情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

北朝鮮のロケット発射:North Korea's Rocket Launch

北朝鮮のロケット発射:North Korea's Rocket Launch

誰もどうすべきか分からない状態:No One Knows What To Do

本日、北朝鮮から発射された長距離ロケットが日本上空を飛んだという臨時ニュースが流された(下のリンク参照)。
これは日本が自国を脅かす北朝鮮の行動、例えば核弾頭を積んだミサイルを打ち上げるといった行動を起こさせないような手段を持たないことを意味する。
さらに深刻な問題は、米の核の傘に依存する以外は自衛力のなさについてどうすべきかについて誰も確証をもてないことである。
参考:Reference:
Japan Times (4/5):
"North Korea fires rocket over Tohoku"
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nn20090405x1.html

There was breaking news about North Korea's firing of a long-range rocket over Japan earlier today (see the link above).
This means that Japan has no means to prevent North Korea from doing harm to Japan in terms of missile launches possibly with nuclear warheads.
Even a more serious issue is that no one knows for sure what Japan should do to deal with its defenselessness except relying on the US nuclear umbrella.
スポンサーサイト
  1. 2009/04/05(日) 17:19:12|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

依然好調な東京ディズニーランド:Still Booming Tokyo Disneyland

依然好調な東京ディズニーランド:Still Booming Tokyo Disneyland

地域ビジネスと確立したブランド:Localized Business & Famous Brands

日本や世界の経済が落ち込む中、国内一番人気の東京ディズニーランドは今年も記録的なビジネスで、このクリスマス・正月の期間もブームに沸いていると、APニュース(下のリンク参照)が報じている。東京ディズニーランドと隣接するディズニーシーを経営するオリエンタル・ランドは、今年度の売上を42億ドル程度と見込んでいるが、これは昨年度と比べると10%近くの増収になる。
このブームの理由は極めて明確で、ミッキーマウスに会うことの「便益・費用(B/C)比」が非常に高く、特に最近になるほど高くなっているからであろう。便益としては、この記事で引用されているように、顧客が「生活の心配や苦労を完全に忘れられる唯一の場所」であること、つまり厳しい現実から時折でも心理的に逃避することは、消費者の視点からは非常に「利益になる」ことといえる。費用としては、千葉県浦安のテーマパークに行くことは、車や家の購入や海外旅行と比べても、また東京で豪華な食事をすることに比べてさえも、それほど高いものではないと考えられる。
同様な理由で、売上が好調なものとしては、自宅用の豪華なグルメ食品(おせち料理など)、ゲーム機器やソフト(任天堂のWiiなど)、一部の地方の観光地(ニセコ・スキー場など)といった地域的ないし内向きの商品やサービスが目立っており、これらはより高価で満足度の低い他の娯楽の選択肢をあきらめた消費者をうまく引き付けることに成功したといえよう。この現象は、2つのキーワード、「地域志向ビジネスと確立したブランド」を浮き彫りにすることによって、経済危機の時代を生き残るビジネスが何かについてもヒントを与えてくれるようにみえる。実際に、ディズニーランドやニセコのように日本の若者にアピールする確立したブランドを持つビジネスに加えて、近郊農業やコンビニ店などが利益を上げている数少ないビジネスになっているのである。
Article:
"Tokyo Disneyland Enjoys a Recession Boom"
AP (12/25/2008):
http://www.google.com/hostednews/ap/article/ALeqM5hRVkNNSuP9jOZBH-y2FQKweQSDSgD959828O1

Japan’s busiest theme park, Tokyo Disneyland, has achieved another record year, enjoying booming business over the Christmas and New Year’s holiday season, despite dismal economic conditions in Japan and elsewhere, according to the AP news report linked above. The Oriental Land Co., which operates Tokyo Disneyland and its sister park, Disneysea, is forecasting record $ 4.2 billion sales for this fiscal year ending in March, up almost 10 percent from last fiscal year.

The reasons for this boom seem quite clear, as the “benefit-cost ratio” for meeting Mickey Mouse is extremely high, especially these days. On the benefit side, as quoted in this news report, park visitors might well say, “this is the only place where I can totally forget the economic worries and hardship of my life.” In other words, mental escape from harsh reality, at least once in a whole, can be very “beneficial” from the consumer’s viewpoint. On the cost side, visiting the theme park in Urayasu, China, is not so expensive, compared to spending money on cars, houses, overseas travel, or even dinning out in Tokyo.

For the same reason, brisk sales are now being reported on such domestically oriented goods and services as festive gourmet foods for home (like traditional “Osechi” food), game machines and software (like Nintendo’s “Wii”), some local resort areas (like “Niseko” ski resort), etc., which have successfully attracted those who gave up more expensive and less satisfying alternatives for pleasure. This phenomenon might offer some hints for survival in business during the current crisis period, as two key words emerge from the consumer’s behavior, that is, “localized business and well-established brands.” Actually, suburban agriculture and neighborhood convenience stores are among the few businesses still making profit, aside from well-known brands such as Disneyland and Niseko, appealing to young people in Japan.
  1. 2008/12/25(木) 10:45:14|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

40数年後の事実の発覚:Revelation After 40 Some Years

40数年後の事実の発覚:Revelation After 40 Some Years

佐藤栄作氏の重要な要請:Eisaku Sato's Important Request

40年以上前に起こったことであるが、それが発覚したことは日本の観点からはまさにセンセーショナルであった。それは下にリンクされたAPニュースでも報道されているように、1965年に当時の首相佐藤栄作氏が時の米国防長官ロバート・マクナマラ氏との会談で、もし必要ならば核兵器を使っても中国の攻撃から日本を防衛してほしいと要請していたという事実である。これは、戦争の際には、日本の領土への核兵器を持ち込みが許されることを意味し、佐藤首相自身がその数年後に日本に導入した「非核三原則」に矛盾しているようにみえる。これらの事実に鑑みて、佐藤氏が1974年に受賞したノーベル平和賞に値したかどうか疑問が生じると思われる。
いったいこの一見した矛盾をどう解決したらいいのか。一つの解釈は、日本が「核を作らず、持たず、持ち込ませず」という非核三原則について、持ち込ませないのは日本の陸上だけに限り、港を含む周辺の海域には、事前協議なしに核武装した潜水艦の周航を認めるというものである。もちろん、それは「密約」のレベルの話しであるから、日本政府はそのような約束があったということは絶対に認めないであろう。したがって、今回のニュースはセンセーショナルであり、今日でも日本の政治と外交に重要な結果をもたらす可能性があるといえる。
いずれにしても、日本政府がそのような米国との合意があったこと、またさらに重要なのは米国の戦略のためでなく、日本自身の防衛のために原子力潜水艦を少なくとも日本のいくつかの港に立ち寄ることを公式に許可ように非核三原則の解釈を変更することを、日本政府が正式に認めるべきで、今まで遅れたことは、今後とも認めないよりはるかにましである。もしそうなれば、佐藤栄作氏のノーベル平和賞受賞はあらためて正当化されるのではないだろうか。
Article:
"Japan in '65 Sought US Nuclear Shield Versus China"
AP (12/22/2008):
http://www.google.com/hostednews/ap/article/ALeqM5hnUVofg6jBG50jSAbeFRnHDFfJtAD9576DT00

It is a kind of sensational revelation from the Japanese viewpoint, even though it happened more than 40 year ago. It has just been learned, as reported in the AP news linked above, that in 1965 Japanese Prime Minister Eisaku Sato at that time asked then US-Defense Secretary Robert McNamara to protect Japan from possible Chinese attacks by using even nuclear weapons, if necessary, which should imply that such weapons could be brought into Japan's territory in case of war. This appears to contradict Mr. Sato's own action to introduce the "Three Non-nuclear Principles" into Japan a few years later. Given all these facts now, it may become doubtful if Mr. Sato was really entitled to the Nobel peace prize that he won in 1974.

How could this apparent contradiction be resolved? One interpretation is that the non-nuclear resolution should mean that Japan will now own or make nuclear weapons, nor permit them into Japan's territory but its surrounding sea areas, thereby allowing US submarines with nuclear weapons in Japanese seaports without prior consultations. Since this is a matter of "secret agreement" between Japan and the US, the Japanese government would not admit that such an agreement ever existed. Therefore, this news may be considered sensational, as it could have some significant consequences on Japan's politics and diplomacy even today.

