情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

依然好調な東京ディズニーランド:Still Booming Tokyo Disneyland

依然好調な東京ディズニーランド:Still Booming Tokyo Disneyland

地域ビジネスと確立したブランド:Localized Business & Famous Brands

日本や世界の経済が落ち込む中、国内一番人気の東京ディズニーランドは今年も記録的なビジネスで、このクリスマス・正月の期間もブームに沸いていると、APニュース(下のリンク参照)が報じている。東京ディズニーランドと隣接するディズニーシーを経営するオリエンタル・ランドは、今年度の売上を42億ドル程度と見込んでいるが、これは昨年度と比べると10%近くの増収になる。
このブームの理由は極めて明確で、ミッキーマウスに会うことの「便益・費用(B/C)比」が非常に高く、特に最近になるほど高くなっているからであろう。便益としては、この記事で引用されているように、顧客が「生活の心配や苦労を完全に忘れられる唯一の場所」であること、つまり厳しい現実から時折でも心理的に逃避することは、消費者の視点からは非常に「利益になる」ことといえる。費用としては、千葉県浦安のテーマパークに行くことは、車や家の購入や海外旅行と比べても、また東京で豪華な食事をすることに比べてさえも、それほど高いものではないと考えられる。
同様な理由で、売上が好調なものとしては、自宅用の豪華なグルメ食品(おせち料理など)、ゲーム機器やソフト(任天堂のWiiなど)、一部の地方の観光地(ニセコ・スキー場など)といった地域的ないし内向きの商品やサービスが目立っており、これらはより高価で満足度の低い他の娯楽の選択肢をあきらめた消費者をうまく引き付けることに成功したといえよう。この現象は、2つのキーワード、「地域志向ビジネスと確立したブランド」を浮き彫りにすることによって、経済危機の時代を生き残るビジネスが何かについてもヒントを与えてくれるようにみえる。実際に、ディズニーランドやニセコのように日本の若者にアピールする確立したブランドを持つビジネスに加えて、近郊農業やコンビニ店などが利益を上げている数少ないビジネスになっているのである。
Article:
"Tokyo Disneyland Enjoys a Recession Boom"
AP (12/25/2008):
http://www.google.com/hostednews/ap/article/ALeqM5hRVkNNSuP9jOZBH-y2FQKweQSDSgD959828O1

Japan’s busiest theme park, Tokyo Disneyland, has achieved another record year, enjoying booming business over the Christmas and New Year’s holiday season, despite dismal economic conditions in Japan and elsewhere, according to the AP news report linked above. The Oriental Land Co., which operates Tokyo Disneyland and its sister park, Disneysea, is forecasting record $ 4.2 billion sales for this fiscal year ending in March, up almost 10 percent from last fiscal year.

The reasons for this boom seem quite clear, as the “benefit-cost ratio” for meeting Mickey Mouse is extremely high, especially these days. On the benefit side, as quoted in this news report, park visitors might well say, “this is the only place where I can totally forget the economic worries and hardship of my life.” In other words, mental escape from harsh reality, at least once in a whole, can be very “beneficial” from the consumer’s viewpoint. On the cost side, visiting the theme park in Urayasu, China, is not so expensive, compared to spending money on cars, houses, overseas travel, or even dinning out in Tokyo.

For the same reason, brisk sales are now being reported on such domestically oriented goods and services as festive gourmet foods for home (like traditional “Osechi” food), game machines and software (like Nintendo’s “Wii”), some local resort areas (like “Niseko” ski resort), etc., which have successfully attracted those who gave up more expensive and less satisfying alternatives for pleasure. This phenomenon might offer some hints for survival in business during the current crisis period, as two key words emerge from the consumer’s behavior, that is, “localized business and well-established brands.” Actually, suburban agriculture and neighborhood convenience stores are among the few businesses still making profit, aside from well-known brands such as Disneyland and Niseko, appealing to young people in Japan.
スポンサーサイト
  1. 2008/12/25(木) 10:45:14|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。