情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

国際P2M学会07年秋季大会報告:IAP2M Fall Conference Report

国際P2M学会07年秋季大会報告:IAP2M Fall Conference Report

9/28日本工業大学(神保町)にて:9/28@Nippon Inst. of Tech.

Introductory Address by Chairman Kunio Yoshida
吉田会長挨拶 IAP2MA11.jpg

Keynote Lecture by Tosei Electrobeam President Tamotsu Ueno
上野保東成エレクトロビーム社長の基調講演
IAP2MB12.jpg

東成エレクトロビーム社:日本語HP; http://www.tosei.co.jp/
Tosei Electrobeam: English HP; http://www.tosei.co.jp/english/

「国際プロジェクト&プログラムマネジメント学会」の2007年度秋季大会が、9月28日に日本工業大学・神保町キャンパスで開催された。
まず吉田邦夫学会会長の挨拶に続いて、上野保東成エレクトロビーム社長が「競争新時代の経営課題とイノベーション」というテーマで基調講演を行い、日本の製造業の国際競争力を維持し改善するために様々な技術分野の革新的な中小企業がネットワーク化することの重要性を強調した。
午後には、まず今年度の総会が開催され、そこで会員を増やし財政基盤を強化する必要性が認識された。
総会後に、「総合」「開発」「組織」「医薬」の4つのトラックごとにセミナーがあり、興味深い論文が発表された。特に「開発トラック」では、例えば山本秀男教授が「ナラティブアプローチとマンガ技法を用いた知識流通」というテーマで、「物語」や「マンガ」を使ってビジネス専攻の学生や社会人を教育した経験についてのプレゼンがあった。
「統合トラック」では、木下俊彦教授がグローバル経済の中での日本経営の課題のテーマを春季大会に続いて再び取り上げ、カイゼン中心からイノベーション中心のプロジェクトマネージメントへの移行が必要になっていることを強調した。
最後のワークショップのセッションでは、5人のパネリストの間で「プロジェクトマネジメント発想を取り入れた日本製造業の改革」について議論が行われ、いくか経営改革の具体例と今後の見通しについて興味深い意見が述べられた。
今大会全般を振り返ると、P2Mの中でも経営の改革やイノベーションの必要が広く認識されてきたことが印象的であった。
参考:国際P2M学会:http://www.iap2m.jp/

「開発トラック」での発表:Seminars on "Development Track"
山本教授:Prof Yamamoto IAP2MF12.jpg

湯野川氏:Ms Yunokawa IAP2ME11.jpg


The 2007 Fall Conference of IAP2M (International Association of Project & Program Management) was held at Nippon Institute of Technology, Jinbocho Campus, on September 28.
After Chairman Kunio Yoshida's introductory address, Tosei Electrobeam President Tamotsu Ueno gave a keynote lecture on "Managemetn and Innovation in New Competitive Era," where he emphasized the importance of networking small but innovative companies in various technological fields to maintain and improve the international competitiveness of Japan's manufacturing industries.
In the afternoon, this year's general meeting was held, where the need to increase the association membership and strengthen its financial base was recognized.
After the general meeting, there were a series of seminars on four tracks, namely, the "integration," "development," organization" and "medical" tracks. On the development track, there were a number of interesting papers: for example, Professor Hideo Yamamoto presented his experience of using "narrative and manga" materials to train students and adults in business major.
On the integration track, Professor Toshihiko Kinoshita revisited the issue of Japanese management in the global economy and suggested the need to adopt innovation-oriented project management, rather than kaizen-oriented project management.
In the final workshop session, discussions took place among five panelists about "reforming Japanese manufacturing by PM approach," and a number of examples and future prospects for management reform were presented.
The overall impression for the Fall Conference was the general recognition of the need for reform and innovation in management in the context of P2M.
Reference: IAP2M: http://www.iap2m.jp/english_index.html

「統合トラック」での発表:Seminars on "Integration Track"
木下教授:Prof Kinoshita IAP2MH12.jpg

白井久美子氏:Ms Shirai IAP2MI11.jpg

ワークショップ「PM発想を取り入れた日本製造業の改革」 司会:石川千尋氏
Workshop IAP2MJ11.jpg
スポンサーサイト
  1. 2007/09/30(日) 15:04:10|
  2. 情報発信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

グローネコ

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。