In any event, it is better late than never that the Japanese government should officially admit such an agreement was made, and more importantly the interpretation of the Three Non-nuclear Principles be modified so as to formally allow nuclear submarines into at least some seaports in Japanese territory for Japan's own national security, not for the sake of US military interests. If that is done, then Mr. Eisaku Sato's award of the Nobel peace prize would be reassured after all.
  1. 2008/12/22(月) 23:59:00|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

予想通りの悪い短観結果:Bad Tankan Result Fully Anticipated

予想通りの悪い短観結果:Bad Tankan Result Fully Anticipated

人事を尽くして天命を待つ:Prepare for Worst & Hoping for Best

下にリンクされたBloombergの記事にあるように、先ほど公表された日銀短観の結果で、ビジネス信頼感を示す指標が前回のマイナス2から今回はマイナス24と大幅に下がったことは、すでに広く予想されていたことでもあり、多言を要しない。実際に、前回がマイナス3だったことが、大企業だけでなく中小企業も含めたすべての企業のビジネス信頼感を正確に表わすものではなかったといえる。したがって、今回の悲惨な結果は、過去数か月間日本と世界で起こったことを考えると別に驚くべきことではない。
このところほとんどすべての経済指標が下方に向かっているが、それは世界中で前例をみないほどの「デレバレッジ」(信用収縮)の過程が起こっている結果である。そのために現存するどの経済モデルを使っても、国内あるいは世界経済の不況がいつまで続くかを予測することは困難である。どの政府も中央銀行も経済が破綻しないようにできるだけ景気刺激的な政策を取ろうとしているように見える。しかし、前例のない状況を前にして、できることといえば「人事を尽くして天命を待つ」ことだけであろう。
残念ながら日本では政治的な問題があるので、日本政府が本当に景気を刺激する策をすべて取っているかどうか疑わしい。日本のビジネス信頼感をこれ以上悪化させないために、より大胆な景気対策をただちに打つことが必要であろう。
Article:
"Japan's Tankan Business Confidence Plunges Most in 34 Years"
Bloomberg (12/15/2008):
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601068&sid=aSvZQlrXwySY&refer=home

Not much comment can be given on the result of the Bank of Japan's quarterly Tankan survey just announced, where the index to show business confidence dropped from minus 3 to minus 24 this time, as largely expected, according to the Bloomberg new report linked above. Actually, the previous result of minus 3 was not an accurate figure to measure the true business confidence not just for large companies but for all firms including small businesses three months ago. Therefore, the dismal result this time was not surprising at all in view of what has been happening in Japan as well as in the global economy for the last several months.

The current downward trend in almost all business indexes is a result of the so-called "deleveraging" process in the unprecedented scale all over the world. Therefore, no existing economic model could possibly predict the future course of the current recessionary movement within each country or for the global economy as a whole for that matter. It looks like all the national governments and central banks are trying hard to adopt stimulus policies as much as they can in an attempt to prevent their economies from disastrous failures. Given the unprecedented circumstance, however, all they can do is "prepare for the worst and hoping for the best."

Unfortunately, due to its political problem, it is somewhat doubtful if the Japanese government is really doing its best to stimulate the economy. Bolder policy measures should be adopted immediately in order to avoid further deterioration in business confidence in Japan.
  1. 2008/12/15(月) 17:28:29|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

対米・対中関係の悪化:Worsening Relations with US & China

対米・対中関係の悪化:Worsening Relations with US & China

日本の国内状況が主因?:Due to Japan's Internal Factors?

最近の内閣府の世論調査によると、68.9パーセントの日本人が日米関係は「良好」あるいは「比較的良好」と答える一方、28.1パーセントが「良好でない」あるいは「それほど良好でない」と感じていると、下にリンクされている「The Japan Times」の記事が報じている。一見するとこれは日米の長い同盟関係に鑑みて当然の結果であるように見える。しかし実際にこれらの数字は、前回の調査にくらべると両方とも7から8ポイントも悪化しており、1998年にこの質問が調査に加えられて以来最悪の結果となった。
これ以上に懸念すべきは、日中関係に関する調査結果である。ここでは日米関係の数字が逆転しており、日本人の3人に2人は中国に対して親しみを感じないと答えている。実際に日中関係が「良好でない」と考える人は71.9パーセントにも上っており、前回より8.9パーセントの上昇で、1998年以来最悪の数字となっている。これは有害食品に関するマイナス報道とそれに対する中国政府の反応(あるいは無反応)のためといえるのかもしれない。
たとえどんな理由が考えられようとも、日本にとって最重要の同盟国である米国と最重要の隣国である中国との関係が両方とも悪化しているのは、決して健全な状況とはいえない。実際、これは、米国の北朝鮮政策や中国政府の食品安全対策といった対外的な要因によるというよりも、むしろ政治家による内向きの政策論、マスコミによる一方的な報道、国民の間の排外的傾向といった日本の国内的要因によっているといえるであろう。ある意味で、今回のような世論調査結果は、日本人に対して自らの悪化する気分に対して警告を発していると解釈することができよう。
Article:
The Japan Times (12/7):
"Ties with U.S. shaky, record-high 28% say"
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nn20081207a2.html

It is reported in the Japan Times article linked above that 68.9 percent of the Japanese recently polled by the Cabinet Office think the Japan-US relationship is "good" or "relatively good," while 28.1 percent of the public regarding it as "not good" or "not so good." At first sight, this appears to be a reasonable result for the long-term alliance between the two nations, but these numbers show 7-8 percentage points worse than the previous survey in the both directions, and actually is the worst record since those questions were asked for the first time in 1998.

Even more alarming results are about the Japan-China relationship, according to this official survey. Here the numbers for China are almost reversed from those for the US, as about two out of three Japanese do not feel friendly toward China, and actually those who think Japan-China relations are "not good" rose to 71.9 percent, up 8.9 points from the previous survey and the worst since 1998. This may well be a result of various negative publicity regarding food poisoning incidents and the Chinese government's response (or the lack of it) to such problems.

No matter what reasons might be considered, Japan's worsening relations with its most important ally, the US, and its most important neighbor, China, are not a healthy situation. In fact, this may well be a result, not of any external factors, such as US policy toward North Korea or China's handling of food safety, but more of Japan's internal conditions, such as inward-looking policy agenda among politicians, one-sided news coverage in the mass media, xenophobic tendencies among the general public, etc. In a sense, this kind of public survey can give the Japanese some warning against worsening sentiments among themselves.
  1. 2008/12/07(日) 17:54:29|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本のソフトパワー・イン南京:Japan's Soft Power in Nanjing

日本のソフトパワー・イン南京:Japan's Soft Power in Nanjing

ポップカルチャーを広める施設:Facility to Promote Pop Culture

下にリンクされている「Daily Yomiuri」の記事によると、日本の政府が資金面で支援している国際交流基金が、中国の南京の図書館内にマンガやファッションなどを含む日本の現代文化を紹介する施設を本日オープンするとのことである。そこには本や雑誌に加えて、約100ものCDやDVDを備えているという。
よく知られているように、南京は第2次大戦中に中国の首都として日本の占領下の置かれた際に、日本軍による虐殺などが数多くあったといわれる場所で、日中間の敵対的関係の焦点になってきたといえる。その南京虐殺に関する問題の本「レイプ・オブ・ナンキン」が1997年にアイリス・チャンによって出版されたことは、日中関係にとって実にマイナスに働いたが、それもようやくここ数年の間に政治的理由もあって日中両政府が懸命に関係改善に努めたために、多少よい方向に動き始めている。しかしながら、普通の市民の間、特に中国側の市民の間には、まだ複雑な気持ちが残っていることも確かであろう。したがって、このように南京に施設をオープンしてアニメ、マンガ、音楽、ファッションなどの日本のポップカルチャーを普通の市民に対して紹介し、特に歴史的出来事のために日本に特別な偏見をもたない若い世代に対して日本をアピールすることは非常によいアイデアである。
軍事力のない日本が他の国や国民を引き付け良い関係をもつためには、「ソフトパワー」をフルに活用する以外にない。政府の資金も、南京の文化施設開設のような方法で、海外での日本のソフトパワーを強化するために使うのがベストといえるであろう。
Article:
"Japanese Cultural Facility to Open in Nanjing Library"
Daily Yomiuri (11/30/2008)
http://www.yomiuri.co.jp/dy/national/20081130TDY02302.htm

It is reported in the Daily Yomiuri article linked above that the Japan Foundation, which is financially supported by the Japanese government, is now opening a facility to promote Japanese modern culture, including manga and fashion, in a library in Nanjing, China. In addition to books and magazines, about 100 recently released CDs and DVDs are being made available in the Nanjing Jinling Library, according to the report.

