情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中国への日本米輸出の意味:Japan's Rice Export to China

中国への日本米輸出の意味:Japan's Rice Export to China

農業の再生につながる?:Step Toward Agricultural Revival?

日本でも広く報道されているように、日本米が中国に輸出され、特に新潟のコシヒカリと宮城のヒトメボレが北京や上海の高所得者層をターゲットに販売されるという。この件は中国の「人民日報」でも報じられているが(下のリンク参照)、多少重点が違っている。それによると、中国が日本米を輸入する一方で、日本は2005年以来始めて中国産の畳の輸入を再開する。そして、中国の品質検査当局のトップの言葉を引用して、中国は常に食品の品質について重要性を認識しており、日本の公式統計によると「日本の食品安全検査当局がチェックした中国の食品の99.42%は安全基準をクリアした」と報道している。
このことは、日本米の中国への輸出が、4年間の中断の後になぜ今再開されたのかの理由を多少明らかにしているようにみえる。中国政府はこのところ問題になっている日米始め他の国への中国産食料品の輸出量の増加と質の低下に対する保護主義的な批判をかわすために、食料品に関する好ましい(少なくとも中立的な)ニュースを国際的に発信する必要を感じていたと思われる。また日本政府もその農業政策を正当化するために日本米の輸出を広く宣伝したかったのであろう。それによって7月29日の参議選で農業票を獲得したいという動機もあったと考えられる。
しかし真の疑問は、今回の展開が日本の農業を国際競争力あるものにする第一歩とみなせるかどうかということである。それはコメに関する限りは「ノー」といわざるをえない。もちろん他の農作物(例えば、ジャガイモやイチゴなど)は国際競争力を持ち得るが、コメに関してはあまりに日本の生産性が低くコストが高すぎる。日本政府は今回の中国での日本米販売促進のために5千万円を使ったようであるが、それよりももっと抜本的な農業政策が必要であることは確かであろう。
Article:
"China Begins Import of Japan Rice"
People's Daily Online (7/25/2007)
http://english.people.com.cn/90001/90778/6224243.html

It is widely reported in Japan that Japanese rice is now being exported to China, where two famous brands, Niigata Koshihikari and Miyagi Hitomebore will be marketed, mainly targeting affluent consumers in Beijing and Shanghai. This development is also reported in People's Daily with somewhat different emphasis from the Japanese media. It says that while China has started import of Japanese rice, Japan resumed its import of China's straws for the first time since 2005. It also emphasizes, by quoting the director of China's quality inspection agency, that China has always attached importance to the issue of food safety and Japan's official statistics showed that "99.42 percent of the Chinese food products examined by Japanese food quality authorities conform to standards."
This seems to reveal why Japanese rice is being sold in China now, after four years of interruption. Obviously the Chinese government needs to create some favorable, or at least neutral, news about food on the international scene in order to fend off protectionists' criticisms against the high volume and low quality of food imports from China to Japan, the US and other countries. Also the Japanese government may be interested in generating some publicity about rice export from Japan to justify its agricultural policy, possibly for the purpose of attracting farmers' votes in the 7/29 Upper House election.
However, the real question is whether this development can be regarded as a first step toward internationally competitive agriculture in Japan. The answer should be negative as far as rice is concerned, although some other kinds of agricultural products (e.g., potatoes and strawberries) may well be internationally competitive. This is because Japanese rice is just too expensive due to extremely low productivity on the part of rice farmers in Japan. Clearly, the Japanese government needs to adopt a more drastic agricultural policy than spending 50 million yen to help market Japanese rice in China.
スポンサーサイト
  1. 2007/07/27(金) 23:59:53|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<六本木ヒルズの「ドライミスト」:"Dry Mist"@Roppongi Hills | ホーム | 農民の支持も失う自民党:LDP Even Loses Some Farmers>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glocom.blog59.fc2.com/tb.php/383-3d304efd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本産コメの対中輸出販売 売れ行きは好調

4年ぶりに再開された日本産コメの対中輸出第一弾のうち、北京で販売された「新潟県産コシヒカリ」が11日までに売り切れた。
  1. 2007/08/12(日) 02:22:29 |
  2. ZunZunNews 気になるニュースレビュー

プロフィール

グローネコ

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。