情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ニュースレター新年号発行:Newsletter (Jan.) Issued

ニュースレター新年号発行:Newsletter (Jan.) Issued

情報発信の10年を振り返る:10 Years of Global Communication

情報発信ニュースレター新年号が発行された。
The January issue of our Newsletter is now posted as follows:
http://www.glocom.org/newsletters/newsletter_20081224.pdf

情報発信機構のこれまでの10年を振り返る
The past ten years of the Global Communications Platform activity is reviewed.
スポンサーサイト
  1. 2008/12/24(水) 23:28:36|
  2. 情報発信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今週注目のスミス論文:This Week's Highlight Smith Paper

今週注目のスミス論文:This Week's Highlight Smith Paper

情報発信のディベート論文: JAPAN-Debates@Platform

情報発信ネットワーク(http://www.glocom.org/)のディベート欄に以下の論文が掲載された:
JAPAN-Debates on Global Communications Platform:

"Yes, We Can, Japan - Yes, We Can"
Sheila A. Smith (Senior Fellow for Japan Studies, Council on Foreign Relations)
http://www.glocom.org/debates/20081218_smith_yes/

この日本語要旨は以下に掲載:
Japanese version:
「イエス・ウイ・キャン・ジャパン、われわれはできる」
シーラ・スミス (米外交問題評議会上級研究員)
http://www.glocom.org/indexj.html
  1. 2008/12/23(火) 08:04:35|
  2. 情報発信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

音楽産業と著作権問題:Music Industry & Copyright Issue

音楽産業と著作権問題:Music Industry & Copyright Issue

村井邦彦氏の講演:Mr. Kunihiko Murai's Lecture

村井氏:Mr. Murai 81212Murai2.jpg

国際的な音楽ビジネスに携わり、日本では有名な「翼をください」の作曲家でよく知られている村井邦彦氏が、12月12日に慶応義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科の特別講義で、「音楽産業と著作権ビジネスの将来」について講演を行った。村井氏の講義は、音楽家であるとともに、最初は日本で、後に米国で国際的な著作権ビジネスの会社を経営したビジネスマンとしての長年の経験に基づくものであった。その講演の要旨は以下の通りである。
長い間、アメリカは経済だけでなく音楽でもその優位性と繁栄を誇ってきた。ここでアメリカの音楽とは、ヨーロッパで生まれたメロディーとハーモニーに、アフリカのリズムを混ぜ合わせたものと考えられ、特に世界中の若者の間で人気を獲得してきた。そのような歴史的背景とともに、アングロサクソン文化の産物である「著作権」の体制が、アメリカ、ヨーロッパそして日本の音楽産業の基礎を固めたといえるであろう。実際に、この3つの地域が、世界中の音楽産業における「著作権」と「著作隣接権」から上がる収入の9割を占めているのである。
しかし、いまやインターネットとデジタル技術が、世界中の他の産業と同様に、音楽産業を根本的に変えつつある。IT革命によって音楽ビジネスにおける製造、複製、流通のコストが大幅に削減され、その結果、CDの売上が急速に減少しており、従来型のレコード(CD)会社が市場から退出を余儀なくされている。その代り、ダウンロード音楽が徐々に伸びているが、しかしCDの売上の減少を相殺するほど力強さはない。このことは、音楽産業全体が将来にわたって縮小していく可能性が高いことを意味している。
そのような縮小傾向を生みだしている主な理由の一つは、世界中で起こっている不法なダウンロードである。例えば、今年日本で最も多くダウンロードされたヒット曲は「そばにいるよ」という曲で、公式な数字では1000万回ほどダウンロードされたとのことであるが、日本国内でそれと同じくらいの回数で不法にダウンロードされており、海外ではその20倍もの不法ダウンロードが行われていると推定されている。
もしこのような状態が続くならば、現在知られているような形での音楽産業は、長期的には生き残れないであろう。それまでの間に、著作権保護の法的措置や著作権そのものの概念を再検討して、IT革命に適合するようなものになっていくかもしれない。
以上のような内容の村井氏の講演の後、参加者から色々な質問が出されたが、それは「デジタル技術が音楽の質に及ぼす影響」から「日本の音楽ビジネスにおける高コストの原因」まで多岐にわたる内容であった。村井氏がビジネスマンよりも音楽家としての顔を見せたのは、「よい音楽家をどう発見してどう育成していくべきか」という質問が出た際に、それに対して「よい音楽家は最初からよい音楽家で、最近でも本当によい音楽家は傑出しているので容易に見いだせる」と答えたときであった。望むらくは、音楽の質の向上が、音楽産業全体の売上の減少を相殺するほど顕著であってほしいものである。
参考:References:
村井邦彦:Kunihiko Murai:
http://music.goo.ne.jp/artist/ARTLISD1148359/
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Arch/MH/kunihikomurai/

Mr. Kunihiko Murai, international personality in music business and best known as the composer of the popular song “Tsubasa-wo-kudasai” (Wishing for Wings), gave a special lecture on the “future of music industry and copyright business” at Keio University's Graduate School of System Design and Management on December 12. Mr. Murai’s talk was based on his long-time experience as a musician as well as a businessperson to manage an international copyright company, initially in Japan and more recently in the US. The following is a summary of his lecture.