It is well known that the City of Nanjing has long been a focal point in the troublesome relationship between Japan and China, as numerous atrocities are said to have been committed by the Japanese Army during the occupation of this city, then called “Nanking,” the capital of the Republic of China, in World War II. Publication of the controversial book, “The Rape of Nanking,” about the Nanking Massacre by the late Iris Chang in 1997 was quite damaging to the Japan-China relationship, which has only recently been on the mend due to extraordinary efforts by the both governments for political reasons in the last few years. However, some hard feelings are still remaining on the part of ordinary citizens, especially on the Chinese side. It is, therefore, a good idea to open a venue in Nanjing for promoting Japanese pop culture such as animation, manga, music and fashion, appealing to ordinary citizens, particularly young generations without having any strong prejudice toward Japan, based on the unfortunate historical development.

Without military power, Japan should make full use of its “soft power” to attract other countries and citizens for better relations with them. Public money can best be spent to strengthen Japan’s soft power overseas in a way that is exemplified in the case of the cultural facility in Nanjing.
  1. 2008/11/30(日) 19:10:21|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

空虚に響く麻生氏の言葉:Mr. Aso's Words Sounded Hollow

空虚に響く麻生氏の言葉:Mr. Aso's Words Sounded Hollow

本当に自由貿易を支持?:Seriously Advocating Free Trade?

現在の経済危機で保護主義が台頭しやすい時に、日本が自由貿易を主張して世界でのプレゼンスを高めるよいチャンスであるといわれている。それこそ、先週末のペルーでのAPEC会議でやろうとしたことに他ならない。特に麻生氏は、今年の年末までにドーハラウンドでよい結論が出ることの重要性を強調した。
しかし、下にリンクされている記事にあるように、ドーハラウンドがまとまるような具体的な提案を日本がするのかどうか尋ねられた際、麻生首相は単に各参加国が自国の利益のために自由貿易の原則を守ることを期待すると述べただけであった。現実に日本は、環太平洋FTAを推進している米国、ペルー、チリ、豪州、シンガポールやその他の環太平洋の国の間では孤立感を深めている。それは、日本が国内政治的理由から、特に米や牛肉などの農業部門の一部を自由化することに難色を示しているからである。
実際、麻生氏は国内では農業問題に自由化への圧力をかける立場には程遠い。なぜなら近年自民党が従来の支持基盤を急速に失っている地方からのサポートを維持することに必死だからである。これが、APECの記者会見での麻生氏の言葉が空虚に響き、下のリンクされているような批判的な記事を記者に書かせる結果を導いたといえよう。
Article:
"Japan PM Brushes Off Skepticism Over Free Trade"
Guardian (11/24/2008)
http://www.guardian.co.uk/business/feedarticle/8070556

It has been said that Japan would have a window of opportunity to increase its global presence by advocating free trade in time of economic difficulties which tend to fuel protectionism. That is exactly Prime Minister Taro Aso tried to do at last weekend’s APEC meetings in Peru. In particular, Mr. Aso emphasized the importance of the Doha round of trade talks to reach a positive conclusion by the year’s end.

When he was asked if he has any concrete proposal to facilitate the Doha round free trade talks at the press conference after the APEC forum, Mr. Aso only responded that he hoped all participating countries would be willing to go along with the principle of free trade for their own sake without mentioning Japan’s protectionist measures for agriculture, as reported in Guardian article linked above. The reality is that Japan seems more and more isolated among the countries that are working to propose the conclusion of a Pacific-rim Free Trade Agreement including the US, Peru, Chile, Australia, Singapore, and other Pacific-rim countries. This is because of Japan’s reluctance to liberalize some of its agricultural markets, especially with rice and beef, for domestic political reasons.

In fact, Mr. Aso is in no position at home to putting pressure on the agricultural sector for liberalization, as he is struggling to obtain political support from rural areas, where traditional LDP constituencies are rapidly disappearing these days. This is one of the reasons why his words at the APEC press conference sounded so hollow to many participating countries, prompting some of the reporters to write critical reports like the one linked above.
  1. 2008/11/24(月) 23:58:13|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もっと有効な政策の提案を:Toward More Effective Policy Proposals

もっと有効な政策の提案を:Toward More Effective Policy Proposals

G20サミットでの日本の役割:Japan's Role at G20 Summit

下にリンクされた記事にもあるように、今回のG20金融サミットで、日本はIMFや世銀への支援増大や米ドル支援に向けて具体的な政策を麻生首相が打ち出すなどして、金融危機下の世界経済で日本の存在感を高める大きなチャンスがあったといわれている。また、麻生首相は金融危機対策に関してイニシアティブをとるために、次回の金融サミットを東京で開きたいと考えていることも報道されている。
しかし、今回のサミットでは日本の提案はそれほど他の参加国から評価されているようには見えず、むしろ市場志向の米国と規制志向のEU諸国との間の議論や、守りに入る先進国と攻勢に出る新興国との間の議論などに焦点が当ったのに対して、日本はその間の仲介役を果たすことができなかった。例えば、米ドル支援を明示的に打ち出したのは日本だけで、フランス大統領などは逆にドルが世界の唯一の基軸通貨であることを少なくとも長期的視点から批判する議論を展開した。どうも今回のサミットに向けた最初の意気込みにもかかわらず、日本は結局「チェックブック外交」から抜け出せなかったといえる。
今日本がやるべきことは、原点に戻って主要国がそれぞれどのように今回の危機に取り組もうとしているのかをよく調べて、できるだけ多くの国と共同戦線を張り、次回のサミットに向けて日本および世界経済のためになるような提案をしてイニシアティブを取れるようにすることである。なぜなら、単に日本自身の金融危機に関する問題の理解と政策を投影して、過去に米国に支持された政策スタンスを維持するだけではダメなことが今回明らかになったからである。
Article:
"Japan to Seek to Take Lead in Creating New Financial Order: Aso"
AFP (11/16/2008)
http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5jXkLTZV-ufMLwWxY85qmdJgH4EgA

It has been said that Japan would have a window of opportunity to increase its presence in the financially troubled world, as Prime Minister Aso announced concrete plans to increase Japan’s support for the IMF, the World Bank, as well as the US dollar as the world’s key currency at the G20 summit over the weekend, as seen in the article linked above. It is also widely reported that Mr. Aso would like to hold the follow-up financial summit in Tokyo next Spring, in order to take the initiative in dealing with the financial crisis.

It appears, however, that Japan’s proposals have not particularly been acknowledged by other participating countries at the summit, because the main focus was on heated arguments between the market-oriented US and the regulation-oriented EU nations and also between the defensive “North” and the offensive “South,” where Japan could not yet bridge the gaps between them. For instance, it has turned out that Japan was alone in expressing its support for the US dollar, as the French President strongly argued against the dollar as the sole key currency, at least from the long-term viewpoint. Despite its initial intention for the financial summit, Japan has not been able to grow out of its “checkbook diplomacy” after all.

