情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

低下する日本の競争力:Japan's Declining Competitiveness

低下する日本の競争力:Japan's Declining Competitiveness

中国に抜かれる日本:Japan Surpassed by China

IMDの世界競争ランキングによれば(下のリンク参照)、日本は昨年の16位から24位に下がり、そこで取り上げられている「マクロ経済」、「ビジネスの効率性」、「政府の効率性」、「インフラ」という4つのすべての分野で順位を下げた。
特に「高い法人税率」と「膨大な政府債務」が最悪で、日本の競争力を低下させる大きな要因となっている。
その結果、日本は国際競争力という点で、シンガポールや香港だけでなく、中国や台湾、さらにはマレーシアにも追い抜かれてしまった。このランキングは少しおかしく信じがたい面もあるが、日本としては世界経済における競争力を今後失っていく可能性についての警告ととらえるべきであろう。
参考:References
日経新聞(4/10):
中国の競争力、日本上回る・スイスの研究所調べ
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070509AT3S0900T09052007.html
IMD World Competitive Yearbook
Overall Scoreboard 2007
http://www.imd.ch/research/publications/wcy/upload/scoreboard.pdf

According to IMD World Competitive Yearbook 2007 (see the link above), Japan is ranked in the 24th place, down from last year's 16th place, as Japan has lost its position in all the four categories (macro economy, government efficiency, business efficiency and infrastructure) in question.
Especially, "high corporate taxes" and "huge public debt" are two of the worst factors that have contributed to the decline in Japan's competitive ranking.
As a result, Japan is now surpassed by Singapore, Hong Kong, China, Taiwan, and even Malaysia in terms of world competitiveness. Although this ranking seems odd and somewhat unbelievable, Japan should take it as a warning for possible deterioration of its competitive position in the global economy.
スポンサーサイト
  1. 2007/05/10(木) 23:59:31|
  2. 時事解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<米国とのFTAへの障害:Obstacles to FTA with U.S. | ホーム | 情報発信セミナー5月例会:Platform Seminar May Meeting>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glocom.blog59.fc2.com/tb.php/303-1589c89b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。