The US has long been enjoying its supremacy and prosperity in the economy as well as in music, where the so-called American-style of music may be considered a blend of “melody and harmony” of the European origin and “rhythm” of the African origin, which has become very popular, especially among young people, not only within the US but also everywhere else in the world. Given this historical development, the copyright system which is a product of the Anglo-Saxon culture, has given a solid foundation for music business in the US, Europe and Japan. In fact, these three regions account for as much as 90 percent of total revenue arising from “music copyright” and “neighborhood rights” in the world-wide music industry.

However, the Internet and digital technology are now drastically changing the music industry, just as other industries, throughout the world. Costs of production, reproduction and distribution in music business are substantially reduced due to the IT revolution. As a result, CD sales has rapidly been declining, and traditional record (CD) companies are gradually disappearing. Instead, music downloading seems to be growing steadily, but not fast enough to offset the decline in CD sales. This means that the music industry as a whole will likely be shrinking in the future.

One of the major causes for this shrinkage is illegal downloading, which is taking place everywhere in the world. For example, this year’s most popular download music piece in Japan is a song entitled “Sobani-iruyo” (I am by your side), which has been downloaded about 10 million times, according to official statistics. It is estimated, however, that almost the same number of times it may have been illegally downloaded within Japan and probably twenty times more often outside Japan. If this kind of situation continues, the music industry, as we know it, might not be able to survive in the long run. In the meantime, legal arrangements for copyright protection and the concept of copyright itself may well be reconsidered so as to adapt to the IT revolution.

After Mr. Murai’s talk, participants raised various questions, ranging from “digital impact on the quality of music” to “causes for high costs in Japan’s music business.” Mr. Murai sounded more of a musician than of a businessperson, when he answered the question of how to discover and train good musicians in this IT age by pointing out that “good musicians are good from the beginning, and truly good ones are so outstanding that we can find them rather easily even today.” Hopefully, the increasing quality of music will be significant enough to offset the declining volume in the music industry as a whole.
  1. 2008/12/13(土) 23:59:18|
  2. 情報発信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

危機を乗り越える思考の規律:Discipline for Thoughts to Meet Challenges

危機を乗り越える思考の規律:Discipline for Thoughts to Meet Challenges

GLOCOM研究協力委員会:GLOCOM's Quarterly Seminar Series

横山禎徳氏(スピーカー)および上村圭介氏(モデレーター)
Speaker Mr. Yoshinori Yokoyama, moderated by Mr. Keisuke Kamimura
横山氏 81211y10.jpg
司会の上村氏 81211k8.jpg

12月11日(木)午前10時より、東京丸の内の銀行倶楽部で、国際大学グローコムの「研究協力委員会12月会合」が開催され、スピーカーの横山禎徳氏(社会システム・デザイナー)より「大変革期を乗り越えるための思考の規律とは何か」というテーマで講演があった。モデレーターは、上村圭介国際大学GLOCOM准教授が務めた。
横山氏は最初に結論を提示し、「明晰な思考力とは、課題設定能力、つまりアジェンダ・シェーピング・リーダーシップである」と述べた。それを獲得するには、こだわりを捨てて率直に自然に発想し、新しい枠組みを求め続けることが大切。その際に、自分は「何を知らないのかを知らない」ということを肝に命じるべき。そこで必要な資質は、「度胸」と「ポジティブ・メンタル・アティチュード」であると指摘。
それに続いて、我々が「何を知らないのかを知らない」実例をいくつか説明。例えば、人口問題、食料問題、日本のGDP, 輸出、石油輸入の問題、防衛予算の問題、レアメタルの問題などについて、我々が事実をよく知らないポイントを取り上げた。さらに、現在深刻化している問題、例えばIT、高齢化、グローバリゼーション、サブプライム問題、日本の強さと弱さなどについて興味深い解釈も提示された。
その上で、考える枠組みと方法論を取り上げ、「戦略立案の枠組み」について5つのステップとキーワードを説明し、その基本的発想であるシステム思考を社会システム構築手法に発展させたものが、「社会システム・デザイン」であると指摘した。
実際に今日の日本にとって最も重要なテーマは、「超高齢化社会」を経営する体系の確立で、それをデザインする上での課題が説明された。そして望ましい日本社会をデザインし実現するために必要なのは、「マスター社会システム・デザイナー」(約20人)の創出、育成、配置によって縦割り行政を、課題ごとに横割りに再編し、エンドユーザーとしての消費者にサービスを提供することであると結論づけた。
以上のような横山氏によるプレゼンの後、上村氏の司会のもとで質疑応答が行われた。まず、システム思考と社会システム・デザイナーをどう訓練するかという質問に対して、横山氏はその訓練が実際には難しいことの理由を説明した。社会システム・デザイン上のシミュレーションについての質問については、横山氏は実際の「特区」の制度に触れてその限界を指摘した。最後に縦割りのシステムを横割りにすることの重要性を一般に説得する方法についての質問に対しては、横山氏は何度もチャレンジできる社会システムや潜在的に皆の興味を引き付けるテーマで社会をデザインすることが何よりも大切であり、それを行うリーダーシップが必要であることを強調した。
最後に、小林陽太郎国際大学理事長が挨拶し、横山氏の考える枠組みが今日の日本の政治レベルで生かされるようにとの希望を述べた上で、スピーカーに謝意を表して閉会となった。
参考:References:
GLOCOM研究協力委員会2008年9月会合(9/18):
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20080918.html
GLOCOM研究協力委員会2008年5月会合(5/28):
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20080528.html
GLOCOM研究協力委員会2008年2月会合(2/8):
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20080208.html
GLOCOM研究協力委員会2007年12月会合(12/6):
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20071206.html

The December meeting of GLOCOM’s Quarterly Seminar Series (Kenkyu Kyoryoku Iinkai) was held at Ginko Kyokai in Tokyo on December 11(Th), 10:00-noon, where Mr. Yoshinori Yokoyama (social system designer) talked about the “discipline for thoughts to overcome serious challenges of our time.” The moderator was Mr. Keisuke Kamimura, Associate Professor at GLOCOM.