What Japan should do now is go back and do homework in understanding how each of the key nations is trying to deal with the current economic crisis and form alliances with as many nations as possible to take the initiative in making meaningful proposals for the benefit of Japan as well as the world economy at the next summit, rather than simply projecting Japan’s own image of the current crisis and possible solutions with its traditional policy stance, mainly backed by the US in the past.
  1. 2008/11/16(日) 23:59:36|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

円高で急減する観光客:Strong Yen Badly Hurting Tourism

円高で急減する観光客:Strong Yen Badly Hurting Tourism

生き残り戦略が緊急に必要:Survival Strategies Urgently Needed

下にリンクされた「ジャパン・タイムズ」の記事にあるように、このところの急激な円高はさまざまなルートを通じて日本経済にマイナスの影響を及ぼしている。もっとも悪影響を受けているひとつは観光分野であり、9月の外国人観光客数は前年同月比で7パーセントも減少している。これは2003年の鳥インフルエンザが流行した時期の落ち込みより大きく、今後まだまだ悪化しそうである。世界的な金融危機が収まっていないので、まだ円高が逆転する可能性は少ないからである。もちろん、観光客数の減少率以上に、彼らが落とすお金の総額は落ち込み、地域経済に大きな打撃を与えている。
ここで問題は、東京や大阪などの大都市はともかく、地方では観光を振興するインフラが不十分なことである。仮に潜在的な観光客がいたとしても、外国人客のための宿泊施設が不足している。最近の政府による調査でも、地方の日本式の旅館が外国人客を泊めたくないという意識が明らかになっている。最近、日本政府が観光庁を設立したが、「不十分で遅すぎる」という声が大きい。なぜなら、現在のような状況下での円高による外国人観光客の減少傾向を逆転することはもとより、相殺するだけでも、より積極的な対策が緊急に必要だからである。まさに今は非常時に他ならない。
このジャパン・タイムズの記事の結論にあるように、近隣の地域がお互いに協力して、香港やシンガポールといった富裕層のいる都市から観光客を引き付け、地域全体が情報や資源を共有し、さまざまなサービスを提供して観光客に時間とお金をもっとその地域内で使わせるようにすべきである。つまり、地方の主導と協力体制に基づいた積極的な戦略をもって外に働きかけることが、この前例のないグローバルな危機の時代を生き残るために、地方だけでなく国全体としても必要不可欠であるといえよう。
Article:
"Mighty Yen Scares Off the Tourists"
The Japan Times (11/09/2008)
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fd20081109pb.html

As it is reported in the Japan Times article linked above, the sharply rising yen is adversely affecting the Japanese economy in various ways these days. One of the hardest hit areas is tourism, as the number of foreign visitors to Japan in September declined about 7 percent compared to the same month last year. The decline this time is greater than that during the period of avian flu epidemic around 2003, and the situation seems to be getting worse, unless the yen stops rising and turns around soon, which is unlikely due to the global financial crisis still under way. Needless to say, the total amount of money spent by foreign tourists should be decreasing faster than the decline in the number of them, affecting many local economies severely

The problem here is the lack of infrastructure to promote tourism in local regions, if not in big cities like Tokyo and Osaka. Although there may be some potential visitors to local towns and villages with beautiful sceneries, very few accommodations for foreign tourists are available, because Japanese traditional inns are not willing to entertain foreigners, according to a recent government survey. Recent establishment of the government’s tourist agency is considered “too little too late,” because much more aggressive measures are urgently needed to offset, if not reverse, the declining tendency in the number of foreign visitors due to the rapidly rising yen under the present circumstance. Business is not as usual these days.

As suggested in the concluding part of this Japan Times article, it is about time for local, neighboring regions to cooperate with each other to lure tourists from some affluent Asian cities such as Hong Kong and Singapore and share information and resources to make those tourists spend more time and money in those regions, offering diverse services to them. In other words, strong promotional strategies with local initiatives and cooperation are essential in the survival of not only local regions but also the nation as a whole in time of the unprecedented global crisis.
  1. 2008/11/09(日) 22:01:07|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

公的資金枠引上げの効果:Effect of Increasing Public Funds

公的資金枠引上げの効果:Effect of Increasing Public Funds

円高対策がより重要:More Important to Curb High Yen

下にリンクしたAFPの記事が報道しているように、日本政府は、金融機能強化のための公的資金の資本注入枠を、現行の2兆円から10兆円規模に引き上げることを含んだ「緊急市場安定化策」を発表する。よく知られているように、日本のこの緊急事態は、毎日のようにバブル後の最安値を更新している株価下落で、金融機関を始めとする投資家が深刻な影響を受けていることから起こっている。
しかし、与謝野経済財政担当大臣も指摘しているように、現下の世界的な経済危機による影響は、日本の金融機関が他の国の金融機関よりも少なくしか受けておらず、日本の主要銀行が破綻に追い込まれる可能性は当面ほとんどない。実際に、東京市場での株価の下落は、日本の金融システムに対する不安からではなく、むしろ日本の輸出産業に影響する急速な円高によって起こされている面が大きい。ここで皮肉なのは、与謝野大臣が言っているように、最近の急激な円高は日本の金融機関の相対的な弱さでなく、むしろ強さによっているということである。
もしそうであれば、今やるべきことは、銀行部門に公的資金を注入することよりは、むしろ為替市場で外貨を買い上げてこれ以上の円高を止めることではないだろうか。ただし、それに対する反対論も予想され、将来価値が下落することが予想される外貨、特に米ドルをこれ以上買い上げるべきでないとう議論が出るであろう。
Article:
"Japan to Raise Capital Injection Fund to 110 Bln Dlrs: Minister"
AFP (10/26/2008)
http://afp.google.com/article/ALeqM5jnF9-jMalFxCODpdpSyU4ipvPeyQ

It is reported in the AFP article (see the link above) that the Japanese government is to announce an emergency policy package to stabilize the nation’s financial markets, including a measure to increase a fund that can be injected into ailing banks from 2 to 10 trillion yen (110 billion dollars). As is well known, the emergency situation in Japan is being created, mainly due to a sharp decline in stock prices, hitting a new low in the “post-bubble” era almost everyday, and thus affecting various financial institutions as well as other investors in the Tokyo market.

As pointed out by economic and fiscal policy minister Kaoru Yosano, however, Japanese financial institutions have been affected less than their western counterparts by the global economic crisis, and no major institutions are likely to collapse in Japan anytime soon. Actually, the recent decline in stock prices in Tokyo has not been caused by the lack of confidence in nation’s financial system, but rather by a sharp rise in the value of the yen, which is often associated with recessionary impacts on the export-oriented industry in Japan. The irony here is that the sharp rise in the yen has been due to the relative strength, not the weakness, of Japanese financial institutions, as Mr. Yosano mentioned.

If that is the case, what is to be done is not to inject more funds into the banking sector, but rather to try to stop further increases in the value of the yen by buying up foreign currencies in the market. However, such a measure may not be easily adopted, because there would likely be criticisms, saying that Japan should not buy up any more foreign currencies, especially the US dollar, which might well be declining in value in the future.
  1. 2008/10/26(日) 23:58:38|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安保理の非常任理事国に:Winning UN Security Council Seat

安保理の非常任理事国に:Winning UN Security Council Seat

日本がイランを下す:Japan Defeated Iran

AFPの記事(下のリンク参照)が報じているように、日本は国連安保理の非常任理事国に選ばれたが、158票を獲得して、32票の対立候補イランを破ったという。この一方的な結果は、広く予想されたところで、なぜならばイランは核開発疑惑で各関連の活動の停止を国連安保理から要求されながら、それに従わず、国連の制裁下にあったからである。国連安保理における15の非常任理事国の枠のうちアジア地域には2国が割り当てられており、今回インドネシアの任期が終わる一方で、ベトナムの任期はまだ後1年という状況である。
しかしながら、アジア地域で日本がイランと対峙して勝ったというのは不運であった。ある意味で、日本はむしろエネルギーや核に関する政策についてイランと西側諸国との間を取り持つ役割を演じるほうが望ましいといえる。もっとも日本が核兵器の開発については、それがイランであろうと北朝鮮であろうと、厳しい態度を取るべきであることは言うまでもない。
いずれにしても、日本の任期は2009年から20年までの2年間なので、その間に世界秩序の崩壊をもたらす可能性のある核開発および金融問題に関する世界の深刻な状況に対応するためには、国連安保理のメンバーとしてよほど迅速かつ賢明に行動する必要があろう。
Article:
"Japan Wins Seat at UN Security Council; Iran Fails"
AFP (10/18/2008)
http://afp.google.com/article/ALeqM5h8D7f4cVwcYz_TdRiy7R1OG7lGYQ

