情報発信

自分から発信できるものは何でも載せます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

全てスペイン風の外観@SB:All Spanish Looks in SB

全てスペイン風の外観@SB:All Spanish Looks in SB
Apple store:
110723a.jpg
Street corner:
110723c.jpg
Public toilet (Spanish style!):
110723b.jpg
スポンサーサイト
  1. 2011/07/23(土) 23:19:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロスの色鮮やかな植木:Colorful Plants in LA

ロスの色鮮やかな植木:Colorful Plants in LA

110620a.jpg
  1. 2011/06/20(月) 23:02:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

満開の桜@つくば1:Blooming Cherry Blossoms@Tsukuba 1

満開の桜@つくば1:Blooming Cherry Blossoms@Tsukuba 1

110412a.jpg
ケシの花:Magnolia
110412b.jpg
  1. 2011/04/12(火) 23:46:27|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ライトハウスでのジャズライブ:Jazz Live@Lighthouse Cafe

ライトハウスでのジャズライブ:Jazz Live@Lighthouse Cafe

110216a.jpg
  1. 2011/02/16(水) 23:30:28|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10/17 神嘗祭:10/17 Kan-Name Sai (Autumn Festival Day)

10/17 神嘗祭:10/17 Kan-Name Sai (Autumn Festival Day)

今では「貯蓄の日」:Nowadays It's "Savings Day"

本日(10/17)は、戦前には「神嘗祭(かんなめさい)」の日とされ、新米を伊勢神宮に捧げる日、つまり、一種の収穫祭であり、国の祭日であった。
戦後、この日は「貯蓄の日」となり、コメではなくカネを消費せず貯めて、「経済」に捧げる日となった。
参考:Reference:
Weblio: 「神嘗祭」
http://www.weblio.jp/content/%E7%A5%9E%E5%98%97%E7%A5%AD

Today (10/17) was the day for "Kan-name sai," meaning Autumn Festival Day, when first rice crops are presented to Ise Shrine before WWII. And it was a national holidy.
After the war, it was turned to "Savings Day," when money, rather than rice, should be saved, not consumed, presumably presented to the "economy."
  1. 2009/10/17(土) 21:59:14|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

加州大(UC)が名誉学士号授与:UC Grants Honorary Degrees

加州大(UC)が名誉学士号授与:UC Grants Honorary Degrees

戦時中に学生だった日系人に:To All Former Nikkei Students

本日付のLA Timesの記事(下のリンク参照)にあるように、カリフォルニア大学は、太平洋戦争中に同大学の学生だったが収容所に入るために学業を中断せざるを得なかったすべての日系人に名誉学士号を授与することを決定したという。
これは素晴らしいことで、政治的や人種的な問題を考慮することにはいつも慎重なカリフォルニア大学としてはまさに、例外中の例外ともいえる決断に他ならない。
参考:Reference:
LA Times (7/17):
"UC to award honorary degrees to interned Japanese American students"
http://www.latimes.com/news/local/la-me-uc-japanese17-2009jul17,0,3410225.story

It is reported in today's LA Times (see the link above) that the University of California has decided to grant honorary degrees to all Japanese Americans who were students at the University, but forced to quit for internment during the war.
No doubt this is a great decision and certainly an exceptional one on the part of the University of California, which always tries to be careful about their political or racial consideration.
  1. 2009/07/17(金) 23:59:33|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピアニスト辻井の「デビュー」アルバム:Pianist Tsujii's "Debut" Album

ピアニスト辻井の「デビュー」アルバム:Pianist Tsujii's "Debut" Album

小澤征爾の記録に並ぶ:Tied Seiji Ozawa's Record

以下のリンクされている「毎日.jp」の記事によると、視覚障害を持つピアニスト辻井伸行のデビューアルバム「デビュー」がベストセラーになり、オリコンの週間CDアルバムランキングで2位になったという。
これはオリコンの歴史上、ピアニストのアルバムとしては最高のベストセラーであり、クラシックのアルバムとしては小澤征爾の「2002年ニューイヤーコンサート」の2位の記録に並ぶものである。
この人気がマスコミの集中的な報道の結果により起こった一時的な現象に終わらないことを祈りたい。
参考:References:
毎日.jp (6/23):
「辻井伸行さん:オリコン2位 ピアニスト歴代最高」
http://mainichi.jp/select/today/news/20090623k0000m040114000c.html
Mainichi.jp (6/23):
"Pianist Nobuyuki Tsujii's 'debut' becomes best selling piano album in Oricon chart history"
http://mdn.mainichi.jp/mdnnews/national/archive/news/2009/06/23/20090623p2a00m0na013000c.html