Mr. Yokoyama first summarized his conclusion that clear thinking means “agenda shaping ability and leadership.” In order to acquire such an ability, one has to think naturally without preoccupations and keep seeking a new framework, where the key point is to realize that “I don’t know what I don’t know,” and have boldness and positive mental attitude as necessary personal quality.

Then, he took up a number of issues as examples to illustrate what we don’t know, such as population, food, Japan’s GDP, exports and oil imports, Japan’s defense budget, rare metals and other problems. Furthermore, alternative explanations were offered regarding IT, aging, globalization, the subprime loan problem, Japan’s strengths and weaknesses, etc.

After examining those problems, Mr. Yokoyama presented a framework and methodology for thoughts, or a framework for agenda shaping, consisting of 5 steps with corresponding key words, and explained the systems approach behind such a framework and “social system design” as an application of the systems approach to designing social systems.

He concluded that we must establish a system of managing “super-aging society” and think about key issues on designing such a system. In order to design and realize such a system, we need to create, train and utilize “master social system designers” (about twenty of them) who would help reform Japan’s vertical system of bureaucracy by reorganizing it horizontally on the issue-by-issue basis to serve consumers as end users.

After the presentations, Mr. Kamimura, moderator, led the Q&A session. The first question was about how to cultivate systems thinking and train social system designers, and Mr. Yokoyama responded that training a social designer is quite difficult in reality. He also mentioned the difficulty of simulating a social system by taking up the “special zone” policy, which he said has been a failure. In response to the question of how to impact the society about reforming the vertical system, Mr.Yokoyama replied that the important thing is to construct a society permitting mistakes and focusing on issues that can potentially attract people as well as the quality of leadership to achieve it.

In his closing remark, IUJ President Yotario Kobayashi expressed his wish to utilize Mr. Yokoyama’s ideas in Japanese politics and then thanks the speaker to conclude today’s seminar.

参加会員による討論:Discussion with Participants
Q&A 81211p8.jpg
小林国際大学理事長のコメント:Comments by IUJ President Kobayashi
81211e8.jpg
  1. 2008/12/11(木) 15:03:25|
  2. 情報発信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今週注目の大竹論文:This Week's Highlight Ohtake Paper

今週注目の大竹論文:This Week's Highlight Ohtake Paper

情報発信のオピニオン論文: JAPAN-Opinions@Platform

情報発信ネットワーク(http://www.glocom.org/)のオピニオンとして以下の論文が掲載された:
JAPAN-Opinions on Global Communications Platform:

"Understanding Market Mechanism and Economic Education in Japan"
Fumio Ohtake (Professor, Osaka University)
http://www.glocom.org/opinions/essays/20081208_ohtake_market/

この日本語要旨は以下に掲載:
Japanese version:
「日本での市場制度の理解と経済教育の問題」
大竹文雄 (大阪大学教授)
http://www.glocom.org/indexj.html
  1. 2008/12/08(月) 17:03:28|
  2. 情報発信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今週注目の石塚論文:This Week's Highlight Ishizuka Paper

今週注目の石塚論文:This Week's Highlight Ishizuka Paper

情報発信のオピニオン論文: JAPAN-Opinions@Platform

情報発信ネットワーク(http://www.glocom.org/)のオピニオンとして以下の論文が掲載された:
JAPAN-Opinions on Global Communications Platform:

"Rethinking Japan's Stance vis-a-vis U.S. on Eve of New Era"
Masahiko ISHIZUKA (Councilor, Foreign Press Center Japan, and Lecturer, Waseda University)
http://www.glocom.org/opinions/essays/20081201_ishizuka_rethink/

この日本語要旨は以下に掲載:
Japanese version:
「新時代における日本の対米姿勢の再検討」
石塚雅彦 (フォーリンプレスセンター評議員)
http://www.glocom.org/indexj.html
  1. 2008/12/01(月) 15:04:03|
  2. 情報発信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今週注目の伊藤論文:This Week's Highlight Ito Paper

今週注目の伊藤論文:This Week's Highlight Ito Paper

情報発信のオピニオン論文: JAPAN-Opinions@Platform

情報発信ネットワーク(http://www.glocom.org/)のオピニオンとして以下の論文が掲載された:
JAPAN-Opinions on Global Communications Platform:

"Can Japan Survive and Overcome Global Recession?"
Takatoshi ITO (Professor, University of Tokyo)
http://www.glocom.org/opinions/essays/20081125_ito_can/