As reported in the AFP article (see the link above), Japan has just been elected to a non-permanent seat at the UN Security Council with 158 votes against 32 for Iran. This one-sided result was widely expected, because Iran is suspected to be developing nuclear weapons and, therefore, is under UN sanctions for refusing to comply with Security Council demands to stop nuclear-related activities. There are two non-permanent seats for Asia on the 15 member Security Council, where Indonesia's term is ending and Vietnam will stay on for another year.
However, it was unfortunate that Japan had to face and defeat Iran in its bid for a seat for the Asian region. In a sense, Japan would rather be playing the role of a mediator to bridge a gap between Iran and Western nations regarding energy and nuclear policies, although it is needless to say that Japan should be tough on any possible development of nuclear weapons, whether by Iran or North Korea.
In any event, Japan is urged to act swiftly and wisely as a member of the Security Council for 2009-10, as two years may be too short to deal with the serious condition of the world regarding nuclear development and financial problems, which could lead to a collapse of the present world order.
  1. 2008/10/19(日) 23:59:59|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノーベル賞への麻生氏の反応:Mr. Aso's Reaction to Nobel Prize

ノーベル賞への麻生氏の反応:Mr. Aso's Reaction to Nobel Prize

誤解を正すことが必要:Correct Misunderstanding

日本にとってグッド・ニュースが続いている。すでに広く報道されているように、日本人の化学者・下村脩氏が2人の米国の科学者と一緒に、ノーベル化学賞を受賞したが、「これは3人の日本生まれの科学者によるノーベル物理学賞の受賞に次ぐもの」と、AFPの記事(下のリンク参照)で正しく表現されている。この記事で、麻生首相が「正直言って同じ年に4人も日本人が受賞するとは驚きで、実によい気分」と述べたとされている。
しかし、もし麻生氏が「4人の日本人」で、1人の化学者と3人の物理学者を意味したのであれば、それは間違いである。事実は、その物理学者の1人、南部陽一郎氏がすでに米市民権を取得しているので、日本人ではなく米国人の科学者とみなされるべきで、海外のメディアではほとんど例外なくそのように報道されている。麻生氏の誤解は、おそらく日本の中での日本語のメディアがこぞって3人の物理学者を「日本人」とする不正確な表現から出ているのであろう。日本のメディアは、信頼性を維持するために、この不正確さを直ちに訂正しなければならない。
国籍と出身国に関する誤解はさておいても、麻生首相は、化学者の下村氏と受賞した物理学者グループのリーダー格の南部氏が、これまでのほとんどの研究を米国で行っているという事実についてもっと憂慮すべきである。.例えば、ロサンゼルス・タイムズ(下のリンク参照)は今回の受賞について、「3人の米国在住の科学者がノーベル化学賞受賞」と表現している。つまり、日本生まれの科学者が突出した成果を上げるために必要にして十分なリソースを提供して賞賛されるべき国は、日本ではなく米国なのである。
したがってこの機会に、麻生氏は日本の若い研究者に対する支援を増やすことを考えるべきで、最近日本企業がビジネスの視点から基礎研究よりも応用分野に力点と資金配分を移している結果、基礎科学分野の研究資金の不足が著しくなっており、その分野に対する公的な支援体制の充実を図ることが急務となっている。もしこの際、政治のリーダーシップで日本の科学政策をよりオープンでグローバルな視点から根本的に見直さなければ、今のノーベル賞ラッシュは一時的なものに終わる可能性が高い。その意味で、今は麻生氏にとって「実によい気分」などと言っていられない時なのである。
Article:
"Japan PM Hails Nobel Prize Haul After Chemistry Win"
AFP (10/9/2008)
http://afp.google.com/article/ALeqM5g4yHYa4MGQ5UrMvOCRHqfwGC8wyg
Reference:
"Three U.S.-based Scientists Share Nobel Chemistry Prize"
Los Angeles Times (10/8/2008)
http://www.latimes.com/news/nationworld/nation/la-sci-nobel9-2008oct09,0,6085831.story

Good news for Japan! As has widely been reported, Japanese chemist, Osamu Shimomura, along with two American scientists won the Nobel Prize in Chemistry, “the day after three other Japanese-born scientists won in physics,” as correctly described in the AFP article linked above. And in this article, Prime Minister Taro Aso is quoted by saying, “honestly, I am surprised to see so many as four Japanese win in one year. It’s really good.”

If by “four Japanese” Mr. Aso meant one Japanese chemist and three Japanese physicists, he was mistaken. The fact is that one of the Japanese-born physicists, Mr. Yoichiro Nambu, is a U.S. citizen now, so he should be counted not as a Japanese but an American scientist, as correctly reported in almost all the media overseas. Mr. Aso’s misunderstanding probably comes from inaccurate reporting in the Japanese media (in Japanese language), which invariably describes the three Nobel Prize winning physicists as “Japanese scientists.” The Japanese media must correct this inaccuracy immediately in order to maintain their credibility.

Aside from his misunderstanding about nationality and country of origin, Prime Minister Aso should be concerned about the fact that Mr. Shimomura in chemistry and Mr. Nambu, the leader of the prize-winning physicist group, have been doing much of their research work in the U.S, as reported in the Los Angeles Times article linked above: “Three U.S.-based Scientists Share Nobel Chemistry Prize.” Therefore, it is not Japan, but the U.S. that should be given credit for providing necessary and sufficient resources for these Japanese-born scientists to make their extraordinary achievements.

On this occasion, Mr. Aso must think about more public support for young researchers, especially in basic science, which desperately needs research money, as Japanese private corporations are shifting their focus and resources from basic research to more applied areas from business viewpoints. Thus, the current Nobel Prize rush may well be over soon, unless political leadership is exercised to change the nation’s science policy fundamentally from a more open and global viewpoint. In this sense, it is not time for Mr. Aso to “feel good.”
  1. 2008/10/09(木) 12:01:19|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麻生首相が10月後半に訪中:Aso to Visit China in Late Oct.

麻生首相が10月後半に訪中:Aso to Visit China in Late Oct.

総選挙は先送り:Postponing General Elections

下にリンクしたロイターの記事によると、麻生首相は10月後半の上海におけるASEM会議出席のため訪中し、胡錦涛国家主席および温家宝首相と初めての首脳会談を行う予定になったという。さらに、その訪問の際に、日中平和友好条約締結30周年記念のセレモニーに参加する可能性があるとも報道されている。
これらはすべて日本の外交にとって、また特に対中国政策としてはプラスの展開であるが、しかしこの訪中は今月中に行われると期待されていた総選挙の延期によって可能になることを忘れてはならない。すぐ選挙をしないことについての麻生氏の「言い訳」は、手遅れになる前に現下の金融危機とその日本経済へのマイナスの影響に対処する必要があるというものであるが、恐らく本当の理由は、首相就任以来、麻生氏の支持率が予想以上に低く、今総選挙をやって自民党が勝つことを保証するほど人気がないからであろう。
もしそれが本当の理由であったとすれば、それは麻生氏の人気が十分上がらない限り、来年の秋まで総選挙はできず、またやるつもりもないことを意味する。そして現下の経済情勢では、首相の人気が上がる可能性は少ない。そのような政治的展開は、国民を困惑させ、やり切れない気持ちにさせるであろう。なぜなら小泉首相以来、もう3人もの首相を連立与党が選んできたが、この間一度も総選挙による国民の審判を仰いでいないからである。国民の支持がなければ、一見よく見える外交のイニシアティブも、根拠を欠き意味も持たなくなるであろう。
Article:
"Aso to Visit China Late Oct, Eyes Talks with Hu, Wen"
Reuters (10/5/2008)
http://www.reuters.com/article/worldNews/idUSTRE4940I020081005

According to the Reuters’ article linked above, Prime Minister Taro Aso is planning to visit China and have his first summit with President Hu Jintao and Premier Wen Jiabao on the occasion of the Asia-Europe Meeting (ASEM) in Beijing in late October. It is also reported that during his visit, Mr. Aso could possibly attend a ceremony commemorating the 30th anniversary of the peace and friendship treaty between Japan and China.

All this would be great from the viewpoint of Japan’s foreign policy, especially toward China. However, it should be reminded that Mr. Aso’s visit to China would be made possible by postponing a general election that he was expected to call later this month. While his “excuse” not to call an election right away is a necessity to deal with the current financial crisis and its negative impact on Japan’s economy before it becomes too late, everyone knows that the most likely reason is simply because the popularity rating of Mr. Aso has been unexpectedly low, since he became prime minister, and certainly not high enough to ensure a satisfactory win for his party in a general election, if it is held now.