According to the Mainichi.jp article linked above, Nobuyuki Tsujii, a visually challenged pianist, released his debut album titled "debut," which became a best-selling CD, taking second place in Oricon's CD weekly sales ranking.
This is literally "the best-selling" CD by a pianist in the Orion history, and tied Seiji Ozawa's CD "New Year Concert 2002."
Hopefully, this is not going to be a temporary phenomenon, fueled by the mass media's intenstive coverage.
  1. 2009/06/23(火) 23:27:29|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マスクがハイブリッド車を追い越す:Masks Surpassed Hybird Cars

マスクがハイブリッド車を追い越す:Masks Surpassed Hybird Cars

日本で最も話題になった商品:Most Talked-About Goods in Japan

下にリンクされた「Mainichi.jp」の記事にあるように、最近発表された電通のランキングによれば、今年最初の5カ月間で、もっとも話題に上り、ひっぱりだこになった商品として、マスクがトップとなり、ハイブリッド車以上だったとのことである。
もちろん、これは日本での新型インフルエンザ・パニックの結果であるが、マスコミのニュースにこれほど極端に影響される日本の消費者の特殊性を如実に示しているものといえよう。
参考:Reference:
Mainichi.jp (6/10):
"Masks top list of most popular items this year"
http://mdn.mainichi.jp/mdnnews/news/20090610p2a00m0na014000c.html

Masks surpassed hybrid cars and other hit items as most popular and most talked-about goods for the first five months this year, according to the well-known Dentsu ranking just announced, as reported in the Mainichi.jp article linked above.
Needless to say, this is due to the swine flu panic in Japan, showing the peculiar nature of the Japanese consumer who is so drastically influenced by the mass media's new reporting.
  1. 2009/06/11(木) 10:28:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不十分で手遅れの給付金:Too Little Too Late Handout Program

不十分で手遅れの給付金:Too Little Too Late Handout Program

ついに国会で承認:Finally Passing the Diet

数々の困難に直面した後、ついに2兆円の定額給付金の政策が国会を通過し、いよいよ動き出すことになった。
しかしこれは明らかに不十分で手遅れの政策である。なぜならこの間、お隣りの台湾ではすでに同じような給付金が支給されており、また中国では7兆円にものぼる減税が間もなく行われるからである。
参考:Reference:
Mainichi.jp (2/5):
"2 trillion yen cash handout plan gets rubber stamped"
http://mdn.mainichi.jp/mdnnews/news/20090305p2a00m0na012000c.html

Finally, the 2 trilion yen cash handout program has passed the Diet and is moving forward after a series of trouble along the way.
This is literally too little too late, as a similar program has already been implemented in Taiwan, and a much bigger tax cut program, up to 7 trillion yen, will be adopted in China soon.
  1. 2009/03/05(木) 23:59:44|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本田敬吉氏の定期会合(11/19):Mr. Honda's Regular Meeting

本田敬吉氏の定期会合(11/19):Mr. Honda's Regular Meeting

金融危機問題を議論:Discussing Current Financial Crisis

Mr. Keikichi Honda 81119Honda7.jpg

本日夕方に本田敬吉氏が主催する定例会が忘年会を兼ねて行われた。いつもの顔ぶれに何人かの新しいメンバーも加わり20人ほどのメンバーが集まって、特に現下の金融危機に関する問題および個々人の健康問題に話題が集中した。
まず本田氏は、米住宅市場が底打ちする時期を2009年末か(もし下方に行き過ぎるならば)それ以降になると予想。その上で何が現下の金融危機をもたらしたか、また日本よりも米国のほうが悪影響を受ける理由を説明し、過剰流動性と投資銀行による野放しの外部借入(レバリッジ)などが元凶であることを強調した。
さらに五十嵐雅郎氏が本田氏の議論をフローするとともに、日本版の「サブプライム問題」が今後の日本の景気を左右するほど深刻になる可能性を指摘した。
また宮尾は現下の金融危機の入門的な説明を提供し、沈み行く世界経済を「タイタニック」に例えて説明を行った。また最後に、オバマ次期米大統領に関する日本人の受け取り方の問題も取り上げた。
参考:
オバマ・キャンペーン・ソング「Yes We Can」:
http://jp.youtube.com/watch?v=Lty0y_RGnxM
4月会合(4/16)April Meeting:
「日米経済の見通し:Prospects for US & Japan' Economy」
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20080416.html