この日本語要旨は以下に掲載:
Japanese version:
「世界同時不況を日本が克服するために」
伊藤隆敏 (東京大学教授)
http://www.glocom.org/indexj.html
  1. 2008/11/25(火) 19:03:53|
  2. 情報発信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

米新政権と日本の政治:New US President & Japan's Politics

米新政権と日本の政治:New US President & Japan's Politics

テンプル大・情報発信機構共催シンポ II:TUJ-IUJ Platform Symposium II

Panel: Mr. Stephen Givens, Mr. June Okumura & Mr. Kazuhiko Togo
81118a10.jpg

テーマ:「オバマ新大統領と日本の次期政治リーダー」
パネリスト:東郷和彦(テンプル大学ジャパンキャンパス客員教授)
       奥村 準(ユーラシア・グループ参与)
       スティーブン・ギブンズ(青山学院大学教授)
モデレーター:宮尾尊弘(国際大学教授)
主要論点:
以下がパネリストたちの意見の要旨。
1)次期米国のオバマ政権はどのような政権になるか。
まだオバマ政権がどのようなものになるか不明なため、パネリストが今言えるのは、「多少の不安がある」、「大きな問題は生じないのではないか」、「謎であるという以外にない」といった程度にとどまった。
2)民主党政権によるアジア政策(特に対日と対中)がどう変わるか。
パネリストが共通に指摘したのは、オバマ政権のアジェンダとしてはアジアの中でも日本はほとんど取り上げられていないが、今後の米企業保護などの国内政策の展開や主要閣僚の顔ぶれなどによって、日本がどう扱われるかが左右されるとともに、何といっても日本自身が米国および世界にとって何をするかがポイントになるということ。特にオバマ氏がアジェンダとして強調している「2つの戦争、地球環境の問題、金融危機対応」の分野で具体的に何ができるかが問われているとの指摘があった。
3)オバマ政権とうまく協力していくために日本は何をなすべきか。
まず企業レベルで、米系企業を救済するための買収や出資を、すでに日本の金融機関が行っているが、自動車産業についてもその可能性がある。ただしそれらが成功するかどうかは疑問があるが(ギブンズ氏)。オバマ氏一流の話し合い路線で、日本を始め同盟国にグローバル・インフラの形成・強化に対するさらなる協調分担を求めてくると思われるので、それにどう応えるかがポイント(奥村氏)。オバマ氏のアジェンダの中で「地球環境」と「核不拡散」の問題に日本がどこまで貢献できるかが重要で、それとの関連で対北朝鮮政策や安保同盟関係の強化について、日本が国内の政治問題を克服してきちんと対応できるかどうかが大きな課題(東郷氏)。
4)日本を正しい方向に導く次期政治リーダーは誰か。
パネリストに共通した意見として、もっと国内外にアピールできて立場や発言がぶれない国際派のリーダーが必要であるとのこと。ただし具体的には、小泉元首相とその直系のリーダーたちが言及された程度で、日本版オバマ氏の出現にはまだ時間がかかることが示唆された。
その後、参加者からの活発な意見が出たが、まだ新政権の全体像が見えないために自分の主張や印象を述べる程度にとどまった。このテーマはまた来年1月20日の大統領就任式以降にシンポジウムで取り上げて、より意味のある議論を展開したい。
資料:Reference:
テンプル大・情報発信機構共催シンポ I:TUJ-IUJ Platform Symposium I
「米大統領選の結果について:The Outcome of the US Elections」
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20081107.html

Topic: "New US President & Next Leader in Japanese Politics"
Panelists: Prof. Kazuhiko Togo (Temple University Japan)
Mr. Jun Okumura (Eurasia Group)
Prof. Stephen Givens (Aoyama Gakuin University)
Moderator: Prof. Takahiro Miyao (International University of Japan)

Main discussion points:
1) How to characterize new President Obama and his administration?
Since there is not yet much information available regarding the Obama administration, the panelists could not say much but “some concerns about the new administration,” “no major problems to be expected” and “still a mystery.”
2) How is Asia Policy (toward Japan and China) likely to change,
as Mr. Obama takes office?
The three panelists agreed that while Japan, unlike China, is not particularly mentioned in Mr. Obama’s policy agenda, his approach toward Japan will depend partly on who will be his main Cabinet members, and mostly on what Japan will do for the US and the world. Particularly important may be what Japan can contribute in the areas of “the two wars, global warming and the financial crisis” on Mr. Obama’s agenda.
3) What should Japan do to work effectively with the next Obama
administration?
First, on the private business level, Japanese companies can move in to help out American auto companies, as Japanese financial institutions have already been doing in the financial sector, although there is some doubt about the success of such an attempt (Mr. Givens). The point is how Japan can respond to the request that will most likely be made by Mr. Obama for more burden-sharing to build “global infrastructure” (Mr. Okumura). Crucially important is how much Japan can contribute to the issues of “global warming” and “nuclear nonproliferation,” especially in relation to North Korea and Japan-US security alliance by overcoming political problems within Japan (Mr. Togo).
4) Who should be Japan's next leader for Japan to move forward
with the Obama administration?
The three panelists agreed that a more domestically and internationally appealing leader with a strong will and a global perspective is urgently needed to steer Japan in the right direction. However, although the names of former Prime Minister Koizumi and a couple of his reformist allies were referred to by the panelists, it appeared that more time would be required to see the emergence of an “Obama” in Japanese politics.