If that is the real reason, it could mean that Mr. Aso can not and will not call an election until next fall, unless his popularity improves sufficiently, which is unlikely given the current economic condition surrounding Japan. Such a political development would be really disturbing and demoralizing to the general public, as no general election has been held to approve or disapprove the past three prime ministers appointed by the ruling coalition since Mr. Koizumi. Without the public’s approval, any seemingly good diplomatic initiative would be groundless as well as meaningless.
  1. 2008/10/05(日) 23:53:57|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国際金融舞台に日本復帰:Japan Back on Int'l Finance Scene

国際金融舞台に日本復帰:Japan Back on Int'l Finance Scene

「ニンジャの復讐」か?:"Revenge of the Ninjas"?

下にリンクされた記事「傷の癒えた日本の銀行が再び獲物を探す」には、副題が付いており、それは「前回よりも経営拡大をうまくマネージできるか」というもので、これはこの記事が単なる事実をレポートするものではなく、むしろ国際金融における野村や三菱といった日本の会社の経営能力に言及した論評であることを意味している。もちろん事実は、野村ホールディングスがリーマン・ブラザーズのアジア太平洋地域と欧州中東地域の事業を買収することと、三菱UFJファイナンシャル・グループがモルガン・スタンレーの筆頭株主になるということで、その展開をこの記事では「ニンジャの復讐」と表現している。
ここでなぜ今これらの日本の金融機関がグローバル化に乗り出すのかという疑問が重要で、この答えは社内のリソースの持つ強みに基づいてよく考え抜かれた戦略の結果というよりも、むしろ現下の国際金融の混乱の中で外からたまたまそのチャンスが与えられたからというものであろう。さらに、これらの会社の資金的な強みは、決して資金をうまく国際的に運用したためというよりも、過去10年も20年も国際金融で失敗してきたために国内外で超保守的な経営をやってきたことがたまたま幸いしたという面が強い。
そこで、「前回よりも経営拡大をうまくマネージできるか」という疑問が出てくるが、答えはうまくいって5分5分であろう。なぜなら、国際金融の世界で日本の金融機関を待ち受けているのは多大のリスクと不確実性であり、それらをマネージする能力は日本の企業にとって一番欠けるところだからである。もちろん、できれば結果としてうまくいってほしいが、それには少なくとも日本的な経営を根本的に見直して真の意味でのグローバル化に適合するように変容させることが必要であろう。
Article:
"Their Wounds Have Healed. Now Japan’s Banks Are on the Hunt Again"
Guardian (9/28/2008)
http://www.guardian.co.uk/business/2008/sep/28/marketturmoil.globalrecession

This article has a subtitle, “But can they manage expansion better than last time,” implying that it is not just a factual report but rather a commentary referring to the management ability of Japanese companies like Nomura and Mitsubishi in the context of international finance. The fact, of course, is that Nomura Holdings Inc. is buying Lehman Brothers’ Asian and Middle East, and Mitsubishi Financial Group Inc. is becoming Morgan Stanley’s largest shareholder, a development that is called “Revenge of the Ninjas” in this article.

Why these Japanese giant institutions are about to embark on “globalization” now is an important question to ask, and the answer is that it is not a result of their well thought-out strategy based on the strengths of their internal resources, but that it is an opportunity which happens to be given to them externally, as a result of the current turmoil in international finance. Furthermore, their financial strength does not stem mainly from their success in managing funds globally, but rather from their ultra-conservative management practices at home and abroad after a series of failures in international finance for the last decade or two.

Thus the question, “can they manage expansion better than last time?” The answer is at best fifty fifty, because an extremely uncertain situation is awaiting those Japanese financial institutions on the international scene, and managing uncertainties is not the strongest point of their management practices. Hopefully, the answer will turn out to be positive in the end, but that will at least require Japanese-style management to transform itself almost completely to adapt to globalization in the true sense of the word.
  1. 2008/09/29(月) 10:39:52|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自民総裁としての麻生氏の課題:Challenge for Aso as LDP Leader

自民総裁としての麻生氏の課題:Challenge for Aso as LDP Leader

問われる党の存続:Party Survival in Question

麻生太郎氏が自民党の存続と再生のための戦いのリーダーになった今、日本政治が直面する最大の問題は、誰が次の総選挙を越えて日本のトップリーダーになるかということである。一つの疑問は、はたして麻生氏が政策方針と人格の両面で一国の真のリーダーになるのにふさわしい資質をもっているかどうかである。この点で先日、日本外国特派員協会において外国人のレポーターの前で麻生氏がどのように振舞ったかが、ヒントを与えてくれるように思われる。
以下の「参考」にあるレポートで報告されているように、その会合で麻生氏は最初は十分に準備されたスピーチを行い、そこで日米同盟の重要性、中国を始めとするアジア諸国との友好的関係の維持、および長期的には構造改革と地方分権を視野に入れた上で当面は景気刺激策の必要性を強調した。そこまではよかったが、その後の質疑応答では、麻生氏は他の自民党総裁候補とともに、外国人レポーターの質問には直接まともに答えることはなく、難しい質問をするレポーターに対して麻生氏が傲慢な態度を取ることは誰の目にも明らかであった。特に麻生氏は靖国問題に関する質問には答えずに「自分の書いたものを読めば分かる」と述べるにとどまったが、それは外国人であろうと日本人であろうとレポーターに対して取るべき態度でないことはいうまでもない。
もっとも野党代表の小沢氏もレポーターや国民に対する態度や人格の面では麻生氏よりもよいとは決していえない。リーダーとしての資質は、政治信条や政策方針だけでなく、政治スタイルや人格にもよっている。多くの日本国民は、次の総選挙と政界再編の結果、真のリーダーとしての資質を持つ全く新しい人材がリーダーとして現れることを期待しているようにみえる。
参考:
Activity Report: "Mr. Taro Aso and Other Candidates for LDP President at FCCJ"
http://www.glocom.org/special_topics/activity_rep/20080922_miyao_fccj/
Article:
"Aso's Ascent to Japan's Leader Kicks Off LDP Survival Battle"
Bloomberg (9/22/2008)
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601087&sid=aFMM6qccUGek&refer=home

The biggest issue that Japanese politics is facing is who is going to be the nation's next leader beyond the upcoming general elections, now that Mr. Taro Aso is leading the LDP's struggle for survival and, preferably from his standpoint, revival in the future, as reported in the Bloomberg article (see the link above). A key question is whether Mr. Aso really possesses a kind of quality needed for the nation's true leader in terms of political agenda as well as personality. In this regard, his performance in front of foreign reporters at FCCJ (Foreign Correspondents' Club of Japan) in Tokyo gave some clue to this question.

As seen in the activity report (see the Reference above), Mr. Aso delivered a well-prepared speech at the outset, where he clearly stated the importance of the Japan-U.S. alliance as well as friendly relations with China and other Asian countries, and the urgency of adoption of economic stimulus measures with structural reform and decentralization as longer-term objectives. This sounded alright, but as soon as the Q&A session started, Mr. Aso, along with other LDP presidential candidates, could not answer various important questions by foreign correspondents directly and satisfactorily. No one failed to notice his somewhat "arrogant" attitude toward reporters asking difficult questions to him, and he refused to answer one particular question, that is, about the Yasukuni Shrine issue, by simply saying "read what I have written about it." This is no way to respond to any news reporter, whether foreign or domestic.