This evening there was a regular bi-monthly meeting, organized by Mr. Keikichi Honda, and joined by regular members with a couple of new participants. The discussions centered on the current financial crisis as well as personal health problems.
First, Mr. Honda gave his own prediction as to when the US housing market is likely to bottom out, that is probably toward the end of 2009 or a little later (if the market overshoots downward). He also explained what caused the current crisis and why the US economy might well be more severely affected by the current crisis than Japan, where his emphasis was placed on excessive liquidity and unregulated leverage of investment banks, among other things, as main culprits for the financial crisis.
Mr. Masao Igarashi followed up Mr. Honda's argument by referring to the Japanese version of "subprime loans," which would likely affect Japan's future prospects.
Takahiro Miyao offered an introductory explanation of the current financial crisis by mentioning the Titanic incident, which may be somewhat analogous to the declining global economy. Finally, he took up the Japanese perceptions of US President-elect Obama.
  1. 2008/11/19(水) 23:59:35|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京国際映画祭@六本木:Tokyo Int'l Film Festival@Roppongi

東京国際映画祭@六本木:Tokyo Int'l Film Festival@Roppongi

環境保護(緑)を強調:Environmental Friendly (Green) Festival
街角を飾る緑の旗 81023M9.jpg
駅の地下道 81023N10.jpg
Tokyo Int'l Film Festival Website:
http://www.roppongihills.com/jp/events/tiff2008.html
  1. 2008/10/23(木) 23:54:14|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月会合「Japan in Context」:JIC, Sept. Meeting

9月会合「Japan in Context」:JIC, Sept. Meeting

茂木里江子/レネ・ダイグナンのコンピによる音楽パフォーマンス
Music Performance by Rieko Motegi-Rene Duignan team
80930a10.jpg

皆で一緒に歌って楽しんだ後で、拍手を送る参加者
Participants 80930b8.jpg

「Japan in Context」9月会合(9月30日)
今日は金融市場にとっては悪い(おそらく最悪の)日だったかもしれないが、JICの会合で色々と議論するには良い日であった。実際に、証券や商品の市場の専門家(大学およびビジネス関係者の両方)と話す機会を得たが、皆あきらめに近い気分のようで、今後の市場の行方についてはとにかく見守る以外にないという態度であった。私としては、彼らが今日厳しい一日を過ごした後でも、このJICの会に参加したという意志力は立派であると感じた次第。
さらに今日は、研究や教育に関する出版、編集、印刷関係の専門家たちとも話す機会を得たが、彼らの話しを聞いて、その分野では、やはり日本の状況が世界の標準からみて、グローバル化の面でも情報化の面でも多少遅れ気味であり、われわれが色々とやるべきことが多い分野であるように思われた。
いつもながら、このJICは、エキサイティングで知的な刺激を受ける会合で、参加者全員のケミストリーがうまく働くためか、パワーがもらえて若返ったように感じるから不思議である。
参考:References:
「Japan in Context」7月会合:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20080729.html
「Japan in Context」2月会合:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20080227.html
「Japan in Context」1月会合:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20080130.html
「Japan in Context」10月会合:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20071031.html
「Japan in Context」9月会合:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20070926.html
「Japan in Context」7月会合:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20070731.html

"Japan in Context" September Meeting (9/30)
Today was a bad (possibly the worst) day for financial markets, but a good day for our discussion at JIC. In fact, I met several specialists, both in academics and business, in global markets on securities and commodities, who were kind of resigned and taking a wait-and-see attitude regarding the future of the markets, at least for the time being. I would rather commend them on their willingness to join our JIC meeting after a long day like this.
I also talked to another group of specialists in publishing, editing and printing various materials, especially research and educational contents. In this kind of business, the situation in Japan seems to be a little lagging behind the international standard in terms of globalization and ICT applications.
As aways, the JIC meeting was so exciting and stimulating that I could feel younger and more energized due to a kind of "good chemistry" among all the participants.
References:
"Japan in Context" July Meeting:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20080729.html
"Japan in Context" February Meeting:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20080227.html
"Japan in Context" January Meeting:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20080130.html
"Japan in Context" October Meeting:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20071031.html
"Japan in Context" September Meeting:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20070926.html
"Japan in Context" July Meeting:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20070731.html
  1. 2008/09/30(火) 23:57:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