After the panelists’ presentations, a lively discussion took place, where participants mainly expressed their opinions and impressions on an administration yet to be formed. A more meaningful discussion should be made in the next round of the symposium on this topic to be held after Inauguration Day, January 20, 2009.

Audience 81118b7.jpg
  1. 2008/11/18(火) 22:05:01|
  2. 情報発信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今週注目のコッサ論文:This Week's Highlight Cossa Paper

今週注目のコッサ論文:This Week's Highlight Cossa Paper

情報発信のアジア・オピニオン論文: ASIA-Opinions@Platform

情報発信ネットワーク(http://www.glocom.org/)のアジア・オピニオンとして以下の論文が掲載された:
ASIA-Opinions on Global Communications Platform:

"(Unsolicited) Advice on Asia Policy for President-elect Obama"
Ralph A. Cossa (President, Pacific Forum CSIS)
http://www.glocom.org/opinions/essays/20081106_cossa_advice/index.html

この日本語要旨は以下に掲載:
Japanese version:
「オバマ次期大統領へのアジア政策に関する(一方的)助言」
ラルフ・コッサ (CSISパシフィック・フォーラム会長)
http://www.glocom.org/indexj.html
  1. 2008/11/10(月) 23:31:10|
  2. 情報発信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

米大統領選の結果について:The Outcome of the US Elections

米大統領選の結果について:The Outcome of the US Elections

テンプル大・情報発信機構共催シンポ:TUJ-IUJ Platform Symposium

Mr. John Mock, Mr. Alex Brideau, Mr. Robert Dujarric & Mr. John Mirikitani
Panel 81106a11.jpg
Dujarric & Mirikitani 81106b8.jpg
Mock & Brideau 81106c9.jpg

11月6日にテンプル大学麻布ホールで、テンプル大学(TUJ)と国際大学情報発信機構(IUJ Platform)共催のシンポジウムがあり、「米大統領選の結果」についてパネルディスカッションが行われた。
パネリストは、ジョン・モック筑波大学教授、アレックス・ブリドー・ユーラシア・グループ・アナリスト、およびジョン・ミリキタニ・テンプル大学教授で、司会は、ロバート・デュジャリック・テンプル大学ICJS研究所長。
パネルディスカッションでは、バラク・オバマ氏のパーソナリティと彼が次期米大統領に選ばれた理由に議論が集中した。さらに、パネリストと他の参加者によって、オバマ氏の国際人としてのバックグラウンドおよび彼の東アジア政策、特に日本に対する政策についても議論された。
この続きは、11月18日に国際大学GLOCOMで開催されるTUJ-IUJ Platform共催シンポジウムで行われる予定である。

There was a symposium on "the outcome of the US elections," jointly sponsored by Temple University Japan and International University of Japan-Global Communications Platform at Temple University Azabu Hall on November 6.
The panelists were Prof. John Mock (Univ. of Tsukuba), Mr. Alex Brideau (Eurasia Group) and Prof. John Mirikitani (TUJ), moderated by Mr. Robert Dujarric (TUJ).
The panel discussion centered around Mr. Barack Obama's personality and the reasons for his election as the next US President. Also discussed by the panelists and participants were Mr. Obama's background as an "internationalist" and his future policy on Asia, especially on Japan.
The discussion will continue at the upcoming symposium also jointly sponsored by TUJ and IUJ Platform to be held at IUJ-GLOCOM on November 18.

References:
OBAMA-BIDEN Website:
http://www.obama.com/
Harvey Mason "YES WE CAN":
http://jp.youtube.com/watch?v=Lty0y_RGnxM
  1. 2008/11/07(金) 01:54:18|
  2. 情報発信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今週注目の木下論文:This Week's Highlight Kinoshita Paper

今週注目の米国選挙に関する論文:This Week's Paper on US Elections

情報発信のアジア・ディベート論文: ASIA-Debates@GLOCOM Platform

情報発信ネットワーク(http://www.glocom.org/)のアジア・ディベートとして以下の論文が掲載された:
ASIA-Debates on GLOCOM Platform:

"Presidential Candidate Views on Relations with Asia"
Pacific Forum (CSIS, Hawaii, USA)
http://www.glocom.org/debates/20081028_csis_presidential/

この日本語要旨は以下に掲載:
Japanese version:
「米大統領候補のアジア政策について」
CSISパシフィック・フォーラム
http://www.glocom.org/indexj.html
  1. 2008/11/04(火) 20:00:24|
  2. 情報発信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニュースレター11月号発行:Newsletter (Nov.) Issued

ニュースレター11月号発行:Newsletter (Nov.) Issued

金融危機と世界経済:Financial Crisis and Global Economy

情報発信ニュースレター11月号が発行された。
The November issue of our Newsletter is now posted as follows:
http://www.glocom.org/newsletters/newsletter_20081028.pdf

1面では、現下の大問題である金融危機と世界経済の行方を取り上げており、このテーマで書かれて最近情報発信プラットフォームに掲載された木下俊彦早大教授の論文に言及している。
http://www.glocom.org/sum_ja/past_heigh/indexj081020.html

