情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

派閥政治への回帰か?:Back to Old Factional Politics?

派閥政治への回帰か?:Back to Old Factional Politics?

福田氏の手法への批判:Criticism Against Fukuda's Method

自民党新総裁の福田氏は、党の主要ポストに4人のベテラン政治家を起用し、半年以内に起こる可能性が高い衆院選に万全の備えを固めつつある。この4人、つまり伊吹幹事長、谷垣政務会長、二階総務会長、古賀選挙対策委員長は、すべて今回の総裁選で福田氏を推した派閥の領袖であることから、福田政権では、改革を進めた小泉・安倍政権下で「死んだ」と思われていた伝統的な派閥政治を復活させようとしているという批判も出ている。本日の「The Japan Times」の記事(下のリンク参照)もこのような自民党や福田氏に批判的な意見を反映したものになっているといえる。
他方、福田氏自身はすでにこのような批判に答えて、「適材適所で人材を起用している」と述べており、外国のミディアはおおむね福田氏の説明を受け入れているようにみえる。例えば、「International Herald Tribune」では、福田氏が古い派閥政治を復活させようとしているといった批判ではなく、今回登用された4人の政治家は、国内政策でも外国政策でも福田氏と「ハト派」のスタンスを共有しているという点を強調している。
いずれにせよ福田氏の意図は明確で、手ごわい小沢民主党党首を国会と次の選挙で相手にして戦うために党内に残っている新旧すべての勢力を結集して自民党を立て直そうとしており、そのために自分の直感と経験に基づいてベストを尽くしているようにみえる。しかしながら、はたして自民党の復活のために福田氏の努力で十分か、また福田氏のやり方は結局は有権者の支持を失うのではないかという疑問が残るといえよう。
Article:
"Fukuda Rewards Key Supporters: Top Posts in LDP Go To Faction Leaders"
The Japan Times (9/25/2007)
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nn20070925a1.html
Reference:
"Fukuda Fills Key Posts in Japan’s Liberal Democratic Party"
International Herald Tribune (9/24/2007)
http://www.iht.com/articles/2007/09/24/news/japan.php

Mr. Yasuo Fukuda, new LDP president, picked four veteran politicians for the party’s top posts in preparation for the Lower House election, which is most likely to take place within the next six months or so. Those four heavyweight politicians, Mr. Ibuki for the Party Secretary General, Mr. Tanigaki for the Policy Research Council Chairman, Mr. Nikai for the General Council Chairman and Mr. Koga for the Election Strategy Committee Chairman, are all heads of faction leaders that supported Mr. Fukuda in the LDP presidential race. Therefore, there is some criticism that the Fukuda administration may be reverting to the traditional faction-based politics, which has been considered “dead” under the reform-minded Koizumi-Abe administrations. The Japan Times article (see the link above) reflects this wide-spread sentiment among those who are critical of the LDP in general and Mr. Fukuda in particular.
On the other hand, Mr. Fukuda himself already responded to this criticism by saying that “I chose the four, because they were the right people for the positions.” It seems that the foreign press generally accepts this explanation, and emphasizes the fact that those four leaders are “dovish,” implying that they share a moderate stance with Mr. Fukuda regarding domestic reform as well as foreign policy agenda, rather than criticizing the old factional politics that Mr. Fukuda might try to restore (for example, see the International Herald Tribune article in the Reference above).
At any rate, Mr. Fukuda’s intention is quite clear in that he tries to rebuild his party by consolidating all the powers, whether new or old, that are still remaining within the party in order to compete and deal with seemingly invincible Ichiro Ozawa, Democratic Party leader, in the Diet and in the next Lower House election. In this respect, Mr. Fukuda seems to be doing his best, based on his political instinct and experience. But the question remains whether his best is good enough to save the LDP and whether his way of doing things will alienate Japanese voters after all.
スポンサーサイト
  1. 2007/09/25(火) 11:08:11|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<9月会合:"Japan in Context": September Meeting | ホーム | 森元首相が国連に出席: Former PM Mori attended UN>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glocom.blog59.fc2.com/tb.php/444-12a24611
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

グローネコ

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。