情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ディズニーが携帯市場参入へ:Disney to Enter Keitai Market

ディズニーが携帯市場参入へ:Disney to Enter Keitai Market

若者市場を席巻するか:To Take Over Japan's Youth Market?

本日のウォール・ストリート・ジャーナル(下のリンク参照)によれば、ウォルト・ディズニーが来春ソフトバンクから回線を借りて日本の携帯市場に参入する計画であるとのこと。これはディズニーが自分のアニメなどのコンテンツのブランド力を日本で活用する重要なステップであると同時に、ソフトバンクにとっても回線を貸すことで利益のベースを拡大するというプラスがある。明らかに、ディズニーにとって、全国に張り巡らされたソフトバンクの携帯ショップを通じて携帯電話端末やサービスを提供できるメリットは非常に大きいといえるであろう。
ディズニーの参入は、現在3大キャリアによって支配されている日本の携帯市場での競争を高めることは確実である。ディズニーのブランド力は世界中でも日本国内でも圧倒的に強く、日本の若者向きの携帯市場セグメントを席巻する日も遠くないといえよう。そことタイアップするソフトバンクは日本の若者の間で急速に人気が高まっていることもあり、そのような戦略をディズニーが積極的に取る可能性が高い。その際に、すでにここ1年ほどポータビリティのために他の2社に顧客を奪われているNTTドコモが最大の敗者になると思われる。
望むらくは、このような動きが、グーグルやアップルなどからの間接的な競争とともに、日本の携帯電話産業の再活性化とグローバル化をもららすことが期待される。日本の携帯産業は、海外でグローバルに成長する携帯ビジネスの状況に鑑みて、あまりに低迷しており内向きになっているからである。
Article:
"Disney Aims to Take On Japan's Cellphone Market"
The Wall Street Journal (11/12/2007)
http://online.wsj.com/article/SB119476987045189243.html?mod=googlenews_wsj

According to the Wall Street Journal (see the link above), Walt Disney Co. plans to enter Japan's cellphone market next spring by using the phone network owned by Softbank Corp. While this would certainly an important step to utilize the brand power of popular animated content for Disney, Softbank could also benefit from leasing its communications network to expand its profit base. Obviously, it would be a great advantage for Disney to be able to sell its phones and services through Softbank's nationwide cellphone stores.
Disney's entry would certainly intensify competition in the Japanese cellphone market which is currently dominated by the three giant companies, because Disney's brand power is so outstanding around the world and in Japan in particular, and could completely take over the market segment for the Japanese youth in the near future. Its tieup with Softbank, which is rapidly gaining popularity among Japanese younger generations, seems likely to adopt such a strategy in an aggressive fashion. The biggest loser might well be NTT Docomo, which has already been losing its customers to the other two carriers due to the portability arrangement for the last year or so.
Hopefully, all this move, along with indirect competition from Google and Apple in the cellphone field, would lead to revitalization and globalization of the Japanese cellphone industry, which might be regarded as stagnant and inward-looking, compared to globally expanding cellphone businesses outside Japan.
スポンサーサイト
  1. 2007/11/12(月) 14:00:51|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今週注目のグロッサーマン論文:This Week's Glosserman Paper | ホーム | 海外特派員協会でのライブ・ジャズ:Live Jazz@FCCJ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glocom.blog59.fc2.com/tb.php/494-f9c1f675
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

グローネコ

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。