情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

半分しかないか、半分まだあるか?:Half Empty or Half Full?

半分しかないか、半分まだあるか?:Half Empty or Half Full?

成長率0.4%か年率2.4%か:Growth Rate 0.6% or 2.4% per year

本日の「The Japan Times」の記事「経済成長率は今期0.6%にとどまる」(下のリンク参照)を読むと、日本経済はかなり減速しているように思えるであろう。特に設備投資が減少したために、今年第1四半期の成長率は昨年度第4四半期の半分程度になったが、「このことは景気の減速を示すものであろうとエコノミストたちは述べている」とのこと。
しかし、「The Daily Yomiuri」の記事「GDPは年率2.4%で成長」(下のリンク参照)を見ると、同じ事柄についてまったく違った印象を持つのではないか。なぜならそこでは、消費と輸出が好調だったのでGDPが伸びたことが強調されているからである。「つまり戦後最長の今回の景気拡大は堅調に続くとアナリストたちは述べている」とのこと。
いったい景気が減速しつつあるといったエコノミストたちは誰なのか、また景気拡大が堅調であるといったアナリストたちは誰なのか、それは決して新聞には明らかにされない。したがって、読者はメディア・スマートになる必要があり、コップの水がもう半分なくなったのか、まだ半分あるのかを自分自身で決めなければならない。
参考:References
The Japan Times (5/18):
"Economy grew just 0.6% in quarter"
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nb20070518a1.html
The Daily Yomiuri (5/18):
"GDP grows at annual rate of 2.4%"
http://www.yomiuri.co.jp/dy/business/20070518TDY01003.htm

When you read today's Japan Times article "Economy grew just 0.6% in quarter" (see the link above), you might think that the Japanese economy is slowing down significantly. Is is emphasized that mainly due to declining capital expenditures, the growth rate for this year's first quarter is about half of the rate for the fourth quarter last year, "signalling that economic growth may be slowing, economists said."
But you would get a very different impression about the same matter, if you see The Daily Yomiuri article "GDP Grows at Annual Rate of 2.4%" (see the link above), where emphasis is on increasing consumption spending and exports to boost GDP. "Analysts said this indicates that the current business expansion, the longest in the postwar period, is firm," according to this article.
Who are the economists who said economic growth may be slowing, and who are the analysts who said the current expansion is firm? The newspapers will never tell you, so you should be media-smart and decide for yourself whether the glass is half empty or half full.
スポンサーサイト
  1. 2007/05/18(金) 14:39:42|
  2. 紙評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本の悲観と米の楽観:Japan's Pessimism & U.S. Optimism

日本の悲観と米の楽観:Japan's Pessimism & U.S. Optimism

株価下落の見出しの比較:Headline Comparison for Stock Prices

昨日の株価急落に関する本日の新聞の見出しのトーンが、日米間で明らかに違っているようにみえる。
例えば本日(2月1日)の日経新聞では、「チャイナ・ショック連鎖」、「米景気、軟着陸に不透明感」および「安倍政権、成長戦略に影?」といった見出しが踊っている。それに対して、米国のロサンゼルス・タイムズの見出しはもう少し楽観的で、例えば「不況?大勢の意見はノー」となっている。
このような日米間の差が、日本での継続的な株価下落と米国での速い回復の差にならなければいいが・・・

There seems to be a clear difference in the tone of headlines between Japanese and U.S. newspapers regarding yesterday's stock price decline.
For example, we can find such pessimistic headlines as "China Shock Wave," "Uncertainty in U.S. Economy" and "Affecting PM Abe's Growth Strategy?" in today's Nikkei Newspaper. On the other hand, in Los Angeles Times (2/28), there are more optistic headlines such as "Recession? Nah, Many Says."
I hope this difference would not lead to a further decline in Japanese stock prices and a quick recovery of the NY stock market.
  1. 2007/03/01(木) 23:59:19|
  2. 紙評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

