情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

櫻井よしこの最新著:Yoshiko Sakurai's Newest Book

櫻井よしこの最新著:Yoshiko Sakurai's Newest Book

『日本よ、勁き国となれ』:"Japan Be A Strong Nation" (2007)
http://www.jbook.co.jp/p/p.aspx/3397590/s/

本書は櫻井よしこが最近雑誌に投稿した論文を集めたもので、内容は公務員改革や教育改革といった国際問題から歴史問題や北朝鮮問題といった国際問題まで幅広いテーマに及んでいる。
著者のスタンスはこの本の「はじめに」に明確に書かれている。それによると、米国が徐々にその力を失っている一方で、中国はアジアでのプレゼンスと影響力を急速に高めており、特に日本に対して「狡猾な手法」を使い、歴史問題をあげつらって日本を同義的に孤立させ、米国内で反日的な運動を盛り上げて日米関係を弱体化させようとしているという。最近の日本の「慰安婦問題」に関する米上院の決議はその一例。また、米国は日本よりも中国への支持に傾き始めているうようであるが、それは米国政府高官が中国の真意を理解していないからである。したがって、日本は自分の国の原則や価値をはっきりと主張する勇気を持つ強い国になるべきで、それによって逆境を乗り切り、21世紀の世界をリードすべきというのが著者の結論である。
この本を読んで抱いた印象は、著者が日本のナショナリストというよりも、強硬な反共主義の評論家で、それは著者のバックグラウンド、つまりベトナムで生まれ、ハワイで教育を受け、「クリスチャン・サイエンス・モニター」紙東京支局勤務の後に、東京のテレビニュースキャスターになったという経歴が物語っているといえるのではないか。
参考:Reference
櫻井よしこのホームページ:
http://www.yoshiko-sakurai.jp/

This book is a collection of the articles that Yoshiko Sakurai recently published in various magazines. Her interests are wide-ranging, from such domestic issues as the bureaucratic reform and the education reform to such international problems as the history issues and the North Korea problem.
Her stance is clearly expressed in the introductory part, where she maintains that the US is gradually losing its power, whereas China is rapidly increasing its presence and influence in Asia. In particular, she emphasizes that China has adopted “shrewd tactics” to isolate Japan morally by publicizing the history issues and to weaken the Japan-US relationship by organizing anti-Japanese movements within the US, where the recent Senate resolution on the “comfort women" problem is a result of such movements. She also points out that the US may appear to be leaning toward China, rather than Japan, possibly due to the lack of knowledge about China’s intension on the part of US officials. Therefore, she concludes that Japan should be strong and have courage to speak out and insist on its principle and values for the purpose of overcoming adversity and leading the world in the 21st century.
Having read this book, I had an impression that Yoshiko Sakurai mmay be a hard-core anti-communist opinion leader, rather than a pure Japanese nationalist, as indicated by her background, that is that she was born in Vietnam, educated in Hawaii and worked as a journalist at the Tokyo bureau of Chiristian Science Monitor, before becoming a TV newscaster in Tokyo.
スポンサーサイト
  1. 2007/08/05(日) 22:50:10|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

経営分野の金字塔的研究:Monumental Work in Management

経営分野の金字塔的研究:Monumental Work in Management

小林規威教授の最新著書:Prof. Kobayashi's New Book

『日本の国際化企業』中央経済社(2007年5月)
☆☆☆☆☆(100点)
http://bookwebpro.kinokuniya.co.jp/wshosea.cgi?W-NIPS=998203992X

この本で小林教授が強調しているのは、国際化はそれ自体が目的ではなく、経営目標を達成する一手段にすぎないということである。
そこでは、日本を代表する66社について国際化の程度と経営パフォーマンスの水準との関係が検討されており、注意深く準備がなされないならば国際化は必ずしも経営パフォーマンスの改善を意味しないという結論が導かれている。
したがって、重要なのは経営者が刻々変化するビジネス状況にフレキシブルに対応する一方で、国際化の過程で経営パフォーマンスを改善するために十分な準備と努力をする必要があるということである。
明らかにこの本は、日本の企業データに基づいた国際経営分野における「金字塔的」な研究であるといえよう(英文の要旨は以下を参照)。
参考:Reference
Noritake KOBAYASHI "Internationalization and Business Performance of Japanese Corporations": GLOCOM Platform (5/14):
http://www.glocom.org/opinions/essays/20070514_kobayashi_international/