進化するITカラオケシステム:Karaoke Getting Smarter

進化するITカラオケシステム:Karaoke Getting Smarter

客の好みのデータを記憶:Storing Various Customer Data

カラオケの進化はとどまるところを知らない。
下にリンクした「Asahi.com」の記事によると、この度発売された新しいカラオケシステムは、客の歌の選択を記憶するだけでなく、飲み物のオーダーなど客の他の選択も記憶できるという。
最近このようなシステムが必要なのは、バーやナイトクラブでパートの従業員が客をよく知らずに接客することが増えているためで、これがあれば客を知らなくてもある程度満足のゆくサービスが可能になるのかもしれない。
しかし問題は、最近日本ではカラオケで歌うことに興味を示す人があまりいなくなっていることで、したがって、日本よりも海外でこのシステムをマーケットしたほうがよいのではないだろうか。
参考:Reference:
Asahi.com (9/24):
"New song system for karaoke lovers"
http://www.asahi.com/english/Herald-asahi/TKY200809240061.html

The karaoke system never stops evolving in the IT age.
This time, a new version can store various data about customers' orders, not just their song selections, but also drink choices and other orders, according to the Asahi.com article linked above.
These days this kind of system is needed at bars and night clubs, where even part-time employees can serve their customers satisfactorily even though they don't know much about the customers.
The problem may be the fact that not many people are interested in karaoke in Japan anymore. So, this kind of system should mainly be marketed outside Japan.
  1. 2008/09/24(水) 23:59:45|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アイリッシュ・ディナー9月会合:Irish Dinner September Meeting

アイリッシュ・ディナー9月会合:Irish Dinner September Meeting

コーディネーターのダイグナン氏パイナップルで乾杯!
Coordinator, Rene Duignan's Toast with Pineapple!
80904X10.jpg

アイリッシュ・ディナー9月会合
9月4日にレネ・ダイグナン氏がIJCC(在日アイルランド商工会議所)のためにディナー会合を開催した。
このイベントの目的は、アイルランド(特に日本との経済関係)について興味を持つ日本、アイルランド、その他の国からの代表的な人々が定期的に集まる場所を提供することであるという。
またダイグナン氏は、IJCCを代表して、アイルランドに関するセミナーシリーズを間もなく開催することをアナウンスした。場所はテンプル大学で、共催は国際大学情報発信機構。
この会合は、出身国にかかわらず参加者が刺激を受けるエキサイティングなイベントであった。
参考:Reference:
在日アイルランド商工会議所:http://www.ijcc.jp/

Irish Dinner September Meeting
Mr. Rene Duignan organized and hosted a dinner meeting on behalf of IJCC (Ireland Japan Chamber of Commerce) on September 4.
The purpose of this event is to offer a regular meeting place for representative people from Ireland, Japan and the rest of the world, who are interested in Irish affairs, especially business relations between Ireland and Japan.
Mr. Duignan also announced that he, representing IJCC, will soon offer a series of seminars on Ireland to be held at Temple University Japan in cooperation with the Japanese Institute of Global Communications-IUJ.
This has turned out to be a very exciting and stimulating meeting for every participant, wherever he or she comes from.
Reference:
Ireland Japan Chamber of Commerce: http://www.ijcc.jp/

Participants 80904Y8.jpg
  1. 2008/09/04(木) 23:59:24|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7月会合 "Japan in Context":JIC, July Meeting

7月会合 "Japan in Context":JIC, July Meeting

コーディネーターのダイグナン氏のミュージック・パフォーマンス!
Coordinator, Rene Duignan's Live Music Performance!
80729a.jpg

「Japan in Context」7月会合(7月29日)
今回、5か月ぶりにJICの会合に参加してみて、以前よりもさらに参加者のバラエティが増え、さらにエンジョイできる会になっていると感じられた(ダイグナン氏の歌のパフォーマンスが加わったこともその理由の一つ)。
私が特にエンジョイしたのは、参加者の人たちと、日本と中国、インド、米国および中南米諸国との関係について、また最近の日本の教育や若者の問題について議論できたことで、さらに「In the Jaws of the Dragon」
http://us.macmillan.com/inthejawsofthedragon
の著者とも会えたこと、また最近ディベートのコンペでお互いと戦った2人のディベーターにも会えたことも記しておきたい。
このJICの会合が、自分自身を高めるとともに仲間と楽しむために、自分たちの専門や経験をお互いにシェアし合うよい場所(フォーラム)になったというのが、今回参加してみて強く感じたことである。
参考:References:
「Japan in Context」2月会合:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20080227.html
「Japan in Context」1月会合:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20080130.html
「Japan in Context」10月会合:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20071031.html
「Japan in Context」9月会合:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20070926.html
「Japan in Context」7月会合:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20070731.html