教育基本法改正の社説比較:Editorials on New Education Law

教育基本法改正の社説比較:Editorials on New Education Law

意見割れるが反対なし:Divided Opinions But No Opposition

昨日国会を通過した改正教育基本法に関する日本の主要論文の社説は、大きく2つに割れている。
保守的な「読売」と「産経」はこの改正案可決を正しい方向への第一歩と賞賛しているのに対して、「日経」と「朝日」は慎重な姿勢で、特に教育への政府の過度の介入が将来起こる可能性に注意を促している。
しかし明確な反対論は聞こえず、「朝日」でさえも憂慮や心配を表明しているものの正面切った反対論は唱えていない。
同様なスタンスは「ニューヨーク・タイムズ」や「ロサンゼルス・タイムズ」のような米新聞の社説でも取られており、「ロサンゼルス・タイムズ」は反対とは言わないものの、皮肉を込めて「今や日本の生徒は算数と並んで愛国心も学び、理科に加えて公共の精神も勉強することができる」と書いている。
参考:References
読売新聞:Yomiuri
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20061215ig90.htm
産経新聞:Sankei
http://www.sankei.co.jp/ronsetsu/shucho/061216/shc061216001.htm
日経新聞:Nikkei
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/index20061215MS3M1500J15122006.html
朝日新聞:Asahi
http://www.asahi.com/paper/editorial.html
ニューヨーク・タイムズ:NY Times
http://www.nytimes.com/2006/12/16/world/asia/16japan.html?_r=1&oref=slogin
ロサンゼルス・タイムズ:LA Times
http://www.latimes.com/news/nationworld/world/?track=leftnav-world

The editorial opinions of Japan's major newspapers are divided regarding the new education law which was passed through the Diet yesterday.
While conservative Yomiuri and Sankei praise the passage of this new law as the first step in the right direction, Nikkei and Asahi show some caution, especially about the possibility of too much government intervention in education in the future.
It is interesting to note that no strong opposition is expressed even by Asahi, which shows some concern and reservation.
Similar stance is taken by such US Newspapers as New York Times and Los Angeles Times, where the latter sarcastically reports that "Japanese students can now look forward to studying patriotism as well as math, public spirit in addition to science."
  1. 2006/12/16(土) 23:59:48|
  2. 紙評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

米景気減速の報道:Reporting U.S. Economic Slowdown

米景気減速の報道:Reporting U.S. Economic Slowdown

楽観的な米メディア:Optimistic U.S. Media

米景気が第3四半期に急速に減速したが、それは夏の間住宅が大幅に落ち込んだためであったと米政府が昨日発表した。
興味深いのは今後の見通しについて、米メディアが日本のメディアよりも楽観的に報道していることである。
例えばロサンゼルスの記事のタイトルは「経済成長率鈍化:多くのアナリスト第4四半期の回復予想」となっているが、日経新聞は第4四半期の見通しは本文では触れずに、楽観・悲観両方のアナリストの論評を載せるにとどまっている。
このような日米の報道の違いは、1990年代初めのいわゆる「バブルの崩壊」以降日本が経験したトラウマから生じているのであろう。ここで現在の米経済は当時の日本経済とは、経済構造、金融システム、政府の政策などの面でまったく異なることはいうまでもない。したがって、米景気については楽観的になる理由が勝っているといえる。
参考:References
日経新聞:Nikkei Shimbun (10/28)
http://www.nikkei.co.jp/keiki/usgdp/
NY Times (10/28)
http://www.nytimes.com/2006/10/28/business/28econ.html?_r=1&oref=slogin
LA Times (10/28)
http://www.latimes.com/business/la-fi-econ28oct28,0,5220932.story?coll=la-home-business

The U.S. economy slowed down considerably in the third quarter, as the U.S. government announced yesterday. This is due to the sharp decline in housing for the summer.
What is interesting is that generally the U.S. media seems to be reporting this fact with more optimism for the future than the Japanese media.
For example, the title of the LA Times article reads:
"Economy's growth rate slows - Expansion should rebound again in the fourth quarter, many analysts say."
On the other hand, Nikkei Shimbun does not mention any forecast for the fourth quarter in the main text, but lists some contrasting views of two analysts, one optimistic and the other pessimistic.
This U.S.-Japan difference in media reporting may stem from the trauma that Japan has experienced since the so-called "bursting of the bubble" in the early 1990s. Needless to say, the U.S. economy now is very different from the Japanese economy then in terms of economic structure, financial systems and government policies. So there is good reason to be optimistic about the U.S. economy.
  1. 2006/10/28(土) 23:59:11|
  2. 紙評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

