情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小沢氏辞意撤回:Ozawa Withdraws Resignation

小沢氏辞意撤回:Ozawa Withdraws Resignation

揺らぐ日本のリーダーシップ:Japan's Leadership Questioned

すでに広く報道されているように、小沢民主党党首は仲間から説得を受けて党首辞任を思いとどまった。彼が辞意を表明したのは、自民党との連立案が民主党の幹事会で否決されたことを自らに対する不信任と感じたからとのことであったが、結局辞任は撤回された。
今回の件は、当然のことながら海外においては、BBCニュース(下のリンク参照)にもあるように「日本における一連の政治危機の一幕」と見られている。前回は安倍首相辞任、今回は小沢辞意表明と、日本のリーダーシップに疑問が投げかけられてもしかたがない展開である。さらに今回の騒動は日本の国内問題にとどまらず、国際的および地域的安全保障問題に大きな意味を持っている。なぜなら、大連立が話し合われた福田小沢会談の中心的な話題が、アフガニスタン対テロ対策法についてだったからである。
小沢氏が元の鞘に納まり、今回の騒動を後にして、前向きになったとすれば、ぜひ国内問題および外交問題で与野党が十分に対話し協力して日本の政治を前進させてもらいたいものである。
Article:
"Japan Opposition Leader 'To Stay'"
BBC News (11/06/2007)
http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/7080971.stm

It is widely reported that Ichiro Ozawa, head of the Democratic Party of Japan (DPJ), has withdrawn his resignation after being persuaded by his colleagues. Earlier he offered his resignation as DPJ president because he felt that his leadership was denied when his proposal to join a grand coalition with the ruling Liberal Democratic Party (LDP) was vetoed by his colleagues.
To the outside world, this should look like "the latest of a series of crises to hit Japanese politics," as expressed in this BBC News article (see the link above). In fact, it is a shame to have this kind of "personality crises," last time Abe and this time Ozawa, overshadowing political leadership in Japan. Furthermore, the current crisis is not limited to the sphere of domestic politics, but should have significant implications on international and regional security matters, as the Afghan anti-terrorism law was a focal point for the discussion of a possible grand coalition between Ozawa and Fukuda at their ill-fated meetings.
Now that Ozawa is back as head of the DPJ, leaving the unfortunate episode behind, Japanese politics will hopefully move forward, not backward, to lead to fruitful dialogue and cooperation between the ruling coalition and the opposition on domestic as well as foreign policy matters.
スポンサーサイト
  1. 2007/11/07(水) 23:55:02|
  2. 時事解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今週注目の飯沼論文:This Week's Highlight Iinuma Paper | ホーム | 日米関係セミナー@TUJ:TUJ Seminar on Japan-US Relations>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glocom.blog59.fc2.com/tb.php/489-98f15403
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

グローネコ

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。