One might say that Mr. Ozawa, leading the opposition, is no better than Mr. Aso in terms of personality or attitude, especially toward news reporters as well as toward the general public. It is well known that leadership quality comes not only from political beliefs and agendas, but also political style and personality. Many Japanese seem to be feeling that a brand new figure with true leadership quality should emerge to lead the nation after the general elections and political reorganization movements.
  1. 2008/09/22(月) 21:34:07|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

野党を扱えない老兵たち:Old Guards Cannot Handle Opposition

野党を扱えない老兵たち:Old Guards Cannot Handle Opposition

新世代のリーダーが必要:New Generation of Leaders Needed

Newsweekの今週号に、なぜ安倍晋三氏も福田泰夫氏も小沢民主党による強硬な反対をうまく扱えずに政権を突然投げ出すことになってしまったかについて良い説明が載っている。下にリンクされた記事によると、主な理由は、二世や三世も含めた自民党の古い政治家が半世紀以上にわたって国会で弱い野党をうまく扱ってきた成功体験があるからほかならないという。今や与党が国会の両院で多数を支配している状況ではなくなり、難しい反対に直面して、この政治的現実をどう扱っていいかわからないというのが実情であろう。
もしこの説明が正しければ、それは次期首相候補の麻生太郎氏や与謝野馨氏にとっても重大な意味を持ってくる。どちらが首相になるにせよ、当面は期待が先走るので支持率が多少高まるかもしれないが、政治的現実が基本的に変わらない限り、それは急速にしぼんでしまうであろう。したがって、次期首相が選ばれ次第、総選挙が行われる可能性が高いといわれている。もちろんそうなっても何も変わらず、政治的混乱が長引き、将来にわたって首相がころころ変わる状況が続くであろう。
このようなどうしようもない混乱を避けるためには、老兵ではなく新しい世代の政治リーダーが出てきて、政党の再編と再構築を促し、政治信条と政策中心の新しい政治的連立ができるようにする必要があろう。
Article:
"Why Japan's Rulers Still Can't Deal With a Loyal Opposition"
Newsweek (9/15/2008 Issue)
http://www.newsweek.com/id/157532

It is interesting to find a good explanation in the current issue of Newsweek why Mr. Yasuo Fukuda as well as Mr. Shinzo Abe could not handle the strong opposition of the Ozawa Democratic Party, resulting in their abrupt resignation as prime minister. According to the article linked above, the main reason seems to be the successful experience that "many old warhorses of the ruling Liberal Democratic Party (LDP)" including the second and third generations of them have had in dealing with relatively weak oppositions in the Diet for more than half a century. Now that they are facing a genuine opposition without having a majority in both houses, LDP leaders cannot adjust themselves to handle the political reality effectively.

This explanation, if it is correct, should have a serious implication on such candidates for next prime minister as Mr. Taro Aso and Mr. Kaoru Yosano, who are among the typical "old warhorses of the LDP." Once either of them is selected as new prime minister, the popularity rating should go up, based on public expectations as usual. However, it might well shrink quickly unless the political reality in the Diet fundamentally changes. For this reason, it is said that general elections are likely to be called right after the selection of the new prime minister. Needless to say, that would not change anything, but rather prolong the current political chaos, probably including frequent changes in premiership, into the future.

To avoid this kind of uncontrollable chaos, a new generation of political leaders, not the old guards, are needed to hasten reshuffling and reorganization of political parties, resulting in formation of new coalitions based on political beliefs and policy orientation in Japan.
  1. 2008/09/08(月) 15:12:02|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宮崎駿がやるべきこと:What Hayao Miyazaki Should Do

宮崎駿がやるべきこと:What Hayao Miyazaki Should Do

職場の待遇改善を:To Improve Working Conditions

宮崎駿監督のアニメ映画「崖の上のポニョ」は、現在日本国内だけでなく、ヴェニスでも話題沸騰で、それはロイターの記事(下のリンク参照)によれば、このアニメがヴェネチア国際映画祭でトップの賞に輝くかもしれないからとのことである。宮崎駿監督が「千と千尋の神隠し」で2003年にアカデミー賞を受賞したことはよく知られている。
宮崎アニメがこれだけ成功している秘密の一つは、それがあまりCGを使わずに、手描きで制作していることが指摘できる。それがハリウッドのアニメと異なり、宮崎アニメの隅々まで気配りの行き届いた作品になる所以といえる。このロイターの記事のインタビューでも、宮崎駿は「アニメというものは鉛筆が必要で、人の手によって描かれるべきものなので、そのように作るように心がけている」と述べている。しかし、ここで指摘されるべきは、宮崎駿自身がこう言うことは簡単だが、スタジオジブリで宮崎アニメの期限までに仕上げるべく1年365日、1日24時間働き詰めで手描きの作業を続けているのは、宮崎駿自身ではなく、若いアニメライターや技術者たちであるということである。その結果、日本のアニメ産業は、低賃金で残業の多い職場として知られるようになっている。
したがって、宮崎駿のような人物がやるべきことは、よいアニメ映画を作るだけでなく、日本の次世代のアニメライターや技術者のためによりよい職場環境を作り出すことではないだろうか。そうでなければ、日本のアニメ産業で働く若者がますます少なくなり、そのうちアニメ産業自体が労働力を求めて他のアジアの国に出て行かざる状況になるかもしれない。
Article:
"Japan's Miyazaki Keeps Computers Out of Cartoons"
Reuters (8/31/2008)
http://www.reuters.com/article/filmNews/idUSLV21758520080831

Hayao Miyazaki's new animation "Ponyo on the Cliff by the Sea" is now being widely talked about not only in Japan but also in Venice, because it could be awarded top prize at the Venice Film Festival, according to the Reuters' article linked above. It is well known that he won an Academy Award for best animation film in 2003 with "Spirited Away."

One of the secrets for the success of Miyazaki's animation is the fact that it uses hand-drawn art throughout without much computer graphics. That should help lead to delicate and sensitive expressions in animation of the Miyazaki style, unlike typical American animated films. In the Reuters' article, he is quoted as saying "I think animation is something that needs the pencil, needs man's drawing hand, and that is why I decided to do this work in this way." It should be pointed out, however, that this is easy for him to say, as it is not Miyazaki himself but many young animation writers and technicians at Studio Ghibli, who do drawing work almost 24 hours a day and 365 days a year to meet the deadline for Miyazaki's film. As a result, the animation industry in Japan has become known as one of underpay and overwork.

What a person like Miyazaki should do is not just produce good animation films, but also create good working conditions for future generations of animation writers and technicians in Japan. Otherwise, fewer and fewer young people would be willing to work for the animation industry, which might have to move out of Japan to seek workforce in other Asian countries in the future.
  1. 2008/09/01(月) 23:58:43|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

財政よりも金融を:Financial Rather Than Fiscal Policy

財政よりも金融を:Financial Rather Than Fiscal Policy

今すべきことは何か:What to Do Now

AFPの記事(下のリンク参照)によると、日本政府は、今年の第2四半期にマイナス成長を記録したことを受けて、今週末までに景気対策を取りまとめて発表するとのこと。ここで景気対策の規模はおそらく8兆円近くの規模になるといわれているが、それは今日の苦しい財政状況のために従来の景気対策と比べると比較的小規模である。実際に、景気対策の規模が政府と連立与党の間では主要な政治問題となっており、財政改革に対する意見の相違があることを反映しているといえる。
真の問題は、景気対策の規模ではなく、財政政策の効果があるかないかということである。思えば現在の景気悪化の主要な原因は、財政よりも金融にかかわるものである。国際的にはサブプライム問題が原因であり、国内的には不動産に対する融資が激減したことが住宅やその他の不動産の市場を落ち込ませ、それが他の部門にも広がったことが原因となった。したがって、景気対策としては、財政政策よりもむしろ金融政策にもっと重点を置くべきであろう。
政府ができることは、金融機関を指導して不動産業、特に中小業者および小売業やその他消費関連産業に企業への貸し渋りをやめて、もっと資金を貸すようにさせることである。これこそ金融庁が今すぐやるべきことであり、そうすればこれ以上の景気の下落を避ける上でどんな財政政策よりも効果が上がるであろう。
Article:
"Global Japan's Economic Package to Reach 73 Billion Dollars: Report"
AFP (8/24/2008)
http://afp.google.com/article/ALeqM5hfYsPYkBe-au6VfPEfHKoFZ6hovQ

It is reported in the AFP article linked above that the Japanese government is to announce an economic package to stimulate the economy by the end of this week, as Japan's economy registered a negative GDP growth rate for the second quarter this year. The stimulus package this time is said to be worth about 73 billion dollars, relatively small compared to previous economic packages due to fiscal constraints in today's Japan. Actually, the size of the package seems to be a major political issue within the government and the ruling coalition, reflecting the absence of consensus regarding the government's fiscal reform.

