情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

欧米との貿易摩擦再訪:Trade Tensions with the West Revisited

欧米との貿易摩擦再訪:Trade Tensions with the West Revisited

WTOでの中国の政策への批判:WTO Review on China's policy

「International Herald Tribune」の記事(下のリンク参照)によれば、WTO市場開放委員会において中国の貿易政策をめぐり摩擦が表明化したとのことで、日米欧の代表が中国のWTOへの6年前からの約束を守っておらず、この委員会での説明にも十分答えていないと批判している。特に、米国は中国が原料の輸出を制限し価格を操作しているために、中国企業に比べて米国企業が不利な立場に置かれていると主張。また日本はエレクトロニックス製品への関税が高すぎること、またEUは化学や薬品などの外国製品の輸入を中国が不当に制限していることを非難している。
これに対して、中国側はこのWTOの市場開放委員会が、もともと中国がWTOに約束していない問題まで取り上げることは不適当と主張した。しかしここで中国が考慮しなければならないのは、欧米市場が中国からの安価な輸入品で溢れており、それとともに中国の膨大な外貨準備が最近欧米の重要産業に自由に投資されている一方で、中国自身は欧米企業の進出に対して市場を部分的にしか開放していないことからくるフラストと不満が大きくなっていることである。したがって、中国はこの摩擦が政治的に拡大して手がつけられなくなる前に、必要な対応策をとるべきであろう。
この問題については、現実の日本の状況は欧米と多少異なり、日本と中国の経済関係は欧米と中国の関係よりも貿易面および投資面で相互依存的かつバランスがとれている。そのために日本の中国に対する経済関係上のフラストは欧米ほど大きくないように見える。しかも日本は戦後の成長期に欧米諸国と同様の貿易摩擦を経験したことがあるので、今回の摩擦問題を解決に導くような仲介役になることも考えられる。そうすることは、福田首相のアジア政策の方向とも一致するのではないだろうか。
Article:
"US, EU, Japan Press China at WTO over Promises to Open Markets"
International Herald Tribune (10/15/2007)
http://www.iht.com/articles/ap/2007/10/15/business/EU-FIN-ECO-WTO-China.php

According to a report in International Herald Tribune (see the link above), tensions flared up during a review of China’s trade policies at the WTO’s Market Access Committee, where China only partially responded to questions posed by the US, the EU and Japan, whose representatives criticized China about its failure to live up to the promises its made when it joined the WTO six years ago. In particular, the US is accusing China of restricting exports and manipulating prices on raw materials, which tend to give Chinese manufacturers a competitive advantage over American companies. Japan complained about China’s high tariff rates on some electronics products, whereas the EU pointed out China’s unfair restrictions on its import of chemical, pharmaceutical and other foreign-made products.
In response, China argued that the WTO’s Market Access Committee was not an appropriate place to examine various issues, which China claimed were not part of its WTO commitments. However, what China should realize is the high degree of frustration and dissatisfaction that Western countries are feeling about the fact that China has been flooding their markets with its cheap exports and accumulating massive foreign reserves which China is now investing in their key industries freely, while only partially opening up its own market to them. Therefore, China should take necessary steps to ease this tension as soon as possible, before it blows out of proportion in the political context.
In this context, Japan’s actual position is somewhat different from the Western countries, as the economic relationship between China and Japan is more interdependent and more balanced in trade and investment than that between China and the US or the EU. As a result, the level of frustration on the part of Japan seems not as high as that of the Western countries. Therefore, Japan might as well act as a mediator or moderator to help resolve this kind of tensions and disputes, which Japan has once experienced with the US and the EU in its own post-war economic development. That would be also in line with Prime Minister Fukuda’s foreign policy agenda for Asia.
スポンサーサイト
  1. 2007/10/16(火) 11:43:26|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<北京五輪に関するフォーラム:Forum on Beijing Olympics | ホーム | 十戒より有名な物:Better Known Than Ten Commandments>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glocom.blog59.fc2.com/tb.php/466-3f976079
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。