情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アジアで失敗の可能性:Possibility of Failure in Asia

アジアで失敗の可能性:Possibility of Failure in Asia

福田アジア外交の問題:Problems in Fukuda's Asia Policy

福田首相は日本政府がミャンマーへの援助の少なくとも一部の差し止めを考えると述べたことが本日新聞で報道されている(下のリンク参照)。それはミャンマー政府が日本のジャーナリスト殺害事件について満足のいく扱いをしていないからである。福田首相の発言は、前日に高村外相がミャンマーにおける公共施設建設のための5億5千万円の援助計画をキャンセルするという声明を出したことに次ぐものである。しかしそれと同時に、福田首相は、援助停止のような措置は、ミャンマーへの援助が人道的な性格をもっているので十分注意して行う必要があるとも言っている。
このようなどっちつかずの発言こそ、福田首相が得意としているはずのアジア政策で直面しているジレンマを象徴している。実際にジレンマはミャンマーに対してだけでなく、北朝鮮に対してもますます明確になりつつある。なぜなら米国が日本の拉致問題が解決したかどうかにかかわれず、北朝鮮のテロ国家指定を解除するのは時間の問題だからである。もしそうなったら福田首相はどうするのであろうか。政治的に何かをしなければならないが、実際に出来ることは限られていると言わざるをえない。
多くの専門家が福田首相の抱える問題点は、年金や農業問題のような国内政策の分野であり、またインド洋での反テロ活動支援のような日米関係の分野ではないかと主張してきた。しかし今や日本にとって世界のどこよりも緊急な問題が起こっているアジアに対する外交政策の分野で、福田首相が失敗する可能性が出てきたといえよう。
Article:
"Fukuda Says Japan Should Consider Cutting Myanmar Aid"
Bloomberg.com (10/03/2007)
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601101&sid=a7B3jFwjk9qc&refer=japan

It is reported in the newspaper (see the link above) that Prime Minister Fukuda said the Japanese government should consider cutting at least some aid to Myanmar, because the Myanmar government's handling of the killing of a Japanese journalist is not satisfactory at all. His statement came one day after Foreign Minister Komura's announcement on cancellation of plans to give about 550 million yen to build some public facilities in that country. At the same time, however, Prime Minister Fukuda added that we should "carefully consider" such a measure because of the humanitarian nature of Japanese aid to Myanmar.
In such an ambivalent statement, we can see the dilemma that Prime Minister Fukuda is facing in the field of foreign policy, especially toward Asia, which is often regarded as one of his strong points, compared to the former Koizumi-Abe administrations. In fact, the dilemma is not just with Myanmar, but has now become apparent in dealing with North Korea, as the US is said to be on the verge of agreeing with North Korea on the cancellation of labeling that country as a terrorist nation, regardless of whether the abduction issue with Japan is resolved or not. If that happens, what would Mr. Fukuda do? He would have to do something politically, but it is not clear at all what he could ever do in that kind of situation.
Many observers have pointed out that Mr. Fukuda's weaknesses are in the area of domestic policies such as public pension and agricultural problems as well as Japan-US relations such as anti-terrorism activities in the Indian Ocean. However, it is now a distinct possibility that Prime Minister Fukuda could fail in his Asia policy, as more urgent problems relevant to Japan are unfolding in Asia than anywhere else.
スポンサーサイト
  1. 2007/10/04(木) 23:54:00|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今週注目の木下論文:This Week's Highlight Kinoshita Paper | ホーム | 福田政権の将来@FCCJ:Future of Fukuda Administration>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glocom.blog59.fc2.com/tb.php/450-d16b7336
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

グローネコ

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。