University) and Mr. Shoichi Ikuta (Corporate Advisor, Marubeni) made presentations on "whether Japanese business is globalized in the true sense," moderated by Prof. Jiro Kokuryo (Keio University), at the December meeting of GLOCOM's Quarterly Seminar Series (Kenkyu Kyoryoku Iinkai), which was held at Ginko Kaikan in Marunouchi on December 6(Th), 10:00-12:30.

First, Prof. Kobayashi examines possible relations between the degree of internationalization and the level of business performance for Japan's representative corporations, and concludes that internationalization does not necessarily mean a better business performance, unless careful preparations are made. Therefore, it seems essential for management to be flexible in responding to ever changing business conditions, while trying to improve business performance in the process of internationalization.

Next, Mr. Ikuta emphasized the fact that Japan's general trading companies recently became quite profitable on the cashflow basis due to a radical change in its "business model" from traditional trading houses to more investment-oriented companies, a change which has turned out to fit perfectly the rapid pace of globalization for the last few years.

Prof. Kokuryo commented, by mentioning rapidly changing markets and businesses in Asia, that more explanations might be needed as to what has been happening in the business environment surrounding Japanese companies for the last few years in ordert to understand recent changes in Japanese business behavior and performance. Discussions on the floor, initiated by Mr. Yotaro Kobayashi (President, IUJ), focused on human resource development and business education in Japan.

While it was an extremely interesting and stimulating seminar with many important issues raised by the speakers and the audience, more indepth discussions are needed to find any meaningful answers to the problems that Japanese businesses are actually facing in the process of internationalization/globalization.
References
Noritake KOBAYASHI "Internationalization and Business Performance of Japanese Corporations"
http://www.glocom.org/opinions/essays/20070514_kobayashi_international/
Shoichi IKUTA "Recent Economic Development in China from Japan's Viewpoint"
http://www.glocom.org/opinions/essays/20071016_ikuta_recent/
スポンサーサイト
  1. 2007/12/06(木) 16:09:37|
  2. 情報発信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<バイオリンを弾くロボット出現:New Robot Playing Violin | ホーム | 六本木ヒルズにゲーテ店が出現:German Shop@Roppongi Hills>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glocom.blog59.fc2.com/tb.php/517-c38b56b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

グローネコ

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。