In this book, Prof. Kobayashi emphasizes that internationalization is not an end by itself, but a means to achieve managerial objectives.
He examines possible relations between the degree of internationalization and the level of business performance for Japan's 66 representative corporations, and concludes that internationalization does not necessarily mean a better business performance, unless careful preparations are taken.
Therefore, it seems essential for management to be flexible in responding to ever changing business conditions, while making enough preparations and efforts to improve business performance in the process of internationalization, according to Prof. Kobayashi.
This book is clearly a "monumental" work in international management based on Japanese business data (see the link above for its English summary).
  1. 2007/06/12(火) 23:21:33|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「朝鮮半島核外交」:"Korean Peninsula Nuclear Diplomacy"

「朝鮮半島核外交」:"Korean Peninsula Nuclear Diplomacy"

重村智計教授の新書:Prof. Shigemura's New Paperback

『朝鮮半島「核」外交』 講談社現代新書(2006年12月)
☆☆☆半(70 points/100)
http://www.jbook.co.jp/p/p.aspx/3256395/s/
この本は重村智計早大教授の最新の著書で、そこでの明確なメッセージは、北朝鮮の体制変更が今必要で、それを米国と中国と韓国が行わなければならない。そうしなければ、間もなく北朝鮮は核ミサイルを持つようになり、アジアは核拡散の時代を迎えるであろうという主張である。
また、金正日は1990年代に共産党の権力を奪うある種の軍事クーデターを起し、それが最近の核の開発と実験につながったことも指摘されている。
しかし結論としては、日本は現在の制裁を維持して核問題と拉致問題の解決を主張し続けなければならないが、どんなことがあっても朝鮮半島の紛争には直接関与すべきでなく、できるだけ客観的に朝鮮半島で起っていることを観察し分析することに専念すべきというーー非常に現実的ではあるがスッキリしない政策提言である。

This is Waseda University Professor Toshimitsu Shigemura's newest book with his clear message that North Korea's regime change is necessary now and should be taken care of by the U.S., China and South Korea. Otherwise, North Korea would soon have nuclear missiles, that might well trigger a new trend of nuclear proliferation in Asia.
He also points out that Kim Jong-il launched a kind of military coup to overtake political power from the Communist party in the 1990s, leading to the development and tests of a nuclear bomb in recent years.
In conclusion, however, he emphasizes that while Japan must continue to insist on the solution of the nuclear issue as well as the abductee problem with current sanctions intact, Japan should not directly get involved in any conflict whatsoever in the Korean Peninsula, and the best Japan could do is observe and analyze the situation in the Peninsula as objectively as possible -- a very realistic but frustrating policy recommendation.
  1. 2007/01/18(木) 17:16:57|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本のインテリジェンスについて:On Japan's Intelligence

日本のインテリジェンスについて:On Japan's Intelligence

手嶋龍一・佐藤優対談ベストセラー:Teshima-Sato's Bestseller

「インテリジェンス:武器なき戦争」(幻冬舎新書)2006年
☆☆☆☆(80点)
昨日友人から贈られた本で、現在ノンフィクション部門のベストセラー1位。内容は、インテリジェンス(諜報)活動に非常に詳しいジャーナリストと外交官の対談で、興味深いやりとりが含まれている。
本日の日経夕刊(p. 7)にも書評が載っており、そこではインテリジェンスに関わる「人間の資質」を強調している手嶋龍一の発言が引用されている。実際にその点こそがこの本の最も重要なメッセージで、その理由は、彼らがいうように「日本版NSC」や「安倍晋三版CIA」といった組織や器をつくったとしても、その分野でよい人材がいなければ何の役割りも果さないからである。また佐藤優は、正規のインテリジェンス・スクールをつくり、手嶋のような人物を学長にして、有能なインテリジェンス・オフィサーを教育し、情報を適切に共有する「インテリジェンス・コミュニティ」を育成することを提案している。
ちょうど今、米国で公開中の映画「The Good Shepherd」は、CIAの創設期を扱っており、インテリジェンス組織を有効に機能させるために必要な人材についてよい参考例を見ることができる。
参考:References
「インテリジェンス:武器なき戦争」
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4344980115.html
「映画『The Good Shepherd』の批評」
http://glocom.seesaa.net/archives/20061231.html