The real issue is not the size of the stimulus package, but rather the effect, or the lack of it, of fiscal policy itself. Come to think of it, the main cause of the current economic downturn in the Japanese economy as well as in the global economy is financial rather than fiscal in nature. Globally, the subprime loan problem is the source of economic slowdown, and domestically sharply curtailed bank loans for real estate have caused serious problems in housing and other real estate markets, spreading into other fields in Japan. Therefore, more attention should be paid to financial measures than fiscal measures in the current economic stimulus package.

One thing that the government can do is give strong guidance to financial institutions for lending more money to real estate companies, especially small and medium sized ones, as well as retail and other consumer-related businesses. This is exactly what the Financial Services Agency should do at this point, and will be more effective than any fiscal measure to avoid further downward movements in the Japanese economy.
  1. 2008/08/25(月) 21:58:14|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

成り立たない「デカップリング」:"Decoupling" Does Not Hold

成り立たない「デカップリング」:"Decoupling" Does Not Hold

新興国経済の失速:Emerging Economies Are Hurting

新興国経済、特に中国やインドを含むアジア経済は非常に強いので、米景気の下落には影響されないという議論がなされてきた。これは先進国経済と新興国経済との動向は独立で、同時に不況になることはないという「デカップリング理論」といわれるものである。日本経済について楽観的である人の多くがこの理論を信じており、対米輸出の減少が新興国経済向けの輸出の増大で相殺されることを期待している。
しかしながら、下にリンクされている「Daily Yomiuri」の記事にあるように、「デカップリング理論」が妥当しないことが明らかになるのは時間の問題であった。事実、米国と欧州経済の景気低迷が中国やインドなどの新興国経済にマイナスの影響を与え始めている。その結果、日本経済は米景気の失速に大きく影響されており、結局そのマイナスを新興国の景気で相殺できなかった。
「デカップリング理論」そのものは成り立たないものの、米景気の失速と新興国景気の低迷との間の時間差が、日本経済へのマイナス影響を軽微にしており、また日本政府が景気刺激策を取るまでの時間を稼ぐ上で重要な役割を果たしている。ただし、実際に政府が不況を避ける対策が取れるかどうかは別問題で、日本国内の政治情勢に依存しているといえる。
Article:
"Global Downturn Hurting Emerging Economies/Asian ‘Decoupling’ Theory Discredited; Japan Prospects Dim"
The Daily Yomiuri (8/17/2008)
http://www.yomiuri.co.jp/dy/business/20080817TDY03001.htm

It has been argued that emerging economies, especially the Asian economies including China and India, are so strong by themselves that they might be immune to the downturn of the U.S. economy. This is what is called the “decoupling theory,” meaning that advanced economies and emerging economies tend to show independent movements, and not to fall into recession at the same time. Many of those who are optimistic about the Japanese economy believed this theory, hoping that decreases in exports for the U.S. and other advanced economies would be offset by increases in exports for emerging economies.
As pointed out in the Daily Yomiuri article linked above, however, it was just a matter of time before we see the “decoupling theory” break down. In fact, the recessionary pressure of the U.S. and European economies are now beginning to take a toll on many of the emerging economies, particularly China and India. As a result, the Japanese economy is being severely affected by the down turn of the U.S. economy, which has not been offset by emerging economies after all.
Although the decoupling theory does not hold, the time lag between the downturn of the U.S. economy and the slowdown of emerging economies should play an important role in moderating the negative impact on the Japanese economy and buying time for the Japanese government to adopt economic stimulus measures. Whether the government can actually make such a move to avoid a recession is another matter, depending on the political situation in Japan.
  1. 2008/08/17(日) 23:59:31|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オリンピックに関する意見論文:Opinions on the Olympics

オリンピックに関する意見論文:Opinions on the Olympics

読売VS中国人記者:Yomiuri Vs. Chinese Journalist

北京オリンピックに関して、日本を代表する「読売新聞」と「Japan Times」が対照的な内容の意見論文を載せている。
読売の社説(下の英文および日本文の記事参照)は、その題名や最初の文章「北京オリンピックが金曜に開幕した」からするといかにも「中立的」なコメントであるように見えるが、実際はかなり強い意見論文で、チベット問題、最近のテロ事件、厳しい安全規制、報道の抑圧、さらには環境問題にいたるまで色々な中国の問題を強調する内容になっている。それに加えて最後には、「(オリンピックで)日本に栄光を」といったナショナリステックな文章で締めくくっている。もちろん以前から保守的な新聞で、中国における報道について日本のジャーナリストが抑圧される事件が起こった後だけに、このように中国に対して厳しいスタンスを打ち出すことはある程度理解できるが、それにしても読売がこのところ例えば靖国問題などでやや温和で国際的な視点を取り始めていることに鑑みると、その流れからこの社説はかなりかけ離れているように見える。
他方、「Japan Times」に中国のジャーナリストが寄稿した興味深いオピニオン論文(下のリンク参照)では、このような中国に対する批判を退けており、「批判されることは問題ないが、正しくない非難も交えて西側が中国に対して道徳的な善悪の判断を下すことは間違い」であり、「西側が中国の非民主的政治体制や不透明性に対して疑問を抱くことは理解できるが、それらと中国の台頭を結びつけて恐怖感を抱くことは、主に中国に対する無知から生じている」と述べている。このような中国側のナショナリスティックなスタンスもまた問題が大きい。第一に、中国対西側という比較そのものが誤っており、むしろ「非民主的で不透明な国」対「民主的で透明な国」という比較にすべきである。さらに外部の無知や誤った非難を問題にすることは、中国が直面している中立的なメディアや情報の欠如を含めた現実の問題から容易に眼をそらすことになる危険があろう。
できるならば、オリンピックが中国および他の国の国民に、オリンピック競技は一見国どうしの競争のように見えるが、実は個人の競技者がフェアでオープンなルールのもとで競争することが主眼であり、それに参加し結果を出すことが国民としてのプライドや栄光に結びつくということを理解するよい機会になることを希望したい。
Article:
"The World’s Eyes Are On China"
The Daily Yomiuri (8/8/2008)
http://www.yomiuri.co.jp/dy/editorial/20080808TDY04305.htm
参考:Reference:
「北京五輪開幕 世界が中国を注視している」
読売社説(8/8):
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20080807-OYT1T00904.htm
"Stop Criticizing China, It Has Come So Far" (by Lijia Zhang)
The Japan Times (8/7/2008)
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/eo20080807a1.html

There are two contrasting editorial articles on the Beijing Olympics appearing in Japan’s representative newspapers, namely, the Yomiuri Shimbun and the Japan Times (see the links above).

The Yomiuri editorial article first appears to be a kind of “neutral” comments on the opening of the Olympic games, due to its headline and the first sentence “The Summer Olympic Games open on Friday in Beijing,” but turns out to be a rather strong statement, emphasizing various problems in China from the Tibet issue, recent terrorism incidents, tight security regulations, suppression of press freedom to the environmental problem. In addition, the article ends with a nationalistic expression “Japan ready to shine.” Although it is understandable that the traditionally conservative newspaper takes such a severe stance against China in wake of the ruthless suppression of press freedom involving Japanese journalists, this particular editorial does not seem to be in line with a more open-minded and international viewpoint that the Yomiuri has recently taken, for example, on the Yasukuni Shrine issue.

In contrast, an interesting opinion article written by a Chinese journalist in the Japan Times dismisses various criticisms against China by stating that “I have no problem with negative stories, but I think it’s wrong for the West to stand in moral judgment, especially when some of the accusations are not true” and “although I can understand how China’s undemocratic political system and lack of transparency make the West uneasy, especially when matched with the country’s rise, much of the fear is generated by ignorance.” There are problems with this kind of nationalistic stance for China, too. For one thing, China versus the West is the wrong comparison. The right comparison should be “undemocratic and non-transparent countries” versus “democratic and transparent countries.” Also, blaming others’ ignorance and false accusations is an easy way around the real issues, including the lack of neutral media and communications, facing China.

Hopefully, the Olympics will provide a good opportunity for people in China as well as in other countries to realize that although nations appear to be competing in the Games, it is the individual athletes who are competing with each other under fair and open rules, resulting in national pride and glories based on participation and outcomes.
  1. 2008/08/08(金) 12:40:28|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

グローネコ

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。