情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

靖国参拝に関する社説:Editorials on Koizumi's Yasukuni Visit

靖国参拝に関する社説:Editorials on Koizumi's Yasukuni Visit

主要紙の間で割れる意見:Divided Opinions Among Major Newspapers

日本の主要新聞各紙は今朝の社説で小泉首相の靖国参拝問題を取り上げている。
予想されたように朝日と産経がこの問題についての両極の意見を提示して、朝日は「耳をふさぎ、目を閉ざし」という見出しで、また産経は「国の姿勢示した小泉首相」という見出しで社説を掲げている。またこれら2紙は、1面でも主張に近いニュースの見出しで自分たちの意見をキャンペーンしているのが目立つ。
それに対して、日経はもう少し控えめな扱いであるが、社説は「ひとりよがりの小泉首相靖国参拝」として批判的なトーンを打ち出している。
その意味では読売の社説がもっともはっきりせず、賛成でも反対でもなく煮え切らない。「『心の問題』だけではすまない」という一見批判的な見出しながら、その内容は批判ではなく、むしろ国立追悼施設の建設といった新しい追悼のあり方を議論すべきという提案が主である。
私にとって非常に興味深く参考になったのは、朝日の政教分離についての詳細なレポート(2、4面)で、日本の司法がこの難しい問題に対して最終的な判断を回避してきた経緯が説明されている。

Today all the major newspapers in Japan take up the issue of Prime Minister Kozumi's visit to Yasukuni Shrine in their editorial section.
As expected, Asahi and Sankei present two opposing views on this issue, the former putting up the headline "(Koizumi's) ears covered and eyes closed," while the latter praising Koizumi as "the prime minister showing Japan's posture." These two papers even devote their front pages to campaign their editorial opinions with value-loaded "news" headlines.
On the other hand, Nikkei's treatment of this issue is somewhat subdued, although its editorial with the headline "self-righteous prime minister's Yasukuni visit" is quite critical of Mr. Koizumi's handling of the issue.
In a sense, Yomiuri's editorial (see Reference below) is least interesting, as it is neither critical nor supportive. While its editorial headline "beyond the matter of conscience" sounds like a criticism against Mr. Koizumi, the editorial opinion itself is not. It is rather a proposal to discuss "a new way to mourn the war dead," such as the construction of a new national facility.
In my view, the most interesting and informative is Asahi's detailed reporting on the issue of separation between state and religion (on p. 2 and p. 4), where the Japanese judiciary seems to have avoided a final judgment on this difficult issue.
Reference:
Daily Yomiuri Editorial (8/16/2006):
http://www.yomiuri.co.jp/dy/editorial/20060816TDY04004.htm
スポンサーサイト
  1. 2006/08/16(水) 14:23:37|
  2. 紙評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<本田敬吉氏との対話:Dialogue with Mr. Keikichi Honda | ホーム | 小泉首相の靖国参拝:PM Koizumi's Visit to Yasukuni>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glocom.blog59.fc2.com/tb.php/35-9f10d932
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

グローネコ

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。