靖国参拝に関する社説:Editorials on Koizumi's Yasukuni Visit

靖国参拝に関する社説:Editorials on Koizumi's Yasukuni Visit

主要紙の間で割れる意見:Divided Opinions Among Major Newspapers

日本の主要新聞各紙は今朝の社説で小泉首相の靖国参拝問題を取り上げている。
予想されたように朝日と産経がこの問題についての両極の意見を提示して、朝日は「耳をふさぎ、目を閉ざし」という見出しで、また産経は「国の姿勢示した小泉首相」という見出しで社説を掲げている。またこれら2紙は、1面でも主張に近いニュースの見出しで自分たちの意見をキャンペーンしているのが目立つ。
それに対して、日経はもう少し控えめな扱いであるが、社説は「ひとりよがりの小泉首相靖国参拝」として批判的なトーンを打ち出している。
その意味では読売の社説がもっともはっきりせず、賛成でも反対でもなく煮え切らない。「『心の問題』だけではすまない」という一見批判的な見出しながら、その内容は批判ではなく、むしろ国立追悼施設の建設といった新しい追悼のあり方を議論すべきという提案が主である。
私にとって非常に興味深く参考になったのは、朝日の政教分離についての詳細なレポート(2、4面)で、日本の司法がこの難しい問題に対して最終的な判断を回避してきた経緯が説明されている。

Today all the major newspapers in Japan take up the issue of Prime Minister Kozumi's visit to Yasukuni Shrine in their editorial section.
As expected, Asahi and Sankei present two opposing views on this issue, the former putting up the headline "(Koizumi's) ears covered and eyes closed," while the latter praising Koizumi as "the prime minister showing Japan's posture." These two papers even devote their front pages to campaign their editorial opinions with value-loaded "news" headlines.
On the other hand, Nikkei's treatment of this issue is somewhat subdued, although its editorial with the headline "self-righteous prime minister's Yasukuni visit" is quite critical of Mr. Koizumi's handling of the issue.
In a sense, Yomiuri's editorial (see Reference below) is least interesting, as it is neither critical nor supportive. While its editorial headline "beyond the matter of conscience" sounds like a criticism against Mr. Koizumi, the editorial opinion itself is not. It is rather a proposal to discuss "a new way to mourn the war dead," such as the construction of a new national facility.
In my view, the most interesting and informative is Asahi's detailed reporting on the issue of separation between state and religion (on p. 2 and p. 4), where the Japanese judiciary seems to have avoided a final judgment on this difficult issue.
Reference:
Daily Yomiuri Editorial (8/16/2006):
http://www.yomiuri.co.jp/dy/editorial/20060816TDY04004.htm
  1. 2006/08/16(水) 14:23:37|
  2. 紙評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

格差問題・朝日VS日経:Asahi vs. Nikkei on Disparity Issue

格差問題・朝日VS日経:Asahi vs. Nikkei on Disparity Issue

異なる見出しの印象:Different Impressions by Headlines

今日の夕刊で、2006年版「労働経済白書」によれば若者の間(特に20歳代)で所得格差が拡大しつつあるように見えるというニュースが取り上げられている。
朝日新聞はこれを1面のトップ記事として「広がる格差」という見出しで報じているのに対して、日経新聞は2面により小さな記事で取り上げ、見出しも「将来の格差拡大懸念」(ネット版ではこの見出しさえも削除)としている。この違いは、両紙による所得格差の解釈と評価の違いを反映していることは明らかである。

朝日新聞「20代の所得格差広がる」(Asahi's net version)
http://www.asahi.com/life/update/0808/006.html/
日経新聞「若者の非正規雇用が急増」(Nikkei's net version)
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20060808AT3S0701H08082006.html/

In the evening edition of today's newspapers it is reported that income disparity among young people, especially those in their 20s, seems to be increasing, according to this year's White Paper on Labor Economy,
While Asahi Shimbun takes this up as the leading article on the front page with the headline "Widening Disparity," Nikkei Shimbun puts up a smaller piece on the second page with the headline "Concern About Future Diparity"(even this headline is dropped in its net version). This difference in headlines is clearly reflecting differences in interpretation and evaluation of income disparity between the two newspapers.
  1. 2006/08/08(火) 23:14:10|
  2. 紙評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