"Japan in Context" July Meeting (7/29)
I joined the JIC meeting for the first time in five months, and found it more diverse in participants and livelier in the atmostphere than before (partly thanks to Mr. Duignan's enjoyable performance).
Especially I enjoyed discussing with some of the participants about Japan's relations with China, India, the U.S. as well as Latin America, and recent problems with education and young people in Japan. Also I met the author of the book, "In the Jaws of the Dragon"
http://us.macmillan.com/inthejawsofthedragon
and two "debaters," who met each other in a recent debate competition.
It should be noted that this JIC meeting has grown to be a great forum for those who are willing to share their expertise and experience with each other for their own development and enjoyment as well.
References:
"Japan in Context" February Meeting:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20080227.html
"Japan in Context" January Meeting:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20080130.html
"Japan in Context" October Meeting:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20071031.html
"Japan in Context" September Meeting:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20070926.html
"Japan in Context" July Meeting:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20070731.html

Participants 80729b.jpg
  1. 2008/07/29(火) 23:59:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロスのビッグバンドジャズ祭:Big Band Jazz Festival@LA

ロスのビッグバンドジャズ祭:Big Band Jazz Festival@LA

有名ジャズ歌手の討論:Panel by Well-known Jazz Singers

Moderator Bill Reed and Four Panelists (from left to right)
Pinky Winters, Helen Merrill, Annie Ross & Tierney Sutton
80524z15.jpg

(左から)司会のビル・リードおよびパネリストのピンキー・ウィリアムス、
ヘレン・メリル、アニー・ロス、ティアニー・サットン

毎年恒例の「ビッグバンドジャズ祭」が今年もロス空港のシェラトンホテルで開催され、特に5月24日には4人の有名なジャズ歌手によるパネル討論会があった。
そこでは、「ジャズでどうスウィングするか」から、「どう若者によいジャズを聴いてもらうか」まで、さまざまな問題が議論された。また司会のビル・リード氏および4人の女性歌手が日本のジャズファンの間で人気が高いこともあり、議論の中で日本が何回か言及された。
多くの点がされたが、中でもティアニー・サットンが、よいジャズを聞かせれば子供たちはジャズがとても好きになると述べたことが印象的であった。
問題はどうやって若い人たちにジャズを聴いてもらうかということで、それについては参加者の間から、ユーチューブやインターネットラジオなどでジャズが簡単に聴けるようになっているので(下のリンク参照)、それを利用して若者にも聴いてもらうことができるし、そうすべきという意見が出された。
以上のようなよい議論に加えて、パネリストたちのユーモアのセンスが、このパネル討論を非常に楽しいものにしたといえよう。
参考:References
Helen Merrill on YouTube:
http://www.youtube.com/watch?v=0kb-yP4MsVk&feature=related
Annie Ross: http://home.earthlink.net/~tardo/annie.html
Pinky Winers: http://pinkywinters.com/welcome.htm
Tierney Sutton: http://www.tierneysutton.com/

There was an interesting panel discussion on standard jazz music by four well-known singers (see the photo above), as part of this year's big band jazz festival held at LAX Four Points Sheraton on May 24.
They took up a wide variey of topics, ranging from how to swing to how to expose young people to good jazz music. Interestingly, Japan was mentioned a few times in the course of the discussion, as all of them, including moderator Bill Reed, are very popular among Japanese jazz fans.
A number of good points were made, such as Tierney Sutton's argument that if we provide school kids with a chance to listen to good jazz music, they love it. Then the question remains as to how to make them listen to it in the first place.
It was suggested by quite a few participants in the Q&A session that we can and should make use of good jazz content available on the net, such as YouTube and internet radio jazz programs (see the references above), which are free and easily listened to by anyone including young people.
The session was really enjoyable, not only for these good points, but also for the good sense of humor possessed by all the panelists.
Reference:
LA Jazz Institute: http://www.lajazzinstitute.org/
  1. 2008/05/25(日) 23:45:50|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日銀総裁に白川氏内定:Mr. Shirakawa to be BOJ Chief

日銀総裁に白川氏事実上内定:Mr. Shirakawa to be BOJ Chief

金融引き締めの予兆?:Sign of Restrictive Monetary Policy?

