情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロナルド・ドーア教授の新著: Prof. Ronald Dore's New Book

Prof. Ronald Dore Dore0.jpg

ロナルド・ドーア教授の新著: Prof. Ronald Dore's New Book

「誰のための会社にするか」:"For Whose Benefit the Corporation"
☆☆☆☆半(90点)
数日前にドーア先生よりメールで書中見舞いが届き、そこに新著の英文サマリーが付けられていた。この本については以前からドーア先生から直接にお聞きしていたが、ついに出版されたということで、本日購入して早速読んでみた(なお上の写真は、ドーア先生がこの本に関する研究と宣伝のためにGLOCOMでセミナーを行なった際に私が撮ったもの)。
その結果、これは日本のビジネスのコーポレート・ガバナンスに関してこれまで書かれたものの中でもっとも重要な本の一つであるという結論に達した。
事実、最近ではこのようなドーア教授の主張に賛同し、逆に株主が他のステークホールダーよりも重要とする主張を疑問視するビジネスリーダーが増えてきたように見える。ドーア教授が流行に逆らって自説をかたくなに守り主張してきた態度にはただ敬服する以外にない。

以下がこの本のイントロの最初の部分である。
『私がこの本の題として「誰のための会社にするか」を選んだのは、「本来あるべき姿」などないと思うからである。一人一人異なる個人の価値体系によって、「あるべき姿」の理想が違う。また実在する姿ーーつまり、各国ごとのコーポレート・ガバナンス・システムーーは、それぞれの国の歴史・文化によって形成されている。それぞれの国ごとに共有されている「一般常識」の上に、国内のさまざまな集団の利害関係ーー相異なる、多くの場合相対立する利害関係ーーの葛藤・妥協が積み重ねられた末の産物なのである。』

岩波書店のサイト(この本の解説、目次、著者メッセージ等掲載):
http://www.iwanami.co.jp/hensyu/sin/sin_kkn/kkn0607/sin_k309.html

A couple days ago I received season's greetings from Prof. Dore by mail, along with a summary of his new book, which I had heard about directly from him from time to time. Now that I bought and read it earlier today, I am convinced that this is one of the most important books ever published about corporate governance in Japanese business.
In fact, there are some indications that more and more business leaders are accepting Prof. Dore's position and rejecting the widespread view that favors stockholders over other stakeholders. His persistence in maintaining and developing the dissenting view deserves high praise and deep respect.

The following is from the introductory part of the book:
"In explanation of the title (literally 'for whose benefit should [the law] prescribe the corporation to be'), the preface explains that it was chosen to emphasize the fact that, contrary to most discussions of corporate governance, there is no model of an essential or proper form of capitalism which the law should embody. Company law in any country is the product of clashing domestic interests and values, within the framework of that country’s modal political values and cultural predispositions."
スポンサーサイト
  1. 2006/08/12(土) 16:30:37|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<つくばの夕立後の虹:Rainbow After Shower in Tsukuba | ホーム | またテロ計画発覚!: Terrorists' Plot Uncovered Again!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glocom.blog59.fc2.com/tb.php/31-eb81e87c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

グローネコ

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。