情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

携帯のブランドとデザイン:Branding & Design in Keitai Business

携帯のブランドとデザイン:Branding & Design in Keitai Business

国際大学メンバーの参加:Participation of IUJ Members

スピーカー:(上)Ciferri、Koeder、Sugaiの3氏、(下)村上仁己氏
Speakers: Prof. Ludovico Ciferri, Mr. Marco Koeder & Prof. Philip Sugai
80228u.jpg

Mr. Murakami 80228v.jpg

国際大学(IUJ)浦佐キャンパスのメンバーの協力を得て、2月28日に六本木のグローコムのホールで、「携帯ビジネスにおけるブランドとデザイン」に関するセミナーが開催された。
まず、前半の英語でのセッションのスピーカーとして、国際大学のMocobeチームメンバーのLudovico Ciferri教授(IUJ)、Philip Sugai教授(IUJ)およびMarco Koeder氏(Cybermedia)に参加いただくとともに、後半の日本語でのセッションのスピーカー、村上仁己氏(成蹊大)も推薦していただいた。
前半のプレゼンでは、日本の携帯産業がキャリアによって支配されてきたこと、また日本の端末製造業者は国内では有名であるが、世界の市場ではまったくシェアもブランド力もないことなどが指摘され、今後はブランド力をつけて世界のニッチ市場にビジネス展開する可能性についても言及された。
後半では、携帯ビジネスにおいては、デザインは消費者によって重要視されてはいるものの、やはりコストや技術などの要因が優先する傾向が見られるという結論が強調された。
また参加者の多くは、携帯ビジネスに興味を持つIUJの学生たちで、プレゼンに熱心に耳を傾けるとともに、質疑応答のセッションでは積極的に質問して、活発な議論を展開した。同じ国際大学に属しながら、大学キャンパスの教授、研究者が学生のグループとともに六本木のGLOCOMを訪れて情報発信の活動に参加したことは、これが初めてで、実に意義深いイベントであった。今後とも協力関係を続けていきたい。
内容的にもブランドとデザインというテーマは非常に興味深いものなので、今後も情報発信のセミナーシリーズとして取り上げていくつもりである。例えば、国のブランドを考える「ナショナル・ブランディング」を取り上げるのも一案と思われる。このテーマについては、以下を参照:
参考:Reference
http://glocom.blog59.fc2/blog-date-20080228.html/

In coopertion with members of International University of Japan (IUJ)-Urasa Campus, we held a Platform seminar on "Branding and Design in Keitai Business" at GLOCOM in Roppongi on February 28.
In the first session, IUJ's Mocobe team members, Prof. Ludovico Ciferri (IUJ)、Prof. Philip Sugai (IUJ) and Mr. Marco Koeder (Cybermedia) in turn gave presentations, and in the second session, the speaker was Mr. Hitomi Murakami (Seikei University) , who was recommended by the Mocobe team members.
In the first session, it was emphasized that Japanese keitai business has been dominated by carriers, and Japan's handset manufacturers are well known within Japan, but have a very small share and no brand power in the world market. It is also mentioned that there exists a possibility of Japanese handset manufacturers to acquire brand power in some niche markets overseas in the future.
In the second session, it is concluded that while design is regarded by consumers as important, such key factors as cost and technology tend to dominate in determining consumer behavior after all.
Among the participants, there were a group of IUJ students, interested in keitai business, who asked questions and contributed to free discussions. This is the first time that IUJ professors, researchers and students visited GLOCOM to participate in a Platform seminar. Thus, it was a very meaningful event for IUJ as a whole, and we should continue doing this in the future.
Regarding the subject matter, branding and design are very interesting topics and we plan to pursue these topics in our seminar series. For example, it is an idea to take up the topic of "national branding" for our next seminar. For "national branding," see the following:
Reference:
http://glocom.blog59.fc2/blog-date-20080228.html/

Seminar Participants 80228w.jpg
スポンサーサイト
  1. 2008/02/29(金) 01:41:05|
  2. 情報発信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

グローネコ

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。