靖国問題・日経VS産経:Nikkei vs. Sankei on Yasukuni

靖国問題・日経VS産経: Nikkei vs. Sankei on Yasukuni

見出しで変わる印象:Headlines Make Big Difference

今朝の各紙に、日本遺族会が2日の正副会長会議で、靖国神社からA級戦犯を分祀する問題について9月の自民党総裁選挙後に協議することを決定したとのニュースが載った。記事の内容そのものは各紙かなり似通っており、通常のフォーマットで事実を報道していたが、見出しのつけ方で大きな違いが見られた。
まず日経は1面で取り上げ、「分祀問題協議へ」という見出しを付けて、その下に小見出しで「遺族会、自民総裁選後に」と付け加えたのに対して、産経では「分祀論・対応先送り」という見出しで、小見出しが「日本遺族会・総裁選後に」となっていた。
この違いは、明らかに日経が、いつになるかは二の次で、とにかく「協議することを決めた」という部分が重要とみなすのに対して、産経は「協議が先送りにされた」という部分を強調して、できれば永久に延期すべきというニュアンスを出したためといえる。
ほぼ同じ内容のニュースが見出しによってこれだけ印象が変わることに、読者は十分注意しなければならない。マスコミ報道を批判的に見るようないわゆる「メディア・リテラシー」を持って日々のニュースに接する必要があることを痛感させる今朝の新聞報道であった。

In today's newspapers it is reported that the Japan War-Bereaved Families Association decided to discuss the war crimial issue related to Yasukini Shrine after the LDP presidential election in September, or in other words, to postpone discussion of the issue until after the election.
The former expression (i.e., to "discuss the issue" after the election) is adopted in Nikkei Newspaper, which is to emphasize the importance of discussing the issue whenever it takes place. On the other hand, the latter expression (to "postpone discussion of the issue" until after the election) is seen in Sankei Newspaper, which is discounting the importance of this particular issue and obviously wishing to see it postponed indefinitely.
Newspaper headlines can make such a big difference in general impressions on the same news, and the reader should have media-literacy in understanding real meanings of the news that he or she reads in the newspaper.
Reference: The Japan Times (8/3/2006)
"Discuss Yasukuni after LDP poll: lobby"
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nn20060803a2.html
  1. 2006/08/03(木) 17:08:24|
  2. 紙評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

米国の政治的な気候異変: A Political Climate Change

ゴアは大統領向きか?: Gore for Next President?

本日(26日)付のDaily Yomiuriに収録されているWashington Post Outlookの2つの記事によると、アル・ゴア元副大統領の地球温暖化についての映画や本が評判になっており(このブログでも7月22日の書評で取り上げた通り)、政治的な気候異変をもたらしつつあるように見えるが、アメリカ人はまだ環境問題に真剣に取り組もうとしていない。実際に先月有名なPew Global Attitudes Projectが発表した世論調査結果でも、地球温暖化を深刻な問題と捉えているアメリカ人は19%で、日本人の66%やインド人の65%と比べるとまだ非常に低い。
しかし、今後エネルギー価格がもっと高騰し、エネルギー危機が起これば、アメリカ人も自分のふところが痛む問題として省エネに真剣にならざるを得ないであろう。
いずれにしてもゴアは、優れた有識者であるが政治的な能力に限界があるので、大統領よりは副大統領に向いているのではないだろうかーーというのが記事の内容で、なるほどと思わせる結論。

According to the Washington Post Outlook articles about Al Gore, reprinted in today's issue of Daily Yomiuri, while Gore's popular movie and book on global warming appear to cause a political climate change in the U.S. (for his bestseller, see my blog page on July 22), the American public is yet to take up seriously the environmental issue, as "a Pew Global Attitudes Project poll last month found that only 19 percent of Amricans care about global warming 'a great deal,' compared with 66 percent of Japanese and 65 percent of Indians," But energy price hikes and possibly energy crises could force Americans to get serious about conservation in the near future.
In the meantime, Gore might think about running for "vice" president, rather than president, as a distinguished public servant with limited political skills -- sounds like a very reasonable recommendation.

Original postings of the two articles:
http://www.washingtonpost.com/
Search for the following (registration required):
"Warming to the Inconvenient Facts"
"Another Kind of Gore '08 Bandwagon"
  1. 2006/07/26(水) 16:57:28|
  2. 紙評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

グローネコ

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。