On the front page, we take up the current financial crisis and the future of the global economy by referring to the recently posted article on this topic written by Waseda University Professor Toshihiko Kinoshita:
http://www.glocom.org/opinions/essays/20081016_kinoshita_us/
  1. 2008/10/28(火) 23:57:57|
  2. 情報発信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テンプル大シンポ「金融危機」:TUJ Panel "Financial Meltdown"

テンプル大シンポ「金融危機」:TUJ Panel "Financial Meltdown"

3人のパネリストによる議論:Discussion Among Three Panelists

Eva Leeds, Toshiyuki Yasui, Robert Dujarric, & Taggart Murphy
Panel 81022A11.jpg
Ms. Leeds and Mr. Yasui 81022B7.jpg
Mr. Dujarric, Mr. Murphy 81022C7.jpg
Full-house Audience 81022D8.jpg

Seminar Notice; Temple University Japan Campus:
http://www.tuj.ac.jp/newsite/main/news/specialevents/events_2008/events_081022.html
  1. 2008/10/22(水) 11:12:57|
  2. 情報発信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

情報発信セミナー10月会合:Platform Seminar Oct. Meeting

情報発信セミナー10月会合:Platform Seminar Oct. Meeting

カナダ・ケベックと日本:Canada, Quebec and Japan

Mr. Marc Beliveau & Speaker Mr. Daniel Dignard
(Delegation Office of Quebec Government in Tokyo)
マルク・べりボー氏とダニエル・ディニャール氏(ケベック州政府東京事務所)
81021MarcDaniel10.jpg
Speaker Meiji University Professor Yoshikazu Obata:
日本ケベック学界を立ち上げた小畑精和明治大学教授
81021Obata10.jpg

カナダ・ケベック出身の世界的に有名な「シルク・ドゥ・ソレイユ」が今月初めに、年間を通じて公演できる常設シアターを東京ディズニーリゾートに開設して、 新しいプレイ「ZED」を披露していることが広く報道されている。この機会をとらえて、月例の情報発信セミナー10月会合では、日本とカナダの関係を経済、資源、技術、芸術などの面について、一方では北米NAFTAの視点から、他方ではケベックの視点から取り上げた。日時は、10月21日(火)16:00-18:00、場所は六本木のGLOCOMホール。
まずパート1(英語)では、カナダ・ケベック州東京事務所の経済担当官のダニエル・ディニャール氏(Mr. Daniel Dignard)より、最近の北米NAFTAおよびカナダと日本の経済関係、さらにケベック州の持つ特別の役割と日本との関係についてプレゼンがあった。ディニャール氏は、特にNAFTAがカナダ経済、特にケベック州に対して持つプラスの影響を強調するとともに、日本がカナダとの関係、特にケベックとの関係を緊密にして、科学技術を始め様々な分野で協力することの重要性を指摘した。
それに次ぐパート2(日本語)では、最近「日本ケベック学会」(The Japan Association for Quebec Studies)を立ち上げた小畑精和明治大学教授より、ケベックの文化的・歴史的背景と日本から見たその意義についてのプレゼンがあった。特に小畑教授は、ケベックの文学や舞台芸術などの文化的活動の魅力について熱く語るとともに、日本の研究者や学生の間でケベックに対する興味が高まってきていること、その結果として日本でも新しくケベック学会を立ち上げたことを指摘した。
以上のプレゼン後、フリーなディスカッションが行われ、元カナダ大使やカナダ大使館のメンバーを含む参加者から多くの興味深い質問やコメントが出された。特に、ケベックでフランス語が使用されていることのプラス面とマイナス面などが取り上げられた。いずれにしても、カナダ・ケベックと日本との関係をより緊密にすることで両方が利益を受ける分野が、文化・社会からビジネス・技術に至るまで多くあることを認識させられるセミナーであった。
参考:
「日本・ケベック情報」ブログ:
http://japanquebec.blog76.fc2.com/

Platform Seminar (10/21): Canada, Quebec and Japan
It is widely reported that Cirque du Soleil, world-renowned performing art group from Quebec, Canada, opened a permanent venue in Tokyo Disney Resort earlier this month. In order to commemorate this special development, the October meeting of the Global Communications Platform seminar series was held, focusing on the relationship between Japan and Canada in a broader context of North America as well as in a well-focused context of Japan-Quebec relations, at GLOCOM Hall on 10/21(Tue) 4-6pm.

The first speaker was Mr. Daniel Dignard, Director of Economic Services, Delegation Office of Quebec Government in Tokyo, who gave a talk in English about economic relations between Japan and Canada with reference to NAFTA on one hand and Quebec on the other. Mr. Dignard emphasized the positive effect of NAFTA on Canada, especially on Quebec, and suggested a number of areas, such as science and technology cooperation, where Japan can benefit from a closer relationship with Canada in general and Quebec in particular.

The second speaker was Prof. Yoshikazu Obata (Meiji University), who has just launched a new
Association for Quebec Studies in Japan, and explained in Japanese about the cultural and histrocial background of Quebec and its significance from the viewpoint of Japan. Prof. Obata vividly described the attractiveness of the Quebec literature, performing arts, and other cultural activities, and pointed out an increasing interest in Quebec on the part of many Japanese scholars and students, leading to his inititative in launching a new association for Quebec studies.