本日の「International Herald Tribune」の記事(下のリンク参照)によると、白川方明日銀副総裁が政治の提案する3人目の総裁候補として両院で所信聴取を受けて、いよいよ総裁に決まるようである。これで政治的理由による総裁空白の問題は解決に向かう。しかしながら大蔵省出身の渡辺博史氏の副総裁就任については、民主党が反対する可能性が高い。
誰がなるにせよ、日銀総裁が決まることは、空白のままでいるよりはましに決まっている。特に世界経済が金融の混乱で動揺している現在、日本が果たすべき役割は大きく、そのために日銀総裁のイニシアティブが重要となる。その意味で、総裁が決まることは望ましい動きといえるであろう。
しかし、忘れてならないのは、日銀の歴史を見ると、日銀出身の総裁は景気刺激策よりはインフレ抑制策を重視する傾向があるのに対して、大蔵出身の総裁は金融引き締めよりも景気刺激策を取る場合が多かったということである。そのために、バランスという意味で、総裁は日銀出身者と大蔵出身者が交代に就任jしていたとも解釈できる。その意味で日銀生え抜きの白川総裁の就任は、今後金融引き締め策が採用される予兆とも取れる。日本経済が米国経済の影響で減速している中で、金融引き締め策が採用されるとすれば、それは決して望ましい動きとはいえないであろう。
Article:
"Nominee for Japan Central Bank Chief to Stand Confirmation Hearing at Parliament"
International Herald Tribune (4/8/2008)
http://www.iht.com/articles/ap/2008/04/08/business/AS-FIN-Japan-Central-Bank.php

It is reported in the IHT news article linked above that Masaaki Shirakawa, who is a former BOJ (Bank of Japan) executive director and the government's third nominee for the head of Japan's central bank, was to stand his confirmation hearings in both houses of parliament, a move to end the political vacuum for the bank's top position. However, the problem will remain regarding the appointment of a deputy governor, since the government's nominee for that position used be a finance ministry official, a fact that the opposition parties are likely to denounce.
Whoever he might be, it is much better to fill the BOJ's top position than leaving it vacant at the time of financial turmoil in the global economy, where Japan should play a more active role in stabilizing the situation through international cooperation and policy coordination. Here, the initiative of the Bank of Japan's head seems crucially important. In this sense, the appointment of Mr. Shirakawa as the BOJ governor would be a welcome development.
However, one should keep in mind that in the history of the Bank of Japan, those governors who are originally from the BOJ tended to be conservative in monetary policy with more emphasis on curbing inflation than stimulating the economy, whereas those who came from the Finance Ministry have more often adopted stimulus measures rather than restrictive monetary policies. That may have been one of the reasons why the BOJ governorship has alternated between the BOJ and the Finance Ministry officials, namely for balancing purposes. In this context, appointment of Mr. Shirakawa originally from the BOJ as the bank's governor should be regarded as a possible sign of restrictive monetary policy in the near future, and that might not be a welcome development when the Japanese economy seems to be slowing down along with the U.S. economy.
  1. 2008/04/08(火) 22:52:11|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月会合 "Japan in Context":JIC, February Meeting

2月会合 "Japan in Context":JIC, February Meeting

コーディネーターのダイグナン氏のスピーチ・パフォーマンス
Coordinator, Rene Duignan's Speech Performance
80226c.jpg

「Japan in Context」2月会合(2月26日)
JICは、必ずしも規模が大きくなっているわけではないが(レストランのスペースの制約があるため)、参加者の種類がますます増えているという意味で大きくなっているようにみえる。実際に本日の会合では、いつも通りの金融関連や大学関連や大使館関連の人たちに加えて、都市設計、住宅、医療といった分野の専門家にも会うことができた。
色々な種類の人たちが交流することから生まれるシナジーが強く感じられるJICの会合は、実に刺激的であるとともに、参加者にとってエンジョイできる集まりでもあるといえる。
参考:References:
「Japan in Context」1月会合:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20080130.html
「Japan in Context」10月会合:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20071031.html
「Japan in Context」9月会合:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20070926.html
「Japan in Context」7月会合:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20070731.html

