情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

情報発信セミナー10月例会:Platform Seminar Oct. Meeting

情報発信セミナー10月例会:Platform Seminar Oct. Meeting

日本政治と中国経済:Japanese Politics & Chinese Economy

2007年10月17日、15:30-18:00、GLOCOMホールにて開催:
サム・ジェームソン氏と生田章一氏のプレゼン
Mr. Jameson 7.10.17Jameson8.jpg

生田章一氏:Mr. Shoichi Ikuta (Corporate Advisor, Marubeni)
7.10.17Ikuta1.jpg

10月17日(水)に国際大学グローコムで「情報発信セミナー10月会合」が開催された。最初のスピーカー、サム・ジェームソン氏(ジャーナリスト、日本専門家)は「日本政治の過去、現在、未来」についてプレゼンを行い、その中で彼自身が作成した日本の戦後の総理大臣の系譜や国会における選挙後の会派別所属議員数の推移などのデータを示した。
ジェームソン氏の結論の一つは、衆参院のねじれ現象という現在の政治的混乱を是正するためには、民主党に衆議院で多数を取らせたほうが、10年以上かけて自民党を参議院で多数党に復活させるよりも容易であり手っ取り早いということであった。さらに、いったん政権が自民党から民主党に移るならば、政権交代を頻繁に行なう二大政党制が出現する可能性よりも、民主党が当分の間政権を担当するようになる可能性が高いということもサム・ジェームソン氏が強調した結論であった。
次のセッションでは、生田章一氏(丸紅顧問)が、WTO加盟以降の中国経済の発展と経済大国化、および日本から見た注意点についてのプレゼンを行なった。
生田氏が強調したポイントの一つは、日本の代表的な商社が最近「ビジネスモデル」を根本的に転換して、従来型の「商社機能」よりは、「投資」を中心に置いた戦略をグローバルに展開し、キャッシュフローベースのビジネスを成功させたこと、そしてこのビジネスモデルの転換が最近の中国の急成長のペースにうまく適合したことであった。
生田氏のより詳細な議論の要旨は、「情報発信プラットフォーム」に掲載された生田氏の論文(下のリンク)を参照。
参考:References
Global Communications Platform (10/16):
生田章一「日本から見た中国経済の発展と課題」
http://www.glocom.org/indexj.html
Shoichi IKUTA "Recent Economic Development in China from Japan's Viewpoint"
http://www.glocom.org/opinions/essays/20071016_ikuta_recent/

The October meeting of the Global Communications Platform Seminar was held at GLOCOM on 10/27. First, Mr. Sam Jameson (Journalist, Japan Specialist) gave a talk on the past, present and future of Japanese politics. He showed a comprehensive set of data that he himself compiled about the history of Japan's premiership and election results in terms of party seats in the Diet.
One of his conclusions was that it would be easier and faster for Japanese voters to overcome the current political chaos if they give a majority to the DPJ (Democratic Party of Japan) in the Lower House, rather than trying to put the LDP back in power in the Upper House, which would take at least three elections, meaning more than a decade. And he said that once power is shifted from the LDP to DPJ, it would seem more likely that the DPJ could stay in power for a long time rather than having the two-party system with the LDP and the DPJ alternating in power frequently.
In the second session, Mr. Shoichi Ikuta (Corporate Advisor, Marubeni) presented his view on China's economic development, especially after its accession to the WTO. One of his key points was the fact that Japan's general trading companies recently became quite profitable on the cashflow basis due to a radical change in its "business model" from traditional trading houses to more investment-oriented companies, a change which has turned out to fit perfectly the rapid pace of China's economic development for the last several years.
A more detailed argument of Mr. Ikuta can be found in his recent paper posted on the Global Communications Platform (see the link above).
スポンサーサイト
  1. 2007/10/17(水) 23:37:38|
  2. 情報発信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フルブライトメモリアル基金で講演:Lecture on FMF Program | ホーム | 北京五輪に関するフォーラム:Forum on Beijing Olympics>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glocom.blog59.fc2.com/tb.php/468-9f7afea6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。