After the presentations, a free discussion took place, and many interesting questions and commments were given by participants including a former ambassador to Canada, and a representative from the Canadian Embassy in Tokyo. In particular, some merits and demerits of using French as the main language in Quebec were discussed. At any rate, there seem to be a lot of good opportunities for Canada, Quebec and Japan to develop mutually beneficial relations in various fields, from culture and society to business and technology.
Reference:
Japan-Quebec Blog:
http://japanquebec.blog76.fc2.com/
  1. 2008/10/21(火) 23:59:40|
  2. 情報発信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今週注目の木下論文:This Week's Highlight Kinoshita Paper

今週注目の木下論文:This Week's Highlight Kinoshita Paper

情報発信のオピニオン論文: Opinon@GLOCOM Platform

情報発信ネットワーク(http://www.glocom.org/)のオピニオンとして以下の論文が掲載された:
Opinion on GLOCOM Platform:

"US Financial Crisis and Its Impact on Global Economy"
Toshihiko KINOSHITA (Professor, Waseda University)
http://www.glocom.org/opinions/essays/20081016_kinoshita_us/

この日本語要旨は以下に掲載:
Japanese version:
「米国発の金融危機と世界経済の変容」
木下俊彦 (早稲田大学教授)
http://www.glocom.org/indexj.html
  1. 2008/10/20(月) 21:57:35|
  2. 情報発信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今週注目の原田論文:This Week's Highlight Harada Paper

今週注目の原田論文:This Week's Highlight Harada Paper

情報発信のオピニオン論文: Opinon@GLOCOM Platform

情報発信ネットワーク(http://www.glocom.org/)のオピニオンとして以下の論文が掲載された:
Opinion on GLOCOM Platform:

"How to Succeed in Fiscal Reform without Tax Increases"
Yutaka HARADA (Chief Economist at Daiwa Institute of Research)
http://www.glocom.org/opinions/essays/20081006_harada_how/

この日本語要旨は以下に掲載:
Japanese version:
「増税なしの財政改革を推進せよ」
原田泰 (大和総研チーフエコノミスト)
http://www.glocom.org/indexj.html
  1. 2008/10/06(月) 22:16:29|
  2. 情報発信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

緒方貞子氏が新JICA理事長の講演:New JICA President Sadako Ogata

緒方貞子氏が新JICA理事長の講演:New JICA President Sadako Ogata

海外特派員協会の講演会:Luncheon Speech at FCCJ

Ms. Ogata FCCJ81002Ogata.jpg

10月1日に「新JICA」がスタートした。それは旧JICAと国際協力銀行(JBIC)を一本化して、技術協力、円借款および無償援助を含む日本のODAの大部分を統合するためであるとされる。その新JICAの緒方貞子理事長が、10月2日のFCCJにおけるランチョン・スピーチで、この新組織の使命やアプローチについて講演を行った。以下がその講演の要旨である。
よく知られているように、グローバリゼーションとは、地球温暖化、気候異変、食料危機、エネルギー危機などがグローバルな規模で相互に関連して起こることを意味する。新JICAは、このような相互に関連した問題に対して、開発援助の面で対応するために、世界の当面のニーズと長期の開発に向けて技術協力、円借款、無償援助などを統合して当たることを目的としている。つまり、日本の開発援助のハード面とソフト面を総動員してベストな結果を出すことを目指しているといえる。
今回特別なソフト面として、JICA内に新しい研究所が創設され、国内外の優秀な研究者を結集して経済的、政治的および社会的開発に関する研究活動を行う。このような研究は、貧困の問題を単に福祉や慈善によってではなく、経済的な機会を広げ、成長を促進することで解決を図るために、非常に重要となる。そのために、純粋に学問的な視点よりも、例えば先日横浜で開催されたアフリカサミット会議で議論されたように、アフリカ地域にある発展途上国に対して全体として有効な効果をもたらすような統合的な立場から研究を行うことが求められよう。しかしながら、この研究所はまだ開設されたばかりで、活動の詳細などは今後の課題である。
新JICAはその目的を遂行する上で、以下の3つの「S」をモットーとする。第1の「S」は、「スケール・アップ」で、今回の統合で事業規模が1兆円を超える世界最大の一国の援助機関となるので、それに応じて単純なプロジェクトは必要に応じてもっと総合的なプログラムに格上げして、様々な援助活動を拡大する。第2の「S」は、「スピード・アップ」である。現実の世界の動きはますます加速しており、JICAも本部集中型のオフィスから各地域に活動の中核を移すことがすでに進んでおり、それによって事業の規模と同時に遂行のスピードをさらに上げることが課題である。第3の「S」は、「スプレッド・アウト」で、これは援助対象国をさらに広げるという意味と、協力団体をもっと多方面に広げて、世界銀行やユニセフといった組織だけでなく、各国のビジネス界などとも連携を強めるという意味があり、それによって援助の目的をよりよく果たすようにすることが重要である。
最後に緒方理事長は参加者に対して、日本が世界の国々から期待されている国際的役割を開発援助の面で果たすことが出来るよう支援と支持を呼びかけた。そのような役割を、現下の日本の政治経済情勢のもとで果たすことができるかどうかが、講演後の質疑応答の中心的なテーマとなり、それに対して緒方理事長はプラスで前向きな姿勢と内容で応答した。この講演会は、最近では最も印象的な海外特派員協会でのランチョンスピーチであったといえる。
参考:Reference:
「国際協力機構」(Japan International Cooperation Agency)のウェブサイト:
日本語:http://www.jica.go.jp/
English: http://www.jica.go.jp/english/

On October 1, “New JICA” was launched to consolidate much of Japan’s ODA, including technical assistance, soft loans and grant aid, by merging old JICA and JBIC (Japan Bank for International Cooperation). The president of New JICA, Sadako Ogata, gave a talk on her new mission and approach at the FCCJ professional luncheon meeting on October 2. The following is a summary of Ms. Ogata’s presentation.