"Japan in Context" February Meeting (2/26)
JIC seems to be expanding, not necessarily in size (due to the space limitation of the restaurant), but in variety, as I met not only people from the financial, academic and diplomatic circles, but also specialists in urban design, housing and health industries this evening.
A kind of synergy, resulting from interactions among different kinds of people, can be vividly felt at the JIC meeting, which is really stimulating as well as enjoyable for every participant.
References:
"Japan in Context" January Meeting:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20080130.html
"Japan in Context" October Meeting:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20071031.html
"Japan in Context" September Meeting:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20070926.html
"Japan in Context" July Meeting:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20070731.html
  1. 2008/02/27(水) 00:01:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1月会合 "Japan in Context":JIC, January Meeting

1月会合 "Japan in Context":JIC, January Meeting

和歌を朗読するマクミラン教授:Prof. McMillan Reading "Waka"

80129D.jpg

Peter McMillan "One Hundred Poets, One Poem Each" (2008)
http://www.columbia.edu/cu/cup/catalog/data/978023114/9780231143981.HTM

「Japan in Context」1月会合(1月29日)
JICの1月会合のハイライトは、何といってもピーター・マクミラン教授による和歌の英訳の朗読であった。マクミラン教授は和歌を見事な英語の詩に翻訳した著書を出版したばかりで、その情報は上のリンクを参照のこと。
マクミラン教授によれば、和歌は日本人の自然な心と気持ちをもっとも素直に表したもので、その点では有名な俳句(もともと俳句は和歌の一部から出たとのこと)よりも日本人の表現として自然なものであるという。
JICの会合では、色々な分野の特技や知識を持った人たちと会えるが、和歌を詩的に英訳する教授との出会いは、最近になく興奮した出来事であった。
参考:
「Japan in Context」10月会合:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20071031.html
「Japan in Context」9月会合:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20070926.html
「Japan in Context」7月会合:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20070731.html

"Japan in Context" January Meeting (1/29)
A highlight of the JIC January Meeting was fascinating poetry reading by Professor Peter McMillan, who has just published a book, in which he translates "waka" (traditional Japanese poems) into English in a very artistic way.
Peter McMillan says that "waka" poems are the most natural way of expressing Japanese minds and feelings, even more so than popular "haiku," which was orginally part of "waka."
It is really nice to get to know all kinds of people with diverse expertise and knowledge at JIC, and meeting the "waka" professor is one of the most exciting experiences that I have recently had.
References:
"Japan in Context" October Meeting:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20071031.html
"Japan in Context" September Meeting:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20070926.html
"Japan in Context" July Meeting:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20070731.html

Coordinator Rene Duignan introducing newcomers to JIC
80129C.jpg
  1. 2008/01/30(水) 01:21:38|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本のゲーム売上史上最高:Recored High Game Sales in Japan

日本のゲーム売上史上最高:Record High Game Sales in Japan

高齢者や女性を巻き込む:Involving Elderly and Women

本日の「Mainichi Daily」の記事(下のリンク参照)にあるように、昨年日本のゲーム機器とゲームソフトの合計売上額は史上最高を記録し、最近の売上減少傾向を逆転させたとのことである。
この逆転は主に任天堂のWiiとDSゲームのブームによってもたらされたといってよく、これまでのゲーム世代だけでなく、高齢者や女性など新しい層をゲームに引き込んだことによっている。
とりわけ、脳や刺激したり身体の運動になるようなソフトが新しい層に受けたのが大きい。これは今後とも魅力的なソフトのコンテンツ開発と使いやすいハードを組み合わせることが重要となり、その面での競争が激化することを意味するであろう。
参考:Reference
Mainichi Daily (1/9):
“Japanese Video Game Sales Hit Record Hight in 2007”
http://mdn.mainichi.jp/business/news/20080109p2g00m0bu003000c.html

It is reported in today’s Mainichi Daily (see the link above) that the total sales of game machines and game software combined hit a record high in Japan last year, reversing the trend of gradual decline in Japan’s game industry in recent years.
This reversal is largely due to the boom of Nintendo’s Wii and DS games, which are appealing to not only typical game lovers but also newcomers, especially the elderly and women.
In particular, new soft contents such as brain and physical exercises have turned out to be a great success in attracting those newcomers. This means that there will be more and more competition in developing attractive contents combined with user-friendly hardware in the future.
  1. 2008/01/09(水) 23:59:51|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

グローネコ

Author:グローネコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。