Ryuichi Teshima & Masaru Sato "Intelligence: War Without Weapons" (Gentosha: 2006)
☆☆☆☆(80 points/100)
This book was given to me by a friend of mine yesterday, and is currently the number-one bestseller book in the non-fiction category. The content is an interesting dialogue between a journalist and a diplomat, both of whom know various aspects of intelligence activities in great detail.
It is taken up for review in the evening edition of today's Nikkei Shimbun (p. 7), where Teshima's emphasis on human quality in intelligence is quoted. In fact, that seems to be the most important message in this book, because, as they say, creating organizations or "containers" such as a Japanese version of NSC or an Abe version of CIA would not be effective without quality personnel in this field. Sato proposes establishment of a formal intelligence school, headed by a person like Teshima, to educate capable intelligence officers and to foster the "intelligence community," where key information can properly be shared.
It happens that the movie "The Good Shepherd," currently showing in the U.S., may be presenting a good example of the kind of people we need to run an effective intelligence organization such as the CIA.
  1. 2007/01/10(水) 19:07:25|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

団塊世代が働きたい理由:Why Babyboomers Wish to Work

団塊世代が働きたい理由:Why Babyboomers Wish to Work

「2007年団塊定年!」:"Retiring Babyboomers in 2007!"

著者:原田泰・鈴木準:Authors: Yutaka Harada & Hitoshi Suzuki
☆☆☆☆(80 points/100)
http://www.bk1.co.jp/product/2740928
この本は、団塊世代の定年とそれに関連する現象を紹介しているだけでなく、そのような現象の背景、理由、意味、展望などを提示しているという点で高く評価できる。
特に、団塊世代のほとんどの人がなぜ定年を迎えても働き続けたいのかの理由を見ることは興味深い。この本の説明によれば(p. 51)、もちろん主なものは経済的な理由で、日常の生活費をまかなうためにさらなる収入がほしいということであるが、それと同じくらい重要な理由は、満足感を得るために、社会的に人とつながっていたいからというものである。
著者たちは結論として、団塊の世代は今後ボランティアや地域の活動において社会の中核的なメンバーになるべきであると述べている。これは納得する以外にない。

This is an excellent book, which presents not only various facts on retiring babyboomers and related phenomena, but also their backgrounds, reasons, implications and future prospects in the context of aging population in Japan.
It is interesting to find out why an overwhelming majority of babyboomers wish to work even after their retirement age. According to the authors (p. 51), the main reason is, of course, economic in that they need to supplement their income for daily living, but at the same time, an almost equally important reason is that they would like to keep their social contacts and networks for satisfaction in their lives.
The authors seem to suggest that retiring babyboomers should become important members of the society in terms of volunteer work and local community activities. Anyone would agree with them in this respect.
  1. 2006/12/21(木) 21:36:27|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

新著「格差社会」:New Book on "Social Disparity"

新著「格差社会」:New Book on "Social Disparity"

橘木俊詔「格差社会」:Prof. Tachibanaki's Latest Book
☆☆☆☆(80 points/100)
橘木教授(京都大学)はこの最新の著書の中で、日本の経済格差はこのところずっと上昇し続けており、所得格差の度合はいまや西欧諸国よりも高く、主要国の間では米英に次いで不平等な社会になったと主張する。
データに基づく格差の事実に関する分析は実に包括的で、極めて説得的である。特に、日本の経済格差の拡大傾向は高齢化の現象の反映で単なる見かけ上に過ぎず、実際にはそれほど進んでいないというよく聞かれる議論に対して明確に反論している。
その一方で、「小さな政府のアメリカ型社会」に批判的な橘木教授の結論は、彼個人の価値判断に基づくもので、誰でも反論可能であろう。しかしいずれにしても、これは一読に値する本であることは間違いない。
参考:橘木俊詔「格差社会」(2006:岩波書店)
http://www.iwanami.co.jp/hensyu/sin/sin_kkn/kkn0609/sin_k317.html

