情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本は技術革新大国か?:Japan the Most Innovative Nation?

日本は技術革新大国か?:Japan the Most Innovative Nation?

意味を失う国のランキング:Nationa Rankings Less Meaningful

日本が中国を始め急成長する国に色々な面で追い抜かれることが多くなってきた昨今、欧米のメディアに「世界でもっとも革新的な国・日本」という見出しが載ったことは多少の驚きであった。実際、ほんの数日前に読んだ「Daily Yomiuri」に「国際競争力で中国が日本を追い抜く」という記事があり、IMDの国際競争力ランキングによると昨年日本は前年の16位から24位に落ちる一方、中国は18位から15位に上がって日中逆転が起ったとのこと。
この「Forbes」の記事でも、「中国は1360億ドルもR&Dに支出して総額では日本を追い越した」と述べられているが、それにもかかわらずこのEIU(Economist Intelligence Unit)の報告ではなぜ日本がトップなのかほとんど説明がなく、単に「小国のほうが有利」としか記されていない。この点で「Japan Times」の記事は、EIUの報告が革新の指標として1人当たりの数値(例えば、100万人あたりのパテント数など)を使っているために、日本は中国や米国のように人口が多い国よりも有利になると報じている。
事実、この「Japan Times」ではEIU報告にある他の重要な結果もレポートしているが、それはグローバルな企業の経営者の間で、たった2%だけが日本を革新にもっとも適した条件を備えた国と見ているのに対して、40%もの経営者が米国を、また12%がインドをもっとも革新に適した国と見なしているというものである。これらの結果は、国をランク付けすることは落とし穴が多く、結果を額面どおり取るべきでないということを意味している。急速にグローバル化する世界では、国のランキングの意味は希薄化しており、都市や地域のランキングや企業のランキングなどに比べるとそれほど重要でなくなってきているといえよう。
Article:
"Japan the World’s Most Innovative Country – Economist Intelligence Unit"
Forbes (5/16/2007)
http://www.forbes.com/technology/feeds/afx/2007/05/16/afx3725835.html
References:
"Japan Rated Tops for Innovation"
The Japan Times (5/17/2007)
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nb20070517a1.html
"China Overtakes Japan in Intl Competitiveness"
Daily Yomiuri (5/11/2007)
http://www.yomiuri.co.jp/dy/business/20070511TDY04005.htm

It is somewhat surprising to see a headline like “Japan the World’s Most Innovative Country” in the Western media, as Japan appears to be overtaken by China and other rapidly developing economies in many respects these days. In fact, just a few days ago we read an article entitled “China Overtakes Japan in Intl Competitiveness” in The Daily Yomiuri, reporting the well known IMD World Competitiveness Ranking, where Japan fell from 16th to 24th, whereas China moved up from 18th to 15th in terms of international competitiveness for last year
It is stated in this Forbes article that “with annual expenditure of 136 billion US dollars on R&D, China now outspends Japan,” but no explanation is given as to why Japan is ranked so high in spite of that fact, except by mentioning that “there is a small country advantage” in the current study by the Economist Intelligence Unit (EIU). In this regard, it is reported in the Japan Times article listed above that the EIU study uses various measures of innovation in per capita terms, such as the number of patents per million people, so Japan enjoys a definite advantage compared to more populous countries such as China and the U.S.
Actually, the Japan Times article also reports an important result in the EIU study that only 2 percent of global company executives saw Japan as having the best conditions for innovation, whereas 40 percent of them regarded the U.S. and 12 percent picked India as the most conducive place to innovate.” All this means that ranking countries is a tricky business, and we should not take it too seriously. We are living in a rapidly globalizing world and, therefore, it is becoming less meaningful to talk about ranking among countries, certainly less so than ranking among cities and regions or among business corporations.
スポンサーサイト
  1. 2007/05/17(木) 13:54:50|
  2. 時事解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<半分しかないか、半分まだあるか?:Half Empty or Half Full? | ホーム | 取引が細る米住宅市場:Declining Sales in US Housing Market>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glocom.blog59.fc2.com/tb.php/310-d5451ffe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

グローネコ

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。