情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

櫻井よしこの最新著:Yoshiko Sakurai's Newest Book

櫻井よしこの最新著:Yoshiko Sakurai's Newest Book

『日本よ、勁き国となれ』:"Japan Be A Strong Nation" (2007)
http://www.jbook.co.jp/p/p.aspx/3397590/s/

本書は櫻井よしこが最近雑誌に投稿した論文を集めたもので、内容は公務員改革や教育改革といった国際問題から歴史問題や北朝鮮問題といった国際問題まで幅広いテーマに及んでいる。
著者のスタンスはこの本の「はじめに」に明確に書かれている。それによると、米国が徐々にその力を失っている一方で、中国はアジアでのプレゼンスと影響力を急速に高めており、特に日本に対して「狡猾な手法」を使い、歴史問題をあげつらって日本を同義的に孤立させ、米国内で反日的な運動を盛り上げて日米関係を弱体化させようとしているという。最近の日本の「慰安婦問題」に関する米上院の決議はその一例。また、米国は日本よりも中国への支持に傾き始めているうようであるが、それは米国政府高官が中国の真意を理解していないからである。したがって、日本は自分の国の原則や価値をはっきりと主張する勇気を持つ強い国になるべきで、それによって逆境を乗り切り、21世紀の世界をリードすべきというのが著者の結論である。
この本を読んで抱いた印象は、著者が日本のナショナリストというよりも、強硬な反共主義の評論家で、それは著者のバックグラウンド、つまりベトナムで生まれ、ハワイで教育を受け、「クリスチャン・サイエンス・モニター」紙東京支局勤務の後に、東京のテレビニュースキャスターになったという経歴が物語っているといえるのではないか。
参考:Reference
櫻井よしこのホームページ:
http://www.yoshiko-sakurai.jp/

This book is a collection of the articles that Yoshiko Sakurai recently published in various magazines. Her interests are wide-ranging, from such domestic issues as the bureaucratic reform and the education reform to such international problems as the history issues and the North Korea problem.
Her stance is clearly expressed in the introductory part, where she maintains that the US is gradually losing its power, whereas China is rapidly increasing its presence and influence in Asia. In particular, she emphasizes that China has adopted “shrewd tactics” to isolate Japan morally by publicizing the history issues and to weaken the Japan-US relationship by organizing anti-Japanese movements within the US, where the recent Senate resolution on the “comfort women" problem is a result of such movements. She also points out that the US may appear to be leaning toward China, rather than Japan, possibly due to the lack of knowledge about China’s intension on the part of US officials. Therefore, she concludes that Japan should be strong and have courage to speak out and insist on its principle and values for the purpose of overcoming adversity and leading the world in the 21st century.
Having read this book, I had an impression that Yoshiko Sakurai mmay be a hard-core anti-communist opinion leader, rather than a pure Japanese nationalist, as indicated by her background, that is that she was born in Vietnam, educated in Hawaii and worked as a journalist at the Tokyo bureau of Chiristian Science Monitor, before becoming a TV newscaster in Tokyo.
スポンサーサイト
  1. 2007/08/05(日) 22:50:10|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<若者のIT利用-日本対中国:IT for Youth-Japan Vs. China | ホーム | 日本発の業務制御技術:GYOMU Control Technology from Japan>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glocom.blog59.fc2.com/tb.php/392-e5993f8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。