Toshiaki Tachibanaki "Social Disparity" (2006, Iwanami)
Prof. Tachibanaki (Kyoto University) maintains that in Japan economic disparity has gradually been widening for the last several years and the degree of income inequality is now higher than most of the Western countries and only next to the U.S. and Britain among major countries.
His data and factual analysis on widening disparity seem very comprehensive and quite convincing. In particular, he clearly refutes the often-heard argument that Japan's economic disparity might be only in appearance, due to the aging phenomenon, and not in substance.
On the other hand, his conclusions, especially critical of "American-style society with small government," are based on his own value judgment and can be disputed by anyone. At any rate, this book is highly recommendable, along with his recent publication in English (see below).
Toshiaki Tachibanaki "Confronting Income Inequality in Japan" (2005, MIT Press)
https://mitpress.mit.edu/catalog/item/?ttype=2&tid=10719
  1. 2006/10/07(土) 23:59:38|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安倍首相のベストセラー: PM Abe's Bestseller

安倍首相のベストセラー: PM Abe's Bestseller

安倍晋三「美しい国へ」:"Toward a Beautiful Nation"
☆☆(40 points/100)
このベストセラー本は、安倍首相の政策課題を説明したものではなく、「おわりに」に明記されているように、政治リーダーとして日本を自信と誇りの持てる「美しい国」にしようとする気持ちや決意を表わしたものといえる。
しかし他方では「はじめに」で、自分の政治的目標を達成するために「闘う政治家」であることを強調しているが、この本のなかでは何のために闘い、誰と闘うのかは(拉致問題に関して北朝鮮と闘うという点以外は)明確に書かれてはいない。例えば、経済格差拡大の問題は存在そのものが疑問視されており、格差対策としては教育改革だけが簡単に触れられているだけで、それもスクールバウチャー制度だけが具体策というおそまつさ。
全体として、内容がまさにペーパーバック的な軽さで不満が残る。安倍政権そのものがこのような軽いものにならないことを希望したい。
参考サイト:
http://www.honya-town.co.jp/hst/HTdispatch?isbn_cd=4166605240

Shinzo Abe "Toward a Beautiful Nation" (2006)
This bestseller book is not intended to spell out PM Abe's policy agenda, but rather expressing his feelings and state of mind as a political leader who is trying to make Japan a "beautiful nation" with self-confidence and pride, as he explicitly states in the postscript of this book.
At the same time, he emphasizes his "fighting spirit" to achieve his political goals in the introduction, however, without clearly specifying what he is fighting for or whom he is fighting against (except North Korea regarding the abduction issue) in this book. For example, the issue of widening economic disparity is almost entirely dismissed, and educational reform is briefly mentioned as a means to mitigate possible disparity, but only a school voucher system is proposed to achieve such reform.
Overall, this is a disappointing piece with such light-weight content just as the weight of a typical paperback book. Hopefully, his administration is not going to be as light as that.
  1. 2006/10/06(金) 23:17:59|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ケベックの芸術を概観: Survey on Arts in Quebec

ケベックの芸術を概観: Survey on Arts in Quebec

安田敬・監修「ケベック発パフォーミングアーツの未来形」
Kei Yasuda ed. "Future of Performing Arts from Quebec"
☆☆☆☆(80点)
これはケベックのパフォーミングアートに関して4人の日本の執筆者が書いた本で、ダンス、演劇、マルチディシプリナリーアーツ、映画、音楽、サーカスといった分野とともにそれらの芸術を支える環境についてもカバーしている。
私が特に興味を持ったのは2002年にモントリオール国際ジャズフェスティバルでオスカー・ピーターソン賞を受賞した女性ピアニスト・ロレーヌ・デマレのインタビューで、それは戦後オスカー・ピーターソンによって発見されバークレー音楽院に留学して一流ジャズミュージシャンになった秋吉敏子を思い起こさせる。
この本は、日本とケベックが芸術分野でいかに深く広い関係を持ってきたか、また今後とも持っていくかをよく示している。高く評価し、ぜひ推薦したい本である。
参考:
この本について:
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31164020
本の目次:
http://www.sangensha.co.jp/allbooks/index/119.htm

Excellent book written in Japanese by 4 Japanese writers on the future of performing arts from Quebec, covering dance, play, multidisciplinary arts, film, music and circus as well as the background environment for such arts in Quebec.
I was particularly interested in the interview with Ms. Lorraine Desmarais, Jazz pianist awarded the Oscar Peterson prize at the 2002 International Jazz Festival in Montreal. This interview reminded me of Ms. Toshiko Akiyoshi, Japanese pianist, who was discovered and helped by Oscar Peterson in attending Berklee Music School and becoming a first-rate Jazz musician in the postwar period.
This book shows how deep and how widespread the relationship between Japan and Quebec has been, is, and will be in the cultural field in general and in performing arts in particular. It is really refreshing and eye-opening to read this kind of book, and I recommend it very highly.
  1. 2006/09/26(火) 18:07:01|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロナルド・ドーア教授の新著: Prof. Ronald Dore's New Book