As we all know, globalization means that various problems like global warming, climate change, food and energy crises, etc. are interlinking with each other on the global scale. New JICA is intended to respond to those interlinking problems in terms of development assistance by coordinating Japan’s technical assistance, soft loans, grant aid, etc. for urgent needs as well as long-term development in the world. In other words, both hard and soft components of the nation’s development assistance should be put together to obtain best results.

One special soft component is a new research institute just established to conduct various research activities on economic, political and social development by recruiting first-rate researchers at home and abroad. This is important, because we are trying to deal with poverty not by welfare or charity, but rather by expanding economic opportunities and accelerating economic growth. For that purpose, serious research is necessary to find long-term solutions, not purely from the academic viewpoint, but from the comprehensive standpoint for combined effects on developing nations, especially in the African region, as extensively discussed at the TICAD summit meetings recently held in Yokohama. However, we have just started and yet to decide on details of this new institute.

New JICA has its renewed mission with three mottos, which I would call “three Ss.” First, “scaling up” of our activities with our total budget over $10 billion dollars, making us the world’s largest bilateral development assistance agency. Accordingly, various assistance activities can and should be expanded, say, from simple projects to more comprehensive programs. Second, “speeding up” of our operations. The world is not waiting for all of us to be ready to move. In fact, JICA started out with very much of a headquarter-based office, but now more staff members are out to work in the field to scale up and speed up our operations. Third, “spreading out” of our activities in terms of recipient countries to be offered more economic and social opportunities and also in terms of partners such as the World Bank, the UNICEF, as well as business communities in various countries to achieve our objectives.

Ms. Ogata concluded her talk by asking the audience for help and support for the new merged organization, which seems extremely important for Japan to play its international role in terms of development assistance, as expected by other countries in the world. Whether New JICA can fulfill its commitment under the current political and economic conditions in Japan was the focus of the Q&A session, which followed Ms. Ogata’s presentation. Her answers were positive and forward-looking all along, and this was certainly one of the most impressive luncheon speeches at FCCJ in recent years.
  1. 2008/10/02(木) 23:59:15|
  2. 情報発信
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

今週注目のディベート論文:This Week's Highlight Article for Debate

今週注目のディベート論文:This Week's Highlight Article for Debate

グロッサーマン/シュナイダー論文:Glosserman-Snyder Paper

情報発信ネットワーク(http://www.glocom.org/)の日本に関するディベート欄に以下の論文が掲載された:
JAPAN-Debates on GLOCOM Platform:

"Memo to Prime Minister Aso: Build Trilateralism"
Brad Glosserman (Executive director, Pacific Forum CSIS) and
Scott Snyder (Senior Associatem, Pacific Forum CSIS and Asia Foundation)
http://www.glocom.org/debates/20080926_gloss_memo/

この日本語要旨は以下に掲載:
Japanese version:
「麻生首相への提言:日米韓の協力関係構築を」
ブラッド・グロッサーマン、スコット・シュナイダー (CSISパシフィック・フォーラム)
http://www.glocom.org/indexj.html
  1. 2008/10/01(水) 23:59:41|
  2. 情報発信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニュースレター10月号発行:Newsletter (Oct.) Issued

ニュースレター10月号発行:Newsletter (Oct.) Issued

新興国の経済同盟:Alliance Among Emerging Economies

情報発信ニュースレター10月号が発行された。
The October issue of our Newsletter is now posted as follows:
http://www.glocom.org/newsletters/newsletter_20080925.pdf

1面には、情報発信セミナー9月会合が取り上げられており、そのセミナーでは、ブラジル大使館および日本の商社から二人の専門家が、ブラジル、インド、南アのような新興国が経済同盟を結成して活動していることの意味などが議論された。

On the front page, we summarizes what was discussed at our September seminar, where the alliance among newly emerging economies, such as Brazil, India and South Africa was focused on by two specialists, one from the Brazilian Embassy and the other from a Japanese trading company.
  1. 2008/09/25(木) 23:57:28|
  2. 情報発信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今週注目の清家論文:This Week's Highlight Seike Paper

今週注目の清家論文:This Week's Highlight Seike Paper

情報発信のオピニオン論文: Opinon@GLOCOM Platform

情報発信ネットワーク(http://www.glocom.org/)のオピニオンとして以下の論文が掲載された:
Opinion on GLOCOM Platform:

"Reexamination of Mandatory Retirement System in Japan"
Atsushi SEIKE (Professor, Keio University)
http://www.glocom.org/opinions/essays/20080922_seike_reexamine/

この日本語要旨は以下に掲載:
Japanese version:
「日本の定年退職制度の見直しが必要」
清家篤 (慶応義塾大学教授)
http://www.glocom.org/indexj.html
  1. 2008/09/23(火) 22:47:10|
  2. 情報発信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

グローネコ

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。