情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本の官製住宅不況:Housing Slump Due to Bureaucracy

日本の官製住宅不況:Housing Slump Due to Bureaucracy

マクロ経済に悪影響:Negative Effect on Macroeconomy

よく知られているように、このところ日米両国とも住宅着工件数が落ち込み、日米のマクロ経済全体に影響を与え始めているようにみえる。本日の「Japan Times」の記事(下のリンク参照)で指摘されているように、実は住宅市場低迷の背景は、日米でまったく異なっている。
米住宅市場の落ち込みの背景はサブプライム・ローン危機であるのに対して、日本では6月20日に成立した「改正建築基準法」の実施が原因で、それが住宅着工件数の減少に大きく寄与しており、現時点で住宅着工の絶対数が1年前の半分程度にまで落ち込んでいる。建築基準の規制強化は、「姉歯事件」のように住宅やマンション建設のための耐震データの改ざんが繰り返されないようにという一般の強い要求に基づいてなされたものであるが、そこにいくつかの落とし穴があった。(1)モラルの問題を強調しすぎる一般の過剰反応によって、住宅建設に対して必要以上に厳しい規制を課したこと、および(2)担当の官僚のお役所仕事と責任回避の態度が、改正された法律の迅速な執行を妨げ、市場での取引を抑制していることが問題である。
住宅は一国経済の大きな部分を占めているので、このような住宅市場の低迷がこれ以上長引くことは望ましくない。もし長引けば、本日の「Bloomberg News」の記事のタイトルにあるように「日本の再規制により官製不況が小泉時代からの好況を終わらせる危険性」が高まるといえよう(下の「Reference」参照)。
Article:
"Japanese Housing Slumps Into Legal, Moral Quagmire"
The Japan Times (11/26/2007)
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nb20071126jp.html
Reference:
Bloomberg News (11/26/2007)
"Kanseifukyo Threatens Koizumi Prosperity as Japan Re-Regulates"
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601080&sid=aoZ1Mc8y2IAQ&refer=asia

As is well known, housing starts have recently declined both in the U.S. and in Japan, seemingly affecting the macroeconomic performance of the both countries. However, the backgrounds for the housing decline are totally different between the two economies, as explained in today’s Japan Times article (see the link above).
While the subprime mortgage crisis is behind the U.S. housing decline, the implementation of the “revised building standards law,” which took effect on June 20, appears largely responsible for the sharp drop in Japan’s housing starts, now about a half in absolute number compared to a year ago. Japanese building standards were strengthened, because of a public outcry to avoid the repetition of possible fabrication of quake-resistance data for building housing and condominiums, known as the “Aneha incident.” Here, the problems are: (1) public overreaction, demanding too high a moral standard, tends to result in too stringent regulations in the market, and (2) bureaucratic inefficiency and conservatism prevent the prompt implementation of revised laws, thus depressing market transactions.
Since housing is a large component of the nation’s economy, it is only hoped that the decline in the housing market will not last too long. Otherwise, Japan’s macro economy might well go down to a deep slump, as suggested in today’s Bloomberg News article, “Kanseifukyo (meaning “bureaucratically created recession”) Threatens Koizumi Prosperity as Japan Re-Regulates” (see the reference above).
スポンサーサイト
  1. 2007/11/26(月) 11:49:57|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カリフォルニア住宅事情:Housing Situation in California | ホーム | 晩秋の風景@つくばII:Late Fall Scenes in Tsukuba II>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glocom.blog59.fc2.com/tb.php/508-89419abf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。