Prof. Ronald Dore Dore0.jpg

ロナルド・ドーア教授の新著: Prof. Ronald Dore's New Book

「誰のための会社にするか」:"For Whose Benefit the Corporation"
☆☆☆☆半(90点)
数日前にドーア先生よりメールで書中見舞いが届き、そこに新著の英文サマリーが付けられていた。この本については以前からドーア先生から直接にお聞きしていたが、ついに出版されたということで、本日購入して早速読んでみた(なお上の写真は、ドーア先生がこの本に関する研究と宣伝のためにGLOCOMでセミナーを行なった際に私が撮ったもの)。
その結果、これは日本のビジネスのコーポレート・ガバナンスに関してこれまで書かれたものの中でもっとも重要な本の一つであるという結論に達した。
事実、最近ではこのようなドーア教授の主張に賛同し、逆に株主が他のステークホールダーよりも重要とする主張を疑問視するビジネスリーダーが増えてきたように見える。ドーア教授が流行に逆らって自説をかたくなに守り主張してきた態度にはただ敬服する以外にない。

以下がこの本のイントロの最初の部分である。
『私がこの本の題として「誰のための会社にするか」を選んだのは、「本来あるべき姿」などないと思うからである。一人一人異なる個人の価値体系によって、「あるべき姿」の理想が違う。また実在する姿ーーつまり、各国ごとのコーポレート・ガバナンス・システムーーは、それぞれの国の歴史・文化によって形成されている。それぞれの国ごとに共有されている「一般常識」の上に、国内のさまざまな集団の利害関係ーー相異なる、多くの場合相対立する利害関係ーーの葛藤・妥協が積み重ねられた末の産物なのである。』

岩波書店のサイト(この本の解説、目次、著者メッセージ等掲載):
http://www.iwanami.co.jp/hensyu/sin/sin_kkn/kkn0607/sin_k309.html

A couple days ago I received season's greetings from Prof. Dore by mail, along with a summary of his new book, which I had heard about directly from him from time to time. Now that I bought and read it earlier today, I am convinced that this is one of the most important books ever published about corporate governance in Japanese business.
In fact, there are some indications that more and more business leaders are accepting Prof. Dore's position and rejecting the widespread view that favors stockholders over other stakeholders. His persistence in maintaining and developing the dissenting view deserves high praise and deep respect.

The following is from the introductory part of the book:
"In explanation of the title (literally 'for whose benefit should [the law] prescribe the corporation to be'), the preface explains that it was chosen to emphasize the fact that, contrary to most discussions of corporate governance, there is no model of an essential or proper form of capitalism which the law should embody. Company law in any country is the product of clashing domestic interests and values, within the framework of that country’s modal political values and cultural predispositions."
  1. 2006/08/12(土) 16:30:37|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴア元副大統領のベストセラー:Al Gore's Bestseller

地球温暖化問題に焦点:Focus on Global Warming

アル・ゴア著「都合の悪い真実」(An Inconvenient Truth)
☆☆☆☆(80点)
元副大統領の著者がライフワークとする環境問題、特に地球温暖化について警告を発している本(Rodale出版、2006年)。内容は非常に説得力があり、米国でペーパーバックのベストセラー1位を何週か続けた本で、ロスで買って日本に送り、本日到着。
多くの写真や図表などが載っていて、映画を見ているように楽に読める。同名の映画についてこのブログに書いた感想と評論は以下を参照。なおこの本はリサイクル紙に印刷されているとのこと。
本について:
http://www.buzzflash.com/store/reviews/228
映画について:
http://glocom.seesaa.net/article/18775742.html

Al Gore "An Inconvenient Truth" (Paperback), Rodale, 2006
☆☆☆☆(Highly recommendable)
The former Vice President's bestseller paperback book on the environmental issue, especially on global warming. The book is easy to read and very convincing with a lot of photos, graphs and charts, almost like seeing the movie version of the book. It is printed on recycled paper.
About the book:
http://www.buzzflash.com/store/reviews/228
About the movie:
http://www.climatecrisis.net/


  1. 2006/07/22(土) 22:21:32